隔週木曜日にお届けしている「スペイン・ラテンアメリカ講座」のバックナンバーです

スペイン・ラテンアメリカ講座

「比較」ということは、常に二つ以上のものが話者にとって対象とされているということです。

CIA, 巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

スペイン(イベリア半島)、ラテンアメリカに関する”兵法的”な面白い実生活に役立つお話しを開始する予定

CIA, スペイン・ラテンアメリカ講座

今回は、引き続き”語形成”についてのお話しです。語形成の知識を仕入れると、
知らない単語に出くわしても「類推」が可能となり、それは、的から外れぬ範囲で解釈
が可能となって来ることを意味するのです ...

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

地政学・・・は、”兵法”をヌキにしては単なる空理空論になります。

スペイン・ラテンアメリカ講座

このように”新たなものごと”、”新たな概念”に新しい名前を付けることとは、新しい言葉の創造をすること=初めて「言語化」ということを行う訳です。

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

あなたは、このような話しを聞いて・・・戦後日本のスキというものが見えて来ませんか?

スペイン・ラテンアメリカ講座

“命令形”といった場合には、命令する際に使う動詞の取っている語形(直説法現在とかとは異なった活用語尾の付いている形態)を意味します。

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

“戦後日本”という時代的流れ、そして、図書館を仕切る人々の思想的偏向もあり、図書館では、偏った左翼系出版物を多数目にすることはあっても・・・バランスのとれた内容のものは殆どない・・・のではないでしょうか?

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

1945年8月15日、大日本帝国を敗戦に導いた「同じ構造(無能リーダーによる政治指導)」が戦後も日本を支配しているということに気がついて、それを改めなければならない時機に来ています。苦戦を重ねざるを得なかった戦線で起こったことと同じよ ...

スペイン・ラテンアメリカ講座

スペイン語の場合・・・関係代名詞の重要な点とは、名詞や代名詞とおなじく性・数、それに「格」を意識することが非常に重要な役割を果していることです

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

戦後の日本人が考えることから遠ざかっていたことを現時点で意識することが求められています。それには、日本人一人一人のレベルで戦略、情報、兵法・・・その意識化が必要なのです。

CIA, スペイン・ラテンアメリカ講座

文法でいう「条件文」とは・・・一つの文で言っていることが他の文で言われることの成立/不成立に関わる内容となっている・・・即ち、常に原因と結果のセットで表現されるパターンになっています。接続詞の”Si”(if も ...

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

苦難は共にする・・・逃げない・・・これが日本人であります。