*

山村明義:「劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史」

公開日: : 最終更新日:2017/02/01 おすすめの軍事本・書籍 , , , ,

こんにちは、エンリケです。

いい大人なのに、テレビやカメラの前で
白昼堂々と、妄想的な発言や罵詈雑言を行うのは、
圧倒的な割合でそのむかし「進歩派」とか「革新派」とか
呼ばれた左翼層が多いそうです。

実体験からもそういえますね。

軍事の分野にもそういう人は多いです。

愛国心だの科学性だの冷静さだのといったことを
やたらかさにかかって主張するタイプは大体そうです。

組織から抜けると殺される恐怖感から
そうやっているのでしょうが、そういう行動が、
自分を緩慢な自殺に追いやっていることに自ら気付いたほうが
残りの人生を有意義に過ごせると思います。

さてこの本は、
現代日本における左翼運動の歴史を包括的にまとめたものです。

わが国のマスメディアが反日活動に与していることは、
本メルマガやネットを見ている人には常識ですが、
ネットを通じて政治情報を得ている人って実は少数派です。

ネットを使うことと、ネットで政治情報を調べることは
全く別物なんです。
ですから反日活動や左翼の動きに安心してはいけない、
というのが私の考えです。

70代の人にとっては常識であっても20代にとっては初耳、
というケースは非常に多く、戦後日本の左翼活動の実像を
全く知らないまま、目先のあれやこれやに惑わされて人生を棒に振る
ケースが少なからず出ています。

そういうことにならないよう、
一人暮らしを始めるお子さんがいるとか、
結婚する子供がいるとか、

人生の節目で次の世代に引き継いでいってほしい本です。

大東亜戦争開戦に左翼がかかわっていたこと
日共の危険性
左翼反日組織を動かす原理
共産主義は破たんしたのになぜ共産党を名乗る反日団体が生き残れた?
粛清の原理

などなど、

左翼反日活動をめぐる種々知っておきたい事柄が
本著を読むだけで身につくわけで、
実にありがたく嬉しいですね。

何がありがたいかといえば、
プレゼントしやすいという点でです。

甥や姪、息子や娘、などなど、
愛する次世代たちに引き継ぐお守りとして
本著をおススメします。

エンリケ

劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史
山村明義 (著)
2016/3/26発行
http://amzn.to/2k90vuf

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

田母神俊雄:「不徳を恥じるも私心なし 冤罪獄中記」

こんにちは。エンリケです。 選挙資金の使い込み疑惑は「不起訴」。 いま進行中の裁判は「選挙違

記事を読む

no image

『自衛隊風雲録』 田母神俊雄

<「何故あなたは、テレビ朝日の報道を信じ、私たちが何ヶ月もかけて 縷々説明してきたことを信じないのか

記事を読む

B・ホイザー(著)、奥山真司、中谷 寛士(訳):「クラウゼヴィッツの「正しい読み方」 ー『戦争論』入門ー」

こんにちは。エンリケです。 クラウゼヴィッツは二人いた! この衝撃の事実を確認したい

記事を読む

余命チーム:「余命三年時事日記1・2、ハンドブック、外患誘致罪」

余命三年時事日記というブログがあります。 http://yh649490005.xsrv.jp/p

記事を読む

高橋秀幸:『空軍創設と組織のイノベーション–旧軍ではなぜ独立できなかったのか–』

三つの合理性 組織変革・改革を成功させるには、「三つの合理性」を確保する戦略が必要。 なかで

記事を読む

谷光太郎:「米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー]

こんにちは。エンリケです。 国家が総力を挙げて取り組むのが戦争で、 そのとき情報はすべてをつ

記事を読む

no image

平和の地政学 ~アメリカ世界戦略の原点~

■地政学への反感 わが国には、地政学という名前に生理的に反感を持つ学者やエリートが多いよ うです。

記事を読む

アーロン・フリードバーグ (著), 平山 茂敏 (監修):「アメリカの対中軍事戦略 エアシー・バトルの先にあるもの」

こんにちは、エンリケです。 「A2AD」 について詳しく知りたいなら、 この本がオ

記事を読む

村西とおる :『村西とおるがお答えします! ワガママな中国人とのナイスなお付き合い』

村西さんというと、月刊「Hanada」の花田さんが、 「この人の人生相談は、いま一番面白いよみもの

記事を読む

no image

【終了】 杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 特典付先行販売 締め切りは7/3

杉山穎男さんの新刊が、いよいよ出版されます! 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 (四六判

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑