*

北アフリカのイスラム系武装勢力の脅威、数年前と比べて格段に向上

こんにちは。エンリケです。

アルジェリア事件に関する菅原出さんのコメントをご紹介します。

「アラブの春」なるものは、誰にとっての春だったか?など、我が国では間違いなく見落とされている視点を得ることができます。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130121/242513/?P=1

(エンリケ)

追伸
菅原さんに代表される、我が国におけるアラブインテリジェンスは極めて高いレベルにあると感じますね。

菅原さんの最新刊
https://tinyurl.com/b9xu34q

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

非対称宗教戦争

サラディン(Wikipediaより)[/caption]From:ヨーソロ 米国は対イラク戦

記事を読む

no image

安倍晋三さんの街頭演説(120920)の模様

偏向したメディアをいくら見ても国家にかかわる重大事は把握できません。極力生の情報に接してください。

記事を読む

【10月28日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイル沈黙の理由は?衆院選後改憲勢力が8割に」伊藤俊幸元海将

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

no image

予備自衛官の招集

即応予備自衛官シンボルマーク[/caption]即自採用企業への雇用給付金制度  「即応予備自衛

記事を読む

no image

兵頭二十八 「日本人が知らない 軍事学の常識」 草思社

わたしには軍事センスがない・・・。と諦める前に! 軍事を身につけるのに、センスはほ

記事を読む

【自衛隊の情報戦】塚本勝一氏に聞く激動の終戦・戦後 [桜 H21/3/2]

塚本閣下のインタビュー。聞き手は大高美貴さんです。 その1 その2 その3

記事を読む

India’s Nuclear-Weapons Program: 5 Things You Need to Know

The National Intarest India's Nuclear-Weapons Pro

記事を読む

no image

もし、建国記念の日に、 こんなことが起こったらどうしますか?

防衛庁における情報勤務の中で、戦後日本を襲った各種危機に接したわが国が情報面でいかに対処

記事を読む

no image

中共の手になる反人道行動

記事を読む

no image

尖閣諸島が日本の領土であるという証拠の地図

【 https://twitter.com/isohan0521/status/2392486325

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑