*

「 自衛隊情報 」 一覧

第4施設団の創立記念祭

本日(2008/5/25)、大久保の第4施設団・創立記念祭に見学に行って参りました。 しばしの雨天の後、観閲式の時には雨も止み、訓練展示や京都外国語大学体育会チアリーダー部のアトラクションなど盛り沢山

続きを見る

防衛省の改革論議の内容がまとまったようですね

しかし、残念ながら中身は一見革新的なようで、結局は背広組によるコントロ ール維持を強く意識した内容になっているようですね。 特に、統合幕僚長が担っていた職責を、運用局長に負わせるなどという案は、 空恐

続きを見る

ペトリオットPAC-3の浜松配備

防衛省発表によれば、航空自衛隊浜松基地へのペトリオットPAC-3の配備 が5月14日に開始されました。配備完了は11月頃が目途になるそうです。 PACー3配備とは、「迎撃ミサイル発射装置(発射機)」「

続きを見る

砕氷艦は軍艦で、政府専用機は軍用機

砕氷艦しらせ[/caption]エンリケ航海王子殿下 自衛隊の存在を可能な限り無視するというマスコミの姿勢(洗脳作戦?)は際立っています。 南極観測船「しらせ」(最近、除籍になりましたが

続きを見る

防衛省改革について

1.日本版NSC設置 この件について個人的には現総理が中国に配慮して引っ込めたと思っ ていましたが、復活したようですね。それも現総理(現内閣では無く)の支持率 と求心力低下の賜物と喜んでいます。 設置

続きを見る

防衛省設置法第12条

取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の 原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に ついて執筆活動を展開しております。     ライター

続きを見る

ゴルフ場に関する投稿

取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の 原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に ついて執筆活動を展開しております。     ライター

続きを見る

統幕と各幕の訓練の線引き

取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の 原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に ついて執筆活動を展開しております。     ライター

続きを見る

「防衛省幹部」の語には本当に辟易です。

政治家か高級官僚を指しているのでしょうが、一般庶民には「幹部自衛官」と まぎらわしいったらありゃしない。 防衛省改革の際には「幹部自衛官」⇒「将校」に変更してもらいたいものです。 今日(29日)も「基

続きを見る

海を渡った自衛官─異文化との出会い─

こんにちは!! エンリケ航海王子です。 私にとってこの人が書いた『指揮官は語る』は、ある意味人生を変えたといえる といっていいかもしれません。 発行された二〇〇一年当時、 わが将校にインタビューした内

続きを見る

メールセミナーへの感想

第9回「予備役制度について」を読みまして、感想を少し。 数年前、自衛官の定数の削減という改正がありました。 予備自衛官等を含めた、人数だったと思いました。 その際、驚いたのは、「現役の陸自」は微増とし

続きを見る

軍事情報記事(080421) 自衛隊:領空侵犯対処行動は極めて特殊な例外

自衛隊が「自衛隊法という国内法の枠内でのみ」行動が許された「おかしな 軍隊」であるよう強いられている事実は、すでに皆さんご承知おきのことです。 このことが自衛隊の行動から軍事合理性を奪い、時節に合わな

続きを見る

軍事情報記事(080421) 自衛隊:大臣補佐と助言

大臣補佐に関してよく見受けられる意見に、「シビリアンがおかしな事をす れば制服が助言すればよいではないか」というものがあります。 それに接して感じることは、「助言」という言葉に対する認識の甘さです。

続きを見る

軍事情報記事(080421) 自衛隊:「幕僚長=参謀総長・軍令部総長」という誤解

「幕僚長=参謀総長・軍令部総長」という誤解がありますね。 これは国民の自衛隊理解が浅い典型のひとつです。 (というより、法律で捻じ曲げられた無理な軍隊組織=自衛隊そのものに起因 するとも感じますがね)

続きを見る

改革会議中間報告の方向には・・・

統合幕僚監部ができたとき、作戦用兵計画に関することはすべて、それまでの 内局でなく統幕に担当させることが明確に確定しました。 素人の内局が起案した命令で自衛隊部隊が出動する、という背筋が凍るような 事

続きを見る

Re:幕僚長から権限を奪う方向へ

私は各幕僚長の指揮権限をなくす方向で議論することが誤りだとは思ってお りません。 ご心配の点はごもっともです。ただ、幕僚長は、大臣の参謀として、指揮権が 適切に行使されるよう補佐するためにあるのですか

続きを見る

幕僚長から権限を奪う方向へ

防衛省改革会議の中間報告の方向は、統合幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長、 航空幕僚長から執行権限を奪い、大臣補佐に特化させることにあるようです。 大臣が直接細かい命令を出すそうです。 石破氏は、かつてキ

続きを見る

オタク大臣の見識を発揮せよ

■男子と同じ服・帽子。。。。 最近、防衛大学校の学生をたくさん見る機会がありました。 そのときに驚いたことです。 女子学生が男子学生と同じ服を着て、同じ帽子を被っているのです。 あまり良い格好には見え

続きを見る

幕改編を提案する

■生きた経験が不十分な政治家 石破大臣の会見でシビリアンコントロールの話が出ていましたが、最大の問題点 は日本の政治家に軍事に関する生きた知識経験が不十分なことです。 防衛官僚の側用人的な弊害は今回の

続きを見る

DSI 日米国防組織情報

DSI 日米国防組織情報 自衛隊、米軍の現在の人事を網羅しているサイトです。軍事情報もいつもお世話になっています。 特に、米軍の組織名を確認するとき役立つサイトです。

続きを見る

総合改革推進PTが報告書

寺田政務官臨時会見概要 平成20年3月28日(15時32分~15時47分)  http://www.mod.go.jp/j/kisha/2008/03/s_28.html 【参考】 ○ 商社罪悪論への

続きを見る

徴兵制度の話ですが・・・

観閲式での行進[/caption] 国家はお尻に火が点けば必ず国民に動員を掛けます。話が逸れるようですが、今度の「メタボ検診」などはその典型です。保険料の大赤字解消のために、なりふり構わぬ暴走ですよ

続きを見る

防衛省改革会議に思うこと

メルマガの再刊を心からお慶び申し上げます。 いみじくも、「防衛省改革会議」が行われ、これから防衛省の組織が一新され るようとしているこの時期に、軍事情報様の新たなる出発の時期が重なったこ とは、現在、

続きを見る

防衛省の組織改革のこと

石破防衛相が非常に大胆な省内改革案を提案し、防衛省改革会議は中間答申を見 送りました。彼の案によれば陸海空幕を廃止して内局と一本化し、政策、運用、 後方の三つの局にガラガラポンするという大胆な案です。

続きを見る

軍事組織は、できるだけ簡明な方がよい

(080225配信 メールマガジン「軍事情報」第332号 より) 19日のイージス艦と漁船との衝突事故は、非常に残念な出来事でした。全力 での救出活動と適切な原因究明を希望いたします。 さて、本件

続きを見る

知っておきたい!! 自衛隊100科

『知っておきたい!! 自衛隊100科』 セキュリタリアンMOOK 防衛弘済会 2007/12/14発行 「二〇〇〇年当時になぜ出してくれなかったの??」 と思わず言ってしまいました。 メルマガを創

続きを見る

民主党のアフガン復興支援案を斬る

今日の武器輸出三原則批判記事(*)、嬉しかったです。 今年もたいへんお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。 貴マガジンが徐々に充実して民間軍事情報機関として成長していく姿をたいへん心

続きを見る

防衛汚職を生んだ過度の武器輸出禁止政策 – 大礒正美

AK-48[/caption]武器輸出をしないことは、あたかも平和の象徴であるかのように言われてきましたが、実はそうではなかったことに国民は徐々に気づきつつあるようです。実に喜ばしいことです。

続きを見る

護衛艦「こんごう」SM-3発射試験の結果について(12/18 防衛省)

弾道ミサイル防衛(BMD)機能を付加するための改修が進められてきた イージス護衛艦「こんごう」は、  12月18日早朝(日本時間午前7時12分(現地時間17日午後0時12分))に、 ハワイ・カウア

続きを見る

将軍と佐官が同格?

●副師団長、将補に昇任(12/3 3師団) 第3師団副師団長兼ねて千僧駐屯地司令の佐藤暢彦1等陸佐に対し、十二月三日付けで陸将補[陸軍准将]への昇任[昇進]が発令されました。 ⇒佐藤将補は前宮城地

続きを見る

指揮権とその継承とは

 「軍隊」は人々の歴史の中で最も古く自然発生した社会組織の一つで、軍事諸制度は各民族固有の風土と永い歴史のなかで改善され、普遍化され、伝統化されて今日に至っています。それら制度の中の典型的な一つが部隊

続きを見る

軍の神聖な重責と防衛省キャリアの宿命

肩章[/caption]キャリア制度とは?  キャリア制度は「広く浅く様々なポストを経験(渉猟)した健全な素人こそバランスの取れた健全な判断ができる」ことを前提にした制度です。実際に各官庁のキャリ

続きを見る

官邸主導の防衛省改革有識者会議に期待する

防衛省に家宅捜索が入りました。 米国で言えば、ペンタゴンにFBIが踏み込むようなあり得ない話ですね。 公明正大といえばその通りなのでしょうが、威信や秘密保護の観点では各自衛隊や同盟諸国軍の信頼を失

続きを見る

自衛隊将校の養成課程

軍には階級があり、それは将校・下士官・兵という区分となります。 ご存知のとおり、それぞれの担う役割は異なり、養成過程も違います。 下士官兵につきましては、出版物等を通じ、すでに広く知られて

続きを見る

自衛隊への無理解を解く

□投稿の内容 <>情報ワールドで世界に通用する先輩方を持つわが国なのに、なぜこれほどまでに「情報」はマイナーなのだろうか、ということです。(070522配信「自衛隊ニュース」 編集雑記の一部)

続きを見る

Plug and Play

きりしま[/caption]米海軍のHPに以下のような記事がありました。 『「ステザム」と「日本海軍」、空母「リンカーン」と初顔合わせ』 【概略】 ・3月26日、米空母「エイブラハム・

続きを見る

愚直を以て良しとする

基地隊門や艦艇舷門等の立直勤務は愚直を以て良しとします。     昔々、海将補の某艦艇部隊指揮官がウッカリ身分証明書を持たぬまま公用車で上陸し、帰りは徒歩で艦艇基地の隊門を通ろうとして警衛立直中

続きを見る

自衛隊をとりまく不条理

観閲式における単縦陣[/caption]From:ヨーソロ 自衛隊の活動に関して毎回法律を作ることの問題点には、根の深いものがありますね。 自衛隊は軍隊でない、という議論の論拠の一つに「

続きを見る

BMD対処の実際

ミサイル防衛は時間との戦いです。コンピュータは瞬時に結果を出しますが、人間はそうはいきません。そこで、条件を定めて撃墜の権限を下級指揮官に委ねざるを得ません。BMD では特にその点が重要です。弾着点が

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑