【第20回】 楠木正成の初陣~攻守逆転の謀

終戦70周年記念出版 『大東亜戦争と本土決戦の真実―日本陸軍はなぜ水際撃滅(すいさいげきめつ)に帰結したのか―』(260ページ 定価1600円+税 並木書房)


【第20回】 楠木正成の初陣~攻守逆転の謀

ごあいさつ

 

 皆様、こんにちわ。日本兵法研究会会長の家村です。

 

 楠木正成が数々の合戦で活躍したのは、38歳から43歳までのわずか5年間でした。それ以前には、元享2(1322)年8月、紀伊国安田荘の湯浅庄司(『太平記秘伝理尽鈔』では「安田庄司」とされている)を討伐したことだけが記録に残っています。そして、今日では、これが楠木正成の初陣であったとされています。

 

 『高野春秋編年輯録(しゅうろく)』という書物によれば、当時29歳であった楠木正成は鎌倉幕府の御家人であり、この安田庄司の討伐も執権・北条高時の下知(命令)によるものでした。この戦いの結果、楠木正成は幕府から安田の領地を与えられ、朝廷より兵衛尉(ひょうえのじょう)という官位を授かりました。

 

 今回は、この楠木正成の初陣について紹介いたします。

 

 それでは、本題に入りましょう。

 

 

【第20回】 楠木正成の初陣~攻守逆転の謀

 

 (「太平記秘伝理尽鈔巻第八 摩耶合戦の事付酒部・瀬河合戦の事」より)

 

 

小勢が大敵を倒すには

 

 少弱の味方を以て強敵に向かうには、「寄せ手、寄せらるる」という戦法がある。それはどのようのものかと云うと、大河か沼か、または深山の難所を前に当て、側面に当てて、攻め寄せるのに不利で、味方が防ぐのに有利な地形に陣を取り、敵をそこに引き寄せて戦いを決するのである。謀はいくらでもあるだろう。

 

 もしも敵が攻め寄せなければ、あるいは敵の配備をうかがって、足軽を前に出して向かっていくか、あるいは陣を取りながら攻め寄せるものである。このようにして、攻めてきた軍勢が、逆に攻め寄せられるようにするので、「寄せ手、寄せらるる」というのである。

 

 

正成、幕府の下知により安田征伐

 

 楠木正成が、その昔、鎌倉幕府の下知により紀伊の安田庄司を退治した。その際、河内・大和・和泉・紀伊の勢が少々馳せ集まって、2千余人であった。それに対して安田の軍勢は、玉木・湯川、いずれも縁者であったのが一所に集まって7千余人であると伝えられた。

 

 そこで正成は、2千余騎を率いて、安田の陣から四里(この場合の一里は五町、約2.2Km)ほど手前まで前進した。そこには深山があり、敵方に一つの川があった。麓(ふもと)から川端まで六町(約654m)、あるいは四町(約436m)である。この川は大して大きな河ではなかったが、大石が多くて水が逆巻いていた。

 

 楠木が住民を近くに呼んで、「ここの地名は何と云うか」と問うと、その住民は「ここは勝尾(かつのお)です」と申した。

 

 楠木は、「名といい、地形といい、いずれも良い陣所である」と言って、手勢600余騎を二つに分けて、200余騎は嶺々に堅く陣を取らせ、400余騎は麓に陣取らせた。

 

 

徹底して地形を偵察

 

 正成は、川端に沿って上下二里(約1.1Km)を見ながら、どこに深田があり、どこに沼地があり、そこに細道があり、といったことを残す所なく偵察し、その後は前後三里(約1.6Km)の谷・嶺を見てまわり、茂みの自分が行けない所があれば、足軽どもを遣わして、これらを見せてから、軍勢の陣を定めたという。

 

 高い嶺があったので、小賀太郎宗澄(おがのたろうむねずみ)の200余騎にて堅く陣取り、そこから連なって下る山裾が小高く平地に突き出た所には、河瀬大夫(かわせのたいふ)・伊丹十郎兵衛の150騎にて陣を取った。右の山には木沢入道・村越、内郡(大和国宇智郡)の者ども、300余騎。麓には、かれこれ1千余騎。合計して2千人には少し足りないほどであった。

 

 

地理に精通した者を活用

 

 敵の配備を見るのに三日をかけた。忍びを潜入させて敵の陣を見るのであるが、つれて来た河内・津国(つのくに)の野伏(のぶし=地侍)は、そこの地理を知らないので、半分は敵陣の近くにも往けなかった。少数の者が敵陣に至ったが、見てまわることはほとんどできなかった。

 

 楠木は、「ここの地理に精通した者に道案内してもらわねばなるまい」とのことで、

 

 「我らが扶持(ふち)してきた(=養ってきた)野伏たちの中に、この付近の野伏どもと知り合いの者はおるか」

 

と問うたならば、一人の野伏が「私こそ知り合いの者にてございます。招いて参りましょう」と申した。正成は、「金銀などのことは、望みどおりにいたそう」と云って、当地の野伏に協力を請うたところ、全部で8人がやって来た。

 

 楠木が、「あなた方は、この国の地理を十分に知っておられることであろう」と問えば、彼等は「知っております」と申した。「そうでなければなるまい。こちら方の野伏を連れて、敵の陣所を見て、還ってきてくれぬか」と云うと、野伏らは、「容易いことにございます」と申したのであった。

 

 

漏れのない情報収集と分析

 

 これにより、宗徒の野伏6人をつれて、敵の陣へ夜中に忍び入り、日中は敵の陣中に紛れ込んでおり、次の夜に還ってきて、敵陣の様子を報告した。
 楠木は一人ずつ分けてこれを問うたところ、いずれも同じであった。そこで、忍び入った時の様子をも細々(こまごま)と問うたのであった。

 

 「敵陣に忍び入る要領について問うのは、何のためですか」と尋ねると、正成は

 

 「そうすれば、国々がどのように警戒しているかも聞くことができ、また、忍び入るやり方も国々により様々であるのだから、これを聞いて、その国の忍びを防ぐのに役立たせようとも思ったからである。さらに、国々の陣取り・忍びの様子をも知ることにより、新たな謀を考え出す端緒にもなるだろう」

 

と申したのであった。実に理に適ったことである。

 

 さて、楠木が「敵の陣には、建物がどれぐらいあるか」と問えば、野伏が答えて、「大小併せて800以上もありました」と言った。「陣の取り方は、どのようであるか」と問えば、「大将の陣は一段高くなっております。城郭も少なくございます。その外は皆、山にも谷にも陣屋が立ち並んでございます」と申した。

 

 楠木は、「そうであるなら、紀伊国の武者のやり方は、深く考えられていない。夜討ちにしてもよいな・・・」と思いながらも表情には出さなかった。そして、「今一度、侍を敵陣に遣わして、十分に偵察させなければ」と思っていたところ、安田のほうから、楠木勢が少なく弱そうであるのを侮って、一日かけて押し寄せてきたのであった。

 

 

集まり勢と手勢の違いは「軍律」にあり

 

 諸国の集まり勢は、取る物もとりあえず、前方の川を越えて敵と渡り合おうとひしめいたが、楠木の手勢600余騎は、いつもどおりに軍法を守り、それぞれの陣の前に並んで居て、大将の下知を待っていた。そこへ楠木が山から下りてきて陣の前に立ち、山に置いた勢も中腹まで下して控えさせた後、足軽の勢30余人だけを同行させて川を渡った。

 

 向こう岸にて敵勢を見ると、7千余騎はあるだろうと思われ、それらが陣を二つに分けて立てていた。

 

 正成は諸国の勢を招いて言った。

 

 「ここまでは、私の手勢の300余騎を川の端から一町(約109m)付近に配置して、先に七、八町(約763~872m)も進んでいる軍勢を収容する(=自陣側に受け入れる)ので、敵の先陣4千余騎が備えを乱して懸かってくるのを、ひたすら引きに引いて退却されよ。」

 

 このように下知して引かせたところ、諸国の勢は、始めは両方へ分かれて引いていたが、後には蜘蛛の子を散らすように、四方八方へ逃げ散った。敵は勝ちに乗ってこれを追いかけ、味方の300余騎との距離が半分より短くなった。

 

 この時、正成が300余騎を魚鱗の陣にして攻め懸からせると、先に隊列を乱していた敵は、踏み止まることもできずに引き始め、後陣が備えを堅くして押し寄せてくるところへ逃げ込んだので、後陣の備えも乱れ始めて、前進もできなくなった。これを見て楠木は、川の端に控えていた手勢を招き寄せると、残る手勢は一斉に川を渡ってきた。

 

 

敵を引き入れ、壊滅

 

 当初から山の中腹に控えていた(小賀太郎宗澄の)200余騎が密集したままで山を降り下ったので、遠くからは雲霞のごとき大軍勢に見えたのであった。始めの一合戦で散らされた(諸国の)軍勢も、我も我もと取って返して追い寄せたところ、安田軍の後陣はこれを阻止しようともせず、ひたすら引く勢になびいて引いていった。これを諸国の集まり勢が備えを乱して追った。

 

 楠木の手勢は、前後の軍を乱さずに敵を追うこと二里(約1.1Km)、討たれた敵は数えきれぬほどであった。

 

 ひたすら逃げる安田は、本陣をも通り過ぎて、自分の館に籠ったのであったが、与力していた国人が皆、おのれの館に逃げて行ったので、主従で80余騎しかおらず、それらは皆、安田の城にて自害したのであった。

 

 

攻守逆転の謀

 

 楠木が手勢の備えを残しておいたのは、もしも安田の本陣に軍勢が在ったならば・・・と思ったからであるが、実際には本陣の勢も行方も知れず、落ち失せていたのだった。

 

 この戦いを描いた図がここにある。これが「寄せ手、寄せらるる(=攻守逆転)」という謀である。

 

 この度、摩耶城を攻め寄せた佐々木判官時信と常陸前司時知という二人の大将が、こうした謀さえも知らずに、赤松円心の策に落ちたのは、何と恥ずかしいことであろうか。

 

 

(「楠木正成の初陣~攻守逆転の謀」終り)

 

(いえむら・かずゆき)

 

 

(平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月3日配信)

メルマガ購読・解除
 


↓ ↓ 筆者・家村和幸さんの著作集です ↓ ↓

関連ページ

【第1回】桜井の別れ~最もよく統率された軍勢の姿
『楠木正成の統率力』のバックナンバーです。【第1回】桜井の別れ~最もよく統率された軍勢の姿
【第2回】兵士たちを命令に従わせるには
『楠木正成の統率力』 【第2回】兵士たちを命令に従わせるには です。
【第3回】将の道(「太平記秘伝理尽鈔巻第二 南都・北嶺行幸の事」より)
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第3回】将の道(「太平記秘伝理尽鈔巻第二 南都・北嶺行幸の事」より)です。
【第4回】勇臆・老若に応じて人を用いる
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第4回】勇臆・老若に応じて人を用いる です。
【第5回】神仏を信じるということ
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第5回】神仏を信じるということ(2014/6/20配信)です。
【第6回】恩賞の与え方と受け方
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第6回】恩賞の与え方と受け方(2014/6/27配信)です。
【第7回】敵意を解いて服属させる
『楠木正成の統率力』のバックナンバー  【第7回】敵意を解いて服属させる(2014年7月4日配信)です。
【第8回】小勢をもって多勢に勝つ
『楠木正成の統率力』のバックナンバー  【第8回】小勢をもって多勢に勝つ(2014/7/11配信)です。
【第9回】叱るよりほめよ
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第9回】叱るよりほめよ((140718配信)です。
【第10回】軍(いくさ)を心に懸ける
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第10回】軍(いくさ)を心に懸ける 2014/7/25配信 です。
【第11回】千早城外での夜討ち
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第11回】千早城外での夜討ち 平成26年(2014年)8月1日配信です。
【第12回】 敵将の短慮につけいる
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第12回】 敵将の短慮につけいる (平成26年(2014年)8月8日配信)です。
【第13回】 千早における楠木の諜報活動
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第13回】 千早における楠木の諜報活動(平成26年(2014年)8月15日配信) です。
【第14回】 物と人を備えるということ
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第14回】 物と人を備えるということ(平成26年(2014年)8月22日配信) です。
【第15回】 敵の夜討ちと返り忠を防ぐ
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第15回】 敵の夜討ちと返り忠を防ぐ (平成26年(2014年)8月29日配信) です。
【第16回】 敵の「返り忠」工作を逆手に取る
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第16回】 敵の「返り忠」工作を逆手に取る 平成26年(2014年)9月5日配信です。
【第17回】 楠木正成の『軍法六箇条』
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第17回】 楠木正成の『軍法六箇条』 平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)9月12日配信です。
【第18回】 大将は戦場を離れるな
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第18回】 大将は戦場を離れるな (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)9月19日配信) です。
【第19回】 武家と庶民の違いは何か
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第19回】 武家と庶民の違いは何か (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)9月26日配信)です。
【第21回】 千早から退却する敵を追撃
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第21回】 千早から退却する敵を追撃 (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月10日配信) です。
【第22回】 急場をしのいだ楠木の智謀
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第22回】 急場をしのいだ楠木の智謀 (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月17日配信)です。
【第23回】 柔を以て剛を制するの術
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第23回】 柔を以て剛を制するの術 (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月24日配信)です。
【第24回】 泣き男の謀(はかりごと)
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第24回】 泣き男の謀(はかりごと) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月31日配信)です。
【第25回】 飯盛城攻略作戦 その1
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第25回】 飯盛城攻略作戦 その1 (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)11月7日配信)です。
【第26回】 飯盛城攻略作戦 その2
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第26回】 飯盛城攻略作戦 その2 (2014/11/14 配信)です。
【第27回】 飯盛城攻略作戦 その3
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第27回】 飯盛城攻略作戦 その3 (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)11月21日配信)です。
【第28回】 飯盛城攻略作戦 その4
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【第28回】 飯盛城攻略作戦 その4 (平成26年(皇紀2674年 西暦2014年)11月28日配信)です。
【第29回】 飯盛城攻略作戦 その5
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第29回】 飯盛城攻略作戦 その5 (平成26年(皇紀2674年 西暦2014年)12月5日配信)です。
【第30回】 飯盛城攻略作戦 その6
『楠木正成の統率力』のバックナンバー 【第30回】 飯盛城攻略作戦 その6 (平成26年(皇紀2674年 西暦2014年)12月12日配信)です。
【第31回】 楠木正成の領民統治
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【第31回】 楠木正成の領民統治 (平成26年(皇紀2674年 西暦2014年)12月19日配信)です。
【第32回】 馬を盗んだ男の処断
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【第32回】 馬を盗んだ男の処断 (平成26年(皇紀2674年 西暦2014年)12月26日配信)です。
【第33回】 志貴右衛門と湊川の戦い(前段)
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【第33回】 志貴右衛門と湊川の戦い(前段) (平成27年(皇紀2675年 西暦2015年)1月9日配信)です。
【第34回】 志貴右衛門と湊川の戦い(後段)
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【第34回】 志貴右衛門と湊川の戦い(後段) (平成27年(皇紀2675年 西暦2015年)1月16日配信)です。
【第35回】 智仁勇の武人・楠木正成
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【第35回】 智仁勇の武人・楠木正成 (平成27年(皇紀2675年 西暦2015年)1月23日配信)です。
【最終回】 楠木正成の首を故郷に送る
『楠木正成の統率力』のバックナンバー【最終回】 楠木正成の首を故郷に送る (平成27年(皇紀2675年 西暦2015年)1月30日配信)です。