お薦めの軍事本・書籍を紹介しています。

おすすめの軍事本・書籍

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房

こんにちは、エンリケです。

きょうで2020東京オリンピックは終わりです。
寂しくなりますが、頑張ってくれた選手や関係者に

おすすめの軍事本・書籍

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房

こんばんは、エンリケです。

著者の渡邉さんは、
自衛隊と国民をつなぐ架け橋でありたい
という意識をお持ちのライターさ

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです

きょうはやり投げ女子の決勝がありますね。

北口選手のファンなので、頑張ってほしいです!

さて、
『オリンピックと自衛隊 1964-2020』と
いう本。 ...

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです。

先日の夕刊フジで、
「自衛隊とオリンピック」をテーマとする
連載を書かれた桜林さんは、

<今回、支援のハードさは変わらないが、残念なが
ら「隊員クラブ」で楽し ...

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです。

先週、夕刊フジで連載された桜林さんの連載記事はご
覧になりましたか?

テーマは東京オリンピックと自衛隊でしたが、
面白かったですね。

さて例えばこの記事、 ...

おすすめの軍事本・書籍

「目の前にある仕事」以外のことには口をつぐむ。

これは海軍の体質で、すべての現代海軍が抱え
る問題を示しているとされます。

その体質をブレイクスルーするため、
米海軍では、戦略的な優位を成し遂げ ...

おすすめの軍事本・書籍

一人歩きの夜が怖い軍事ファンのあなたへ
自衛隊警務隊で稽古されている最高水準の逮捕術を
この本で身につけ、自分に自信を取り戻しませんか?

 

こんにちは。エンリケです。

こ ...

おすすめの軍事本・書籍

「セオリー・オブ・ビクトリー」策定にかかわりたいあなたへ、
INF条約をめぐる状況把握が正確に頭に入る、日本語で書かれた格好のツールを手にしませんか?

 

こんにちは、エンリケです。 ...

インテリジェンス, おすすめの軍事本・書籍, 上田篤盛

(令和二年(2020年)4月16日配信)

おはようございます、エンリケです。

上田篤盛さんによる「本の紹介」をお届けします。

対象の本はこちらです(本日発売)

『シリア原子炉を破壊せよ─ ...

おすすめの軍事本・書籍

『海軍式 戦う司令部の作り方─リーダー・チーム・意思決定』
堂下哲郎(著)
並木書房
2020/4/20発行
四六判240ページ
定価1500円+税

こんにちは、エンリケで ...

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです。

今年はじめのソレイマニ暗殺が、
米とイランの対立の原因と感じている人

さすがにそれはなくても、
昨年のサウジ石油タンク空爆あたりまでしか
把握できていない人は ...

イベント情報, おすすめの軍事本・書籍

大尉時代のクラウゼヴィッツ。シャルンホルスト、フリードリッヒ・ヴィルヘルム三世、ルイーゼ王妃も見えます

快進撃するナポレオン軍の戦いロシア軍人としてナポレオンと戦った時代のクラウゼヴィッツ

著者は、 赤塚賞準入選の経歴を持つ 元一 ...

おすすめの軍事本・書籍

日本国民が強く持っていた「反自衛隊」感情のなか、
50年以上にわたり、砂を噛むような思いでひとつひとつの災害
派遣活動に「誠実に」取り組んできたわが自衛隊は、ほぼ砂漠状態
だった国民の対自衛隊感情を「自衛隊への ...

おすすめの軍事本・書籍

F-35Åの導入に伴い退役することが決まっているF-4。

この本は、退役するF-4に関わり、F-4を愛する人の声で
満ち満ちた「F-4愛」でいっぱいの一冊です。

特徴の一つは、登場人物の幅広さと数多さと ...

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは。エンリケです。

東日本大震災の被害を受け、修理を行っていたF-2Bの第一陣が昨
年3月、松島基地に帰還しました。このニュースをご覧になった人
は多いでしょう。

しかし多くは「よかった ...

インテリジェンス, おすすめの軍事本・書籍

1946年(昭和21年)5月3日、東京。

元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと
連合国軍最高司令官マッカーサーは

「太平洋戦争とはいったい何だったのか」
を3日間にも渡って話し合った。

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです。

サブマシンガンと聞けば、
パッと浮かぶのがウジとMP5です。

この本で取り上げられているのは、MP5です。

MP5は、ドイツのH&K社(ヘッケラー&コッホ)が19 ...

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです。

「はじめからできないと思ったら何もできない。進取の気性を持て」
(増田逸郎・三菱重工元技師長)

「技術者の情熱が名機を作る」
(松宮簾・元空将・防衛庁技術研究本部技術 ...

おすすめの軍事本・書籍, 未分類

「命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るもの
也。此の仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成
し得られぬなり」

西郷南洲が山岡鉄舟を評したとされるこのことばが、
本著を読ん ...