その他

現在、次のスケジュールで配信しています。

月曜日 0800配信
桜林美佐の「美佐日記」 桜林美佐(防衛問題研究家)

桜林美佐(さくらばやし・みさ)
昭和45年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサ ...

インテリジェンス, おすすめの軍事本・書籍

1946年(昭和21年)5月3日、東京。

元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと
連合国軍最高司令官マッカーサーは

「太平洋戦争とはいったい何だったのか」
を3日間にも渡って話し合った。

軍事知識

37普通科連隊が駐屯する信太山駐屯地には、西南の役や日清・日露戦争時に勇名を馳せた帝国陸軍野砲兵第四聯隊が駐屯していた。陸自37連隊は、大阪法円坂に駐屯していた帝国陸軍歩兵第37聯隊の部隊番号とトレードマークの菊水紋を継承。“菊水連隊 ...

軍事知識

33普通科連隊等が駐屯する久居駐屯地には、帝国陸軍歩兵第三十三聯隊が駐屯していた。33普通科連隊は帝国陸軍時と同一の連隊番号を継承する数少ない部隊のひとつ。 三重県の郷土部隊として100年以上の歴史と伝統を持っている。

歴史

大東亜戦争が終わったのは1945年(昭和20年)9月2日ですが、戦後日本国民多数は同8月15日の「停戦のご詔勅」をもって戦争が終わったと考えており、戦後日本に暗い影を落としています。「大東亜戦争は日本が悪いことをしたから起こった」との ...

軍事知識

軍隊の本質は「国内法の機能し得ない場面で活動できる」ことにある。

国防ニュース最前線

トランプ大統領の「レーガン・ドクトリン」とは?
「国際法」上問題なし?「ブッシュ・ドクトリン」とは?

日下公人

日本人の心とは何か?というお話から、学位(ディグリー)を取る人取らない人、肩書きを欲しがるの中国人が多いこと、日本人は本当に紳士的で思慮深いのか?といったお話など、たっぷり語っていただきました!

ひとりがたり日下公人 再生 ...

日下公人

第1次世界大戦が終わったのが1918年の大正7年。日露戦争もあり戦勝国として好景気だった。
その頃の日本を語る人がほとんどいないということもあり、前回に続き大正時代の日本を語ります!

ひとりがたり日下公人 再生リス ...

国防ニュース最前線

※BGMカット再配信版です。GSOMIA破棄はあるのか?・EEZで北朝鮮船を取り締まれない?・中学生が機関砲操作!?・中露同盟はあるのか?

日下公人

第1次世界大戦後日本は戦勝国となった。日本製の工業製品も世界へ渡り好景気だった。その頃と、今の日本は少し似ていると思う。
そしてここ数年で、日本人の白人とキリスト教のコンプレックスが消えたようにも思う。
戦争に勝ったわ ...

国防ニュース最前線

自衛官の初任給引き上げへ?長年の定員未達をどうする?
今こそ官僚主導から脱し、政治主導で自衛隊改革を!

国防ニュース最前線

マスコミが報じない北朝鮮SLBM発射の危機 ※本日機材不調のため配信が遅くなりました。

家村和幸

「じっくり学ぼう闘戦経」、51回、約一年にわたる講義の最終回。今回は第五十二、五十三章をご紹介していきます。

楠木正成ファン必見!「虚」と「実」。現代の生活にも直結するこの2つのワードが鍵となります。
これまでのま ...

桜林美佐

※番組へのご意見・ご感想は から

虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!
憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと ...

家村和幸

いよいよ終わりに近付いてきました「じっくり学ぼう闘戦経」。今回は第四十九、五十、五十一章を駆け足で紹介していきます。

「力と術」、「威・勇・知」、「天道」。
現代人において「仕事」=「戦」と考えた時、これらは我々の ...

家村和幸

今回の「じっくり学ぼう闘戦経」は、
「渡辺橋」の戦いにスポットライトを当てて学んでいきます。

「敵は必ず最短である渡辺橋から渡ってくる!」と読んでいた楠木正成は、おとりの兵士を使い敵を誘い寄せます。
しかし ...

国防ニュース最前線

朝日新聞が「有志連合」誤った解説を掲載・自衛隊後方予算が足りず隊員が全国の廃車を探して部品を収集・下地島空港初自衛隊固定翼機が使用