*

陸上自衛隊東北方面隊

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 自衛隊情報 ,

東北方面隊(東北方面軍)は2個師団と13の方面直轄部隊及び機関を隷下に置き、侵略・自然災害等から東北6県の県民を守るため、管内13個駐屯地で約2万人の隊員が任務にあたっている。

東北方面隊(東北方面軍)の任務は東北6県を守ること。
そのため、予測できないが急にやってくる危機に対し、いつでも対応できる態勢を取ることが必要となる。危機管理のための最小限の備えとして、2個師団と13の方面直轄部隊を保有している。

これらの部隊の存在と、日々たゆまぬ訓練により実効性を高めることで、戦後60有余年にわたり外国からの侵略を未然に防止してきた。また、訓練で培われた実動能力や組織力は、東北大震災をはじめとする災害派遣や各種地域行事支援等において地域及び地域住民に大きく寄与している。

編成
東北方面隊(東北方面軍)は、中核となる方面総監および方面総監部を仙台に置き、神町第6師団、青森第9師団および、柴田第2施設団(工兵旅団)、東北方面混成団(混成旅団 仙台)、東北方面特科隊(砲兵隊 仙台)八戸第5高射特科群(高射砲兵連隊)、東北方面通信群(仙台 通信連隊)、東北方面航空隊(仙台)、東北方面後方支援隊(仙台)、東北方面衛生隊(仙台)、東北方面会計隊(仙台)、東北方面指揮所訓練支援隊(仙台)、東北方面情報処理隊(仙台)、東北方面総監部付隊(仙台)、東北方面音楽隊(仙台)などの部隊が、管内にある13の駐屯地および1つの分屯地で展開している。管内には6個の地方協力本部も配置されている。

特性
東北地方の防衛のみでなく、関東地方で有事が発生した場合、富士教導団と共に関東地方に出動する。いってみれば首都防衛の後詰めとしての役割を果たす。ちなみに、陸上総隊構想では、総隊司令部創設に伴う東部方面総監部廃止・第1師団の首都防衛集団への改編に伴い、東部方面総監隷下の第12旅団を東北方面総監隷下に移管する話がある。

略歴

1960年1月14日 方面総監部が仙台駐屯地で開庁。東北方面通信隊編成。
1964年3月 東北方面武器隊編成[1]。
1968年3月 東北方面通信隊が東北方面通信群に改編。
2006年3月27日 方面混成団、方面後方支援隊及び方面衛生隊を新編。
2008年3月26日 第305保安中隊を東北方面警務隊隷下に編成替え
同6月 岩手・宮城内陸地震災害派遣出動
2009年3月 方面情報処理隊を新編
2010年3月26日 第9師団を即応近代型師団に改編。第2特科群を東北方面特科隊に改編し、第4地対艦ミサイル連隊はその隷下に異動。
2011年3月14日~7月1日 東北地方太平洋沖地震対処にあたる陸海空10万人規模の災統合任務部隊を運用するため、東北方面総監・君塚陸将(陸軍中将)を長とする司令部機能「JTF-TH(Joint Task Force TOHOKU)」を編成。

【参考】
東北地方の帝国陸軍の管区は仙台鎮台管轄区域である第二軍管区として発足した。

鎮台が師団に改編されて後は、仙台第2師団が管轄する区域、即ち第二師管区であり、師管区が法制化されて初めての陸軍管区表では、青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県が第二師管区に属していた。

明治31年(1898年)に弘前第8師団が、1905年(明治38年)には高田第13師団が設置され、明治40年(1907年)の陸軍管区表では、青森県・岩手県・秋田県は第八師管区に、宮城県・福島県・山形県は第二師管区となり、新潟県は長野県と共に第十三師管区に移った。

大正14年(1925年)の宇垣軍縮に伴い宇都宮第13師団が廃止され、同年の管区表改正で山形県は第八師管区に移り、第八師管区は青森・岩手・秋田・山形の四県、第二師管区は宮城・福島・新潟の三県となった。

師管区の名称に地名を冠したのは昭和16年(1941年)8月5日の陸軍管区表(昭和16年軍令陸第20号)からで、第八師管区は弘前師管区、第二師管区は仙台師管区と名を変えた。

大東亜戦末期、絶対国防圏の要石とされたサイパンを失い、レイテ戦に失敗し、大本営は昭和20年(1945年)1月20日、本土(北海道、本州、四国、沖縄を除く九州)の維持を作戦目的とした「帝国陸海軍作戦計画大綱」を決定。本土に於ける軍の編制を根本的に改めた。

同年2月6日、東北地方を作戦地域として第11方面軍は編成された。
当初は防衛総司令部の指揮下に、その後4月8日には新設の第1総軍の指揮下に入り、連合国軍との本土決戦に備えたが、交戦することなくわが軍の無条件降伏となった。

なお、司令部は方面軍の創設から編成完結までの時間が短かったため、北海道東部の防衛を担任していた第27軍(2月1日付で廃止)の司令部要員を移駐させて編成された。

なお、第11方面軍司令官は東北軍管区司令官を兼ね、軍管区司令官としては天皇に直隷した。また、参謀長、参謀副長も、東北軍管区のそれを兼ねた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【12月23日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「織田邦男元空将再登場!自衛隊戦闘機が中国軍機に妨害弾?!中国の真の狙いは?」【チャンネルくらら】

記事を読む

【9月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイルJアラートで大嘘!コリア専門家と元官僚・今こそ核の議論を!ドイツの核シェアリングを

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

【12月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「元陸自・化学防護隊長が明かす日本のテロ対策の実態~そしてもう一つの顔は・・ゲスト石原ヒロアキ」【チャンネルくらら】

石原ヒロアキ漫画館

記事を読む

【5月27日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「風雲急を告げる朝鮮半島情勢」福山隆元陸将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

軍事情報記事(080421) 自衛隊:大臣補佐と助言

大臣補佐に関してよく見受けられる意見に、「シビリアンがおかしな事をす れば制服が助言すればよいではな

記事を読む

no image

統幕と各幕の訓練の線引き

取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の 原稿作成支援およびアドバ

記事を読む

【オリンピック自衛隊】知られざる自衛隊の栄光。 おまけつき

こんにちは、エンリケです。 五輪周りがなんだか騒がしくなってますね・・・ ち

記事を読む

no image

軍の神聖な重責と防衛省キャリアの宿命

肩章[/caption]キャリア制度とは?  キャリア制度は「広く浅く様々なポストを経験(渉猟)

記事を読む

no image

榊枝閣下の動画(改訂版)

090519の自衛隊ニュースで、 小平学校長兼ねる小平駐屯地司令 榊枝宗男陸将補の 将官として初の海

記事を読む

【3月24日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「東日本大震災~トモダチ作戦 気仙沼大島と米軍海兵隊の奇跡の“絆”」ロバート・エルドリッヂ博士【チャンネルくらら】

 

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑