インテリジェンス, 歴史

江戸期の愛国思想家浅見絅齋『中國辯』(『靖獻遺言講義――處士劉因の條』所収)より抜書き。
<扨て中國・夷狄と云ふ事あるに付き、唐の書に、日本をも夷狄と云ひ置くを見て、とぼけた學者が、「あら口惜しや、耻かしや。我は夷狄に生れたげ ...

インテリジェンス, おすすめの軍事本・書籍, 歴史, 自衛隊情報

<わが国が敗戦に至った理由のひとつは、
国家全てが情報理論の重要さを軽視したことにある>

帝国陸軍の兵団参謀として終戦を迎え、陸自調査隊の創設に
深く関わった男が人生の最期に書き残した「知られざる戦後情報史 ...

武器・装備, 歴史

昭和7年(1932)『少年倶楽部』新年号の豪華附録が、「軍艦三笠の大模型」です。

全長およそ820mm。ペーパーモデルの常識を破る重量感にあふれた造作にくわえ、軍艦独特の複雑な形状も見事に表現したこの模型は、当時の子 ...

歴史


『「太平洋戦争」こう戦えば・・・ ~Ifの太平洋戦史~』
著者:三野正洋
発行:WAC出版
発行日:2010/6/30

内容をざっくり言えば、

大東亜戦争 ...

歴史


『まんがで読む 古事記 第2巻』
久松文雄(著)
青林堂
平成22年4月16日発行

壮大かつ雄大、

それでいて複雑極まりない『古事記』というものがたりを、 ...

国際情勢, 歴史

『中国の戦争宣伝の内幕 -日中戦争の真実- 』
著者:フレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ
訳者:田中秀雄
発行:芙蓉書房出版
発行日 2009/11/30

田中秀雄

武器・装備, 歴史

『「坂の上の雲」では分からない 日露戦争陸戦 -児玉源太郎は名参謀ではなかった-  』
著者:別宮暖朗
発行:並木書房
発行日 2008/10/5

「坂の上の雲」が放映されるそうです ...

武器・装備, 歴史

■司馬史観に物申す
本著は、神器、武器の二律背反を兼ね備えた日本刀という武器と、そのことをわきまえて生きた武士のすがたを通じて「わがサムライ」の生き様を描き出す試みです。
語り部には、新撰組の土方歳三が選ばれました。 ...

武器・装備, 歴史

主力戦車同士の激突というスタイルが起こる可能性は遠のいた。
しかし、人間社会が存在する限り、軍事は残り、陸戦も永遠に残りつづける。
今必要な新しい陸戦理論を編み出すために必要な要素、エッセンスは何か?という問題意識から ...

歴史

<「何故あなたは、テレビ朝日の報道を信じ、私たちが何ヶ月もかけて縷々説明してきたことを信じないのか」と訊いた。すると「空自の最初の対応がまずかったから問題が大きくなった」と言う。>
(P223)
<すると増田次官は私に ...

国際情勢, 武器・装備, 歴史

一言で言えば本著が伝えたいのは、
「軍人は右でも左でもない。ひたすら国防のために邁進する存在だ。それを理解しようともせず、
戦争そのものを忌避し、ひたすら軍事に無知でありつづけ、自衛隊を不当に貶め、国防に必要な手を何も ...

国際情勢, 歴史

私が思うに本著は「祖国を守るための国民用ワクチン兼ねる解毒剤」です。



(エンリケ航海王子)
今回ご紹介した本は
『田母神塾 これが誇りある日本の教科 ...

歴史

『【新訳】名将言行録』 兵頭二十八 PHP 2008/10発行
戦国武将の選りすぐりの言行をまとめた『名将言行録』岡谷繁実(原著)の兵頭版注訳。
特徴は原著にあるすべての項目を取り上げ、新書一冊にコンパクトにまとめた点 ...

歴史

昨日 天皇陛下のご負担軽減のためと称し、宮中祭祀の一部を東宮殿下と役人に代替させる方針が発表されました。二月からスタートするそうです。
報道ではそれが新嘗祭なのかどうかはわかりませんでしたが、東宮殿下が何を代替されるのか。詳し ...

歴史

皇室ジャーナリストの斎藤義久さんは、昨日配信された『【臨時増刊号】斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」【平成20年5月29日】』で、以下のようなことばを残されています。
<(前略)天皇の制度にしても、宮中祭祀にしても、日本の歴 ...

国際情勢, 歴史

本著は、わが国では余り知られることのなかったNATO、欧州の軍事そして戦後ドイツの軍事について、ドイツ軍、NATOという欧州軍事の中枢で責任ある立場にあった将軍が自ら書かれた、極めて貴重な資料といえます。
冷戦構造の崩壊にあた ...

国際情勢, 歴史

わがマンガ
わが国のマンガが、質量ともに世界最高レベルにあることはよく知られています。時代を経るにしたがって、マンガという表現媒体の社会に与える影響力が大きくなっています。
これはたとえば『マンガ日本経済入門』からはじ ...