*

官邸主導の防衛省改革有識者会議に期待する

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 日本の軍事情報, 自衛隊情報, 読者の声, 軍事知識 ,

防衛省に家宅捜索が入りました。


米国で言えば、ペンタゴンにFBIが踏み込むようなあり得ない話ですね。
公明正大といえばその通りなのでしょうが、威信や秘密保護の観点では各自衛隊や同盟諸国軍の信頼を失う面も大きいでしょう。
でも、官邸主導での防衛省改革の有識者会議(*)には期待しています。
防衛省は、警察予備隊本部、保安庁、防衛庁を経て名前だけは省になりましたが、イデオロギー絡みの軍事忌避の観点が色濃く出た「日本の常識は世界の非常識」を絵に描いたような官庁です。
その典型が防衛省内局(以下「内局」と略す)です。
よく「参事官」制度が話に出ますが、その裾野には「部員」という鵺(ぬえ)のような官職があります。「部員」というのは旧参謀本部や海軍軍令部の参謀(参謀本部部員、軍令部部員)に倣ったもので、一人配置ながら管理職並みの権威と権限を持った企画・執行の官職でした。警察予備隊であった時代に「警察予備隊本部部員」の名称で自衛隊創世記の参謀職を勤めさせた制度が、現代まで続いているのです。
このポストは機能的に一見合理的なのですが、実は警察予備隊発足から防衛省になった今日まで「背広の官僚だけ」なのです。後に建前だけは自衛官でも良いことに緩和されましたがこれはカモフラージュに過ぎず、自衛隊の実情を何も知らない背広だけが、いわば「国軍最高司令部の参謀ポスト」を独占しているわけです。
防衛省の「防衛政策局」や「運用企画局」などの国防や自衛隊を左右する中枢を、部隊視察を一年に一回でもやることがあるかどうか、と言うような素人集団が机上の知識だけで仕切っているのです。
「制服の政治への関与を許さない」との大義名分の下に、自衛官と議員さん達との接触すら厳しく制限して、自分達に都合の良い知識しか政治家の耳に入らないようにしていますし、軍需品の調達は旧調達実施本部、軍事施設の建設は旧防衛施設庁という具合に、全て背広官僚が責任ある地位を独占していました。
そして数々の不正や汚職が生じたあげく両方とも廃止に到ったのですが、その実態は内局がそれら組織を取り込んで肥大化しただけです。
最近は災害派遣の関係で、地方自治体と部隊の直接交流は流石に大目に見るようになっていましたが、省昇格時のドサクサに地方防衛局なるムダ組織を作り、今後はこの分野にも膾炙しようとしています。今まで機能している各県の地方協力本部に屋上屋を重ねるもので、指定職の格上げや増加だけを狙ったさもしいものです。
このように本来の設立目的からズレて歪んだ組織・制度は早急に見直されるべきです。今回の事件はたいへん遺憾ですが、その代償として多くの国民に「自衛官以外に背広の自衛隊員がいて、彼等が防衛省を牛耳っている」ことが知れわたりました。「シビリアン・コントロールは政治統制で、文官統制ではない」ことも理解が進みました。その意味で、今回の官邸主導の改革は従来と異なり、内局のお手盛りでない知恵が出されるであろうと、期待するところ大なるものがあります。
以上、ヨーソロの管見でした。
(ヨーソロ)
【11/30 メールマガジン「軍事情報」より】
(*)メンバーは以下のとおりです。
南直哉([座長] 東京電力顧問)
竹河内捷次退役空将(日本航空インターナショナル常勤顧問・元統合幕僚会議議長)
五百旗頭真(防衛大学校長)
小島明(日本経済研究センター会長)
佐藤謙(世界平和研究所副会長・元防衛事務次官)
田中明彦(東大教授)
御厨貴(東大教授)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【4月7日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮斬首作戦、後は大統領の決意だけ!重要なのは情報収集と分析」永岩俊道元空将

 

記事を読む

【1月20日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「ついにトランプ新大統領就任!オバマ政権とはどう変わる?衝撃!中国の「海洋国土」理論とは!?」伊藤俊幸元呉地方総監・海将【チャンネルくらら】

記事を読む

【6月3日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米空母が朝鮮半島周辺に異例の複数展開!一触即発の事態!?デカップリングの危機に備えタブーなき核論議を!」織田邦男元空将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

読者様からいただいたメール

●毎週毎週 ホントに楽しみにしております。過日も投票 ちゃんと済ませました。最大級の賛辞の言葉を記し

記事を読む

【3月17日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「マサチューセッツ州ケンブリッジから渡部悦和元陸将ご出演!トランプ政権の動きと、対北朝鮮・中国政策の最新情報をお伝えします!」【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

毎回、楽しくメルマガを拝読させていただいております。

 太田文雄先生の著作が絶賛紹介されていてとても嬉しく思いました。  太田文雄先生の新刊は、国民の

記事を読む

no image

【10式戦車】2012年度富士総火演での雄姿

10(ヒトマル)式戦車のこの走行を見るだけで、わが軍事戦術能力はきわめて高度なレベルにあると

記事を読む

no image

シナがらみで気になることなど

(080225配信 メールマガジン「軍事情報」第332号(最新軍事情報)より) そういえば、昨年十一

記事を読む

【オリンピック自衛隊】本の中身をちらっと・・・

おはようございます、エンリケです。 最近は、渡邉さんの新刊「オリンピックと自衛隊」のは

記事を読む

【4月21日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米中は朝鮮半島で激突する~第二次朝鮮動乱が勃発か!?」福山隆元陸将 倉山満【チャンネルくらら】

 

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Comment

  1. 石破茂防衛大臣会見概要 より:


    11月30日防衛省発表 石破大臣会見概要  (9時35分~9時50分)

    来週月曜日に官邸で有識者会議の第一回目が行われると伺っています

  2. 軍事情報 より:


    防衛省キャリアの宿命

    でもこれは諸外国軍にも例のない暴論です


  3. […] 防衛省のキャリアとは正にこのとおりなのです。これ以上は先日の「内局部員」(*1)で書いたので繰り返しません。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑