*

陸上自衛隊15旅団

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 自衛隊情報 ,

第15旅団は、西部方面総監の隷下にあり、司令部を沖縄県那覇市の那覇駐屯地に置く。東西約1000km、南北約400kmという広大な海域に有人島50を含む160の島々をもつ沖縄地方の防衛警備・災害派遣などを任務とする。

編成
旅団は、中核となる旅団長と旅団司令部(那覇)、旅団司令部付隊(*1)(那覇)および以下部隊が、那覇駐屯地(沖縄県那覇市)および、八重瀬(沖縄県島尻郡八重瀬町)、白川(沖縄県沖縄市)、勝連(沖縄県うるま市)、知念(沖縄県南城市)、南与座(沖縄県島尻郡八重瀬町)の5個分屯地で展開している。

(*1)司令部の管理及び業務支援を任務とする旗本部隊。

那覇第51普通科(歩兵)連隊(3個普通科(歩兵)中隊基幹)、八重瀬第6高射特科群(高射砲兵連隊)、白川高射第323中隊、勝連高射第324中隊、知念高射第321中隊、南与座高射第326中隊、那覇第15飛行隊(航空自衛隊那覇基地内)、那覇第15偵察隊、那覇施設(工兵)第15中隊、那覇第15後方支援(輜重)隊、那覇第15通信隊、那覇第101不発弾処理隊、那覇第15音楽隊、那覇第15特殊武器防護隊

特性
中期防 (2005)に基づいて平成22年(2010年)3月26日、第1混成団に代わって編成された離島型旅団。南西諸島の地理的特性を踏まえ、ゲリラや特殊部隊による攻撃・NBC攻撃・島嶼部に対する侵略・大規模特殊災害等の新たな脅威や様々な事態に対し迅速かつ実効的に対応できる体制を構築する一環として編成された。第1混成団よりも高い対処能力を持つ。

略歴
昭和47年 臨時第1混成群編成(北熊本)。第6高射特科群編成、那覇駐屯地開設
昭和48年 第1混成団編成。与座(現八重瀬)、コザ(現白川)、勝連、知念、南与座分屯地を開設
平成22年 第1混成団廃止及び第15旅団編成

【参考】
現15旅団の担任地域は、帝国陸軍では熊本6師団(管轄区域:大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)が担任していた。

帝国陸軍第15師団は、日露戦争末期、師団総ての動員により本土駐留師団がなくなった事態を受け、明治38年(1905年)に創設された4個師団のひとつ。編成地は豊橋。

日露戦争後、講和条約で認められた朝鮮半島の警備に従事。大正14年(1925年)、いわゆる「宇垣軍縮」によって決まった4個師団廃止を受け、第13・第17・第18師団と共に廃止された。

第一次編成の第15師団の跡地には、近衛篤麿らの東亜同文会が設立した東亜同文書院の後裔である愛知大学(愛知県豊橋市町畑町)がある。

支那事変勃発後、三単位師団として再編成される。

昭和13年(1938年)4月4日に留守第16師団の担当で編成。支那大陸でわが占領地の治安維持にあたった。昭和18年(1943年)6月、第15軍(在ビルマ)に編入。インパール作戦に参加した。インパール作戦では作戦開始時1万5000名を越えた将兵の半数を失った。昭和18年末にはイラワジ会戦が行われたが、戦力を回復できぬまま戦闘加入。甚大な損害を蒙った。
1945年(昭和20年)8月タイに転進し同地で終戦を迎える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

わが海自

 

記事を読む

no image

榊枝閣下の動画(改訂版)

090519の自衛隊ニュースで、 小平学校長兼ねる小平駐屯地司令 榊枝宗男陸将補の 将官として初の海

記事を読む

no image

軍事情報  (空幕長・田母神空将クビに関連する投稿(4))

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★  軍事情報  (空幕長・田母

記事を読む

【7月1日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国軍機、空自機に攻撃動作?続報は?~『オリンピックと自衛隊』ライター渡邉陽子さん」【チャンネルくらら】

 

記事を読む

【8月5日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「蘇る翼F-2B~津波被災からの復活」小峯 隆生 【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

防衛省改革について

1.日本版NSC設置 この件について個人的には現総理が中国に配慮して引っ込めたと思っ ていましたが、

記事を読む

no image

防衛省の組織改革のこと

石破防衛相が非常に大胆な省内改革案を提案し、防衛省改革会議は中間答申を見 送りました。彼の案によれば

記事を読む

【7月8日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「知られざる海上自衛隊の歴史を、下薗輝昭前第2術科学校校長・元海将補にお聞きします!」【チャンネルくらら】

海自の歴史は、帝国海軍から途切れることなくつながっています。

記事を読む

【12月2日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「突如沸き起こった韓国朴槿恵の進退問題!裏にある勢力とは?!これから何が起きる?」ゲスト:福山隆元在韓防衛駐在官・陸将【チャンネルくらら】

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~

記事を読む

【6月10日配信】新番組!桜林美佐の国防ニュース最前線「宗像久男元陸将(元東北方面総監)をお迎えして~熊本地震と自衛隊災害派遣についてお聞きします」 【チャンネルくらら】

「みちのくアラート」はものすごいものだった!

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑