*

米、ミサイル防衛システムを更新か

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 未分類

【120829 ジェーンズ】
米海軍が新たに採用した空対海作戦概念に伴い、ミサイル防衛システムも影響を受ける。
そのため以下のことが行われる模様。

1.アジア地域での、地上配備型SM-3ミサイル防衛システムの展開
2.フィリピンとわが国に対し、AN/TPY-2 Xバンドレーダーを各1基づつ追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

習近平被指偷開軍委會議 元老不滿

http://www.mingjingnews.com/2012/09/blog-post_8145

記事を読む

no image

[2ちゃんねる]【海外】イスラエル潜水艦が巡航ミサイルを発射…シリア政府軍のミサイル貯蔵庫を攻撃 英紙報道

1: きのこ記者φ ★ 2013/07/15(月) 14:22:19.63 ID:???0 1

記事を読む

「耳で読む本」オーディオブック: 「ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識」― 小名木善行

「耳で読む本」オーディオブック 「ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」

記事を読む

no image

平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について(131217 防衛省)

「幅広い後方支援能力の確立」「欧州との協力強化」「知的基盤強化」が目についた → 平成26年度以降に

記事を読む

no image

[2ちゃんねる]【沖縄】石垣に海自ミサイル艇 市民団体反発 自衛隊は台湾や中国との軍事的緊張増長 一方、歓迎も「離島防衛担う」[06/25]

1: 東京ロマンチカφ ★ 2013/06/25(火) 11:09:09.64 ID:???

記事を読む

no image

スペイン国国王及び同王妃殿下の京都ご訪問

先ずは、報告からです。去る11月13日に京都外国語大学をスペイン国国王及び 同王妃殿下がご訪問されま

記事を読む

no image

平成23年度「自衛隊の運用」 統合幕僚監部

ざっくりいえば統合幕僚監部は、日本国自衛隊の作戦用兵を司る機関。旧軍で言えば、参謀本部と軍令

記事を読む

no image

玉となりつつ砕けよや

Buenos dias. 米田です! 来る7月18日より衛星放送のWOWOWで米国HBO制作の『Th

記事を読む

no image

往生際のサイコロ

Buenos dias. 米田です! 本日、4月8日は、お釈迦様の誕生日をお祝いする「花祭り」の日で

記事を読む

no image

軍事情報はこんなところでもw

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑