並木書房

おすすめの軍事本・書籍

デイブ バラネック (著), 茂木 作太郎 (翻訳):『F-14 トップガンデイズ』

こんにちは。エンリケです。 コードネームは「バイオ」 F-14トムキャットは10年前に退役した米海軍の戦闘機ですが、 いまも根強い人気を誇る名機です。可変翼の採用、長射程の「フ ェニックスミサイル」を搭載し、世界最強の戦闘機として米ソ冷戦 ...
おすすめの軍事本・書籍

勝股秀通:『検証 危機の25年』

こんにちは。エンリケです。 机上論でない点が、本書の魅力です。 日大危機管理学部の教科書としても使われるそうですが、 これで勉強できる学生は幸せですね。 長年、自衛官と信頼を築いてきた著者だから 書ける内容といって差し支えありません。 とっ...
おすすめの軍事本・書籍

第一次世界大戦の陸戦史でご自分のインテリジェンス感覚を磨きたい人は他にいませんか?

ご存じのとおり、今年は一次大戦から100年の記念の年ですね。 また今年一月に安倍首相は世界経済フォーラム(ダボス会議)で、 わが国と中共の緊張関係を一次大戦前夜の英独の対立関係になぞら えた演説を行って世界に衝撃を与えましたよね。記憶に新し...
おすすめの軍事本・書籍

こんな軽い本に中身があるとは思えなかった、ページを開けてみるまでは・・・

「水陸空両用戦能力」の意義をわかりやすく理解できるから、在沖米国海兵隊が理解できる。在沖米国海兵隊が理解できるから、オスプレイの意味が理解できる。わが防衛戦略の中で水陸両用戦はどう位置づけられるか?がわかり、結果、日米同盟のなかでオスプレイがどういう意味を持つかがわかる。「わが防衛・安保にとっての「オスプレイ」配備の意味」をこれほど分かりやすく伝える書はない。
おすすめの軍事本・書籍

独学で戦争を学ぶ秘訣

戦争は軍人だけに任せておくにはあまりに大きな問題であり、政治学者や安保専門家によってでなく、軍人・自衛官によってでなく、もっと多くの人々によって、普通に取り組まれるべき問題なのである。 軍事とは何か?戦いとは何か?平和を実現するために戦争を理解することがなぜ必要か?・・戦争文化について日本人が記した初の書。
CIA

少し憂鬱になります(一読者)

「秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争」を読んでみました。 取り急ぎの感想は以下の通り。少し憂鬱になります。
短期連載 戦争は人間的な営みである

サイン本が届きました

先行予約で注文した戦争は人間的な営みである (戦争文化試論) のサイン本が到着しました。 石川先生のサインはこんな感じで書かれてました。
おすすめの軍事本・書籍

東京で地熱発電 清水政彦 並木書房

おすすめの軍事本・書籍

坂の上の雲 5つの疑問

おすすめの軍事本・書籍

竹本三保 「任務完了」 並木書房

安保・戦略

荒木肇 「東日本大震災と自衛隊」 並木書房

おすすめの軍事本・書籍

戸島国雄 「タイに渡った鑑識捜査官」

安保・戦略

家村和幸 闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』  著:家村和幸  ページ数: 219ページ  出版社: 並木書房 (2011/11/17)  発売日: 2011/11/17  商品の寸法: 18.9 x 13.1 x 1.9 ...
おすすめの軍事本・書籍

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』

本の紹介はこちらです 先行予約受付は終了しました。
おすすめの軍事本・書籍

【~5/23】数学者が見た 二本松戦争ー武士道の真髄を尽くした戦いー

私は、『葉隠(はがくれ)』の「死ぬべきものと見つけたり」で知られる武士道的精神とは、日本人の民族性の原点というよりは美点の一つであると考えております。被害を自己一身に止めて累(るい)を他に及ぼすのを防ぐという意味において、人間として最高の倫理規範の持ち主のみがなしうる自己犠牲的精神を包含するものだからです。
おすすめの軍事本・書籍

米国国家情報会議(編)北村愛子・北村淳(訳):グローバル・トレンド2025 ~変貌する世界~

『グローバル・トレンド2025 ~変貌する世界~』 米国国家情報会議(編) 北村愛子・北村淳(訳) 並木書房 平成22年5月5日発行 米国という国には、情報(インテリジェンス)に極めて敏感という特質があります。
国際情勢

荒谷卓:戦う者たちへ ー 日本の大義と武士道 ー

『戦う者たちへ ー 日本の大義と武士道 ー 』 著者:荒谷卓 発行:並木書房 発行日:2010/2/25 この本で一番目を引くのは、表紙の清々しさです。
国際情勢

内山進:戦い、終らず ~ヒロシマ・アメリカ・イラクー現役米空軍少佐の記録~

『戦い、終らず ~ヒロシマ・アメリカ・イラクー現役米空軍少佐の記録~』 著者:内山進 発行:並木書房 発行日 2010/1/20 基地要塞化の責任者としてイラクに派兵された著者は、
武器・装備

別宮暖朗:「坂の上の雲」では分からない 日露戦争陸戦 -児玉源太郎は名参謀ではなかった-

『「坂の上の雲」では分からない 日露戦争陸戦 -児玉源太郎は名参謀ではなかった-  』 著者:別宮暖朗 発行:並木書房 発行日 2008/10/5 「坂の上の雲」が放映されるそうです。
国際情勢

D・パークス、R・ブライアン(共著) 友清仁(訳):最強軍団 アメリカ海兵隊 テロとの戦い最前線

『最強軍団 アメリカ海兵隊 テロとの戦い最前線』 著者:D・パークス、R・ブライアン(共著) 訳者:友清仁 出版社:並木書房 発行日:2009/8/25 <(前略)ちょっと世界を見渡しただけでも、海兵隊よりもはるかに尊敬を受けている軍隊...
武器・装備

杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』

■司馬史観に物申す 本著は、神器、武器の二律背反を兼ね備えた日本刀という武器と、そのことをわきまえて生きた武士のすがたを通じて「わがサムライ」の生き様を描き出す試みです。 語り部には、新撰組の土方歳三が選ばれました。 キモは、
おすすめの軍事本・書籍

杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』

本著は、神器、武器の二律背反を兼ね備えた日本刀という武器と、そのことをわきまえて生きた武士のすがたを通じて「わがサムライ」の生き様を描き出す試みです。語り部には、新撰組の土方歳三が選ばれました。キモは・・・
武器・装備

世良光弘 『坂井三郎の零戦操縦(増補版)~真剣勝負に待ったなし~』

この本で一番目を引くのは、表紙と裏表紙にある人物写真です。 表紙には、帝国海軍の高高度飛行用電熱服を身にまとい、腕組みをしてカメラを見据える若き戦闘機乗り。 裏表紙には、白いタートルネックセーターを着、笑みを浮かべながら鋭い目つきでカメラを...
おすすめの軍事本・書籍

本の紹介

■『【新訳】名将言行録』 兵頭二十八 PHP 2008/10発行 戦国武将の選りすぐりの言行をまとめた『名将言行録』岡谷繁実(原著)の 兵頭版注訳。 特徴は原著にあるすべての項目を取り上げ、新書一冊にコンパクトにまとめた 点。コンテンツその...
歴史

別宮暖朗 『太平洋戦争はなぜ負けたか』

『太平洋戦争はなぜ負けたか』 別宮暖朗 並木書房 2009/3発行 最近流行りの「帝国海軍批判書」のひとつだが、全般から受ける印象は、「日本の官僚的なるものへの批判を帝国海軍を舞台に行なっている」点にある。その意味で類書とは異なる印象を受け...
武器・装備

坂本明 『戦う制服』

『戦う制服』 坂本明 並木書房 2009/1発行 著者は著名なミリタリー・イラストレーター。 軍・警察・消防の制服から宇宙服にいたる特殊用途服を、姿かたちや実際の作業の面から紹介したガイドブック。実に情報量豊富なイラスト満載で楽しめる。 特...
おすすめの軍事本・書籍

北京五輪後 中国はどうなる?

次期政権の対中共政策を考え、進言する上で、この本は手放せません。中共の今がぎっしり詰まった有機的な情報源です。有機的だから養分を吸収できます。すべての方にオススメします。
読者の声

プレゼント当選者より

本日の夕方(6/12)に無事に届きました。今回、このような素晴らしいプレゼントを頂きましたこと、心より感謝致します。頂いた本は、最大限活用させて頂きます。
国際情勢

加藤大尉の英語ブートキャンプ 軍隊式英会話

入隊の条件は「何が何でも英語でコミュニケーションしたい!」という熱意のみです! 「英語ブートキャンプ」の訓練状況にどっぷり浸かり、その場にいるつもりで会話してください。さまざまな軍隊生活を体験しながら「活きた英語」を学べます。 アメリカ国防...
おすすめの軍事本・書籍

加藤大尉の英語ブートキャンプ 軍隊式英会話

本著は配信中のメルマガ記事をベースにまとめられたもので、「英語ブートキャンプ」は、本文、加藤さんのコラム、映像、音声という有機的なつながりにより編成されています。そのため、たったひとりでも、すべての器官をフル稼働させて英語と接することが可能です。
おすすめの軍事本・書籍

オンライン映像版「英語ブートキャンプ」(元米陸軍大尉 加藤喬)

元米陸軍大尉加藤喬さんの最新刊「加藤大尉の英語ブートキャンプ」(6/15発売予定)のオンライン映像バージョンです
読者の声

戦友・・・

高部正樹さんの『戦友』、是非読んでおかなければいけない本だと思いました。彼らは日本人としての誇りであります
国際情勢

『戦友』 高部正樹 (YouTube資料映像付き)

<願わくば、あの苦しいジャングルのなかで、何の見返りも求めず、必死に戦い、命を捧げた日本人兵士がいたことを、ひとりでも多くの方々に知っていただければうれしく思います。>(高部正樹) 来週二十四日、映画「ランボー」の最新作(最後の戦場)の公開...
おすすめの軍事本・書籍

『戦友』 高部正樹 (YouTube資料映像付き)

「見てしまった以上そこから逃げることはしない」こういう男たちが、本当にいたんですよ。もしかしたら「戦友」たちは、本著を通じてようやく祖国での落ち着き先を見つけられたのかもしれない。読了した今、そんなことを思っています。『戦友』 は高部正樹さんの記念碑的作品になると感じます。
自衛隊情報

海を渡った自衛官─異文化との出会い─

このメルマガは、海外に赴いた隊員数十人を直接取材し、彼らが現地で何を体験し、どうやって任務を遂行してきたのか、その実際を聞き書きしたものです。 派遣先での「異文化との出会い」に悩み、戸惑いながら、事態をどう解決してきたのか? 知られざる自衛官の活躍を等身大で紹介します。
国際情勢

2011年日中開戦&失敗の中国近代史

わがマンガ わが国のマンガが、質量ともに世界最高レベルにあることはよく知られています。時代を経るにしたがって、マンガという表現媒体の社会に与える影響力が大きくなっています。 これはたとえば『マンガ日本経済入門』からはじまり『嫌韓論』の大ブー...
おすすめの軍事本・書籍

2011年日中開戦&失敗の中国近代史(080425配信 メールマガジン「軍事情報」より抜粋)

著者が言いたいことはこれだったのかもしれません
おすすめの軍事本・書籍

デビルドッグーアメリカ海兵隊日本人伍長のイラク戦記ー

本著は「一介の平凡な若者が夢を実現してゆく「ビルディングロマンス」としての楽しさ」「最前線を体験した日本人による、日本人向けの貴重なイラク戦争の 記録・報告」「米軍の最新軍事用語や作戦の実情、武器評価、豆知識などを、初心者にも「すらっ」と頭に入る形でうまく表現し、あまり知るところのない海兵隊の姿を内部からの視点で分かりやすく面白く表現した、現代 軍事を知るうえで必読の軍事教科書」という三つの味わいを一冊で楽しむことのできる稀少な本といえる。
国際情勢

デビルドッグーアメリカ海兵隊日本人伍長のイラク戦記ー

「デビルドッグ」ってなに? おそらくあなたは、まず最初にそうお感じになるのではないでしょうか? ・・・・
国際情勢

逆説・北朝鮮に学ぼう ヘタレの日本に明日はない

< ![CDATA[この本は「北朝鮮に学ぼう」というショッキングなタイトルを見て、あなたはどう思われるでしょうか?
おすすめの軍事本・書籍

逆説・北朝鮮に学ぼう ヘタレの日本に明日はない

本著は、「北鮮の行動を通じて」というこれまでにない斬新な切り口から、わが国の問題点を抉り出します。しかも、どこがどう悪いのかを、「ハッキリ」とわれわれ庶民に示してくれる素晴らしい本です。
RSS