*

171106配信【戦う組織の意思決定入門(3)】 「作戦目標を定める」  堂下哲郎(元海将)

公開日: : 最終更新日:2017/11/06 軍事知識

もくじ

▼前回のふりかえり
▼「作戦目標」を定め「目標系列」を確認する
▼「目標系列」の失敗例と原因
▼目標の堅持と柔軟性について
▼使命達成クライテリアを設定する
▼ベトナム戦争の反省
▼「重心」を特定する
▼「イラクの自由作戦」における重心分析
▼重心の防護と攻撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【1月6日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「まもなく誕生トランプ新大統領!アメリカは引きこもるのか?米国政治とマハンの海上戦略」福山隆元陸将・倉山満【チャンネルくらら】

 

記事を読む

171204配信【戦う組織の意思決定入門(7)】 「作戦の立て方:独創的な発想は必要か?」  堂下哲郎(元海将)

もくじ □はじめに ▼前回のふりかえり ▼作戦計画を作る ▼作戦術と作戦設計 ▼「独創

記事を読む

指揮権とその継承とは

 「軍隊」は人々の歴史の中で最も古く自然発生した社会組織の一つで、軍事諸制度は各民族固有の風土と永い

記事を読む

【11月4日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「どうなる米大統領選、後門の狼アメリカに備えよ!中国有人ロケット海上民兵の脅威!駆け付け警護付与の問題点は?」用田和仁元西部方面総監」【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

伝統墨守 唯我独尊

■【質問:祇園さま】 3自衛隊を表現することばとしてよく使われる 陸:「用意周到・頑迷固陋」

記事を読む

no image

普通科?歩兵?

比較しましょう ●JGSDF’s 36th Infantry Regiment  訳語:陸上

記事を読む

【1月27日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「大国間の戦争はあるか?米中戦争、その時日本は必ず巻き込まれる!」渡部悦和元東部方面総監【チャンネルくらら】

記事を読む

【4月7日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮斬首作戦、後は大統領の決意だけ!重要なのは情報収集と分析」永岩俊道元空将

 

記事を読む

【7月22日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「南シナ海仲裁裁判で中国に厳しい判決!日本の領海を守ってきた最前線の元司令官が解説します!伊藤俊幸元海将(前呉地方総監)」【チャンネルくらら】

 

記事を読む

【7月15日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国が狙う尖閣諸島を自衛隊は守り切れるのか?宮下寿広元西部方面総監・陸将にお聞きします!」【チャンネルくらら】

現在の陸自には、宮古水道警備、尖閣警備に必要な射程を持つ装備が配備されていません。

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑