2009-01

おすすめの軍事本・書籍

斎藤吉久 『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか –宮中祭祀の危機–』

説得力があって、前提知識がなくてもわかりやすく読みやすい、それでいて中身のある文章をメルマガで拝読しつづけていたためか、斎藤さんがこれまで本を出されていなかったとは思いもよらないことでした。
歴史

斎藤吉久 『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか –宮中祭祀の危機–』

昨日 天皇陛下のご負担軽減のためと称し、宮中祭祀の一部を東宮殿下と役人に代替させる方針が発表されました。二月からスタートするそうです。 報道ではそれが新嘗祭なのかどうかはわかりませんでしたが、東宮殿下が何を代替されるのか。詳しいところを知り...
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第18講】 スペイン語学とゲリラ(非対称戦)

みなさんは、実際の生活なり、闘争なりに自分のために(また、愛する人を守るため、恩義に報いるため、お人好しのことでも敢えてやらねばならないその時のために)戦略や情報を人生に応用し、幾つかの小さな勝利や成功を獲得したり、一つのことを達成し、それらを次々に積み重ねて行き、最後にほほえみたい・・・というのがみなさんの本音とするところでありましょう
日本の軍事情報

田母神さんの講演情報(2009/3/22)

入場料は無料ですが全席指定です。予約受付は2009/1/18からスタートします。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第17講】 スペイン語学へのいざない

解説する前に、「言語というものは一体どのようなものなのか?」その正体についての観察から始めることといたしましょう。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第16講】 スペイン語とはどういう言語か

スペイン語を学べば、文法や語彙が殆ど同じで、薩摩の人が常陸の人の方言を学ぶに等しいような多くのロマンス諸語と「ローマの世界」=欧米人を知ることにつながっていること(システム思考で考える習慣)をここで確認してください。
RSS