日本の軍事情報, 自衛隊情報, 読者の声, 軍事知識

今回の官邸主導の改革は従来と異なり、内局のお手盛りでない知恵が出されるであろうと

自衛隊情報

海兵の後継たる将校養成機関は、幹部候補生学校です

日本の軍事情報, 自衛隊情報

□投稿の内容
<>情報ワールドで世界に通用する先輩方を持つわが国なのに、なぜこれほどまでに「情報」はマイナーなのだろうか、ということです。(070522配信「自衛隊ニュース」 編集雑記の一部)
「事態対処」のための「情 ...

世界の軍事情報, 日本の軍事情報, 自衛隊ニュース, 自衛隊情報

米海軍のHPに以下のような記事がありました。
『「ステザム」と「日本海軍」、空母「リンカーン」と初顔合わせ』
【概略】
・3月26日、米空母「エイブラハム・リンカーン」が日本近海にやってきた。
・わが海 ...

歴史, 自衛隊ニュース, 自衛隊情報

基地隊門や艦艇舷門等の立直勤務は愚直を以て良しとします。
   
昔々、海将補の某艦艇部隊指揮官がウッカリ身分証明書を持たぬまま公用車で上陸し、帰りは徒歩で艦艇基地の隊門を通ろうとして警衛立直中の2等海士に止められ、中 ...

自衛隊情報, 軍事知識

From:ヨーソロ
自衛隊の活動に関して毎回法律を作ることの問題点には、根の深いものがありますね。
自衛隊は軍隊でない、という議論の論拠の一つに「法律で許可された範囲で活動している」というのがあります。
「法体 ...

日本の軍事情報, 未分類, 武器・装備, 自衛隊情報, 軍事知識

ミサイル防衛は時間との戦いです。コンピュータは瞬時に結果を出しますが、人間はそうはいきません。そこで、条件を定めて撃墜の権限を下級指揮官に委ねざるを得ません。BMD では特にその点が重要です。弾着点が我が国領域となれば撃墜しても良いの ...