日の丸父さん

2019年2月11日

「軍事シミュレーション漫画『ブラックプリンセス魔鬼』(全10巻)を描き上げて、軍事に対する自分の思いはある程度表現できたかなと思っていたのですが、なにか物足りなさがありました。

それは、国防に携わる人々の日常生活が描かれていないことです。

ストーリー上あえて描かなかったのですが、それならば別に自衛官の日常を描いてみようと思いました。最近自衛隊に対する認識が徐々に高まってきて、自衛隊をテーマにした漫画が増えてきましたが、自衛官が直接描いた生の自衛隊漫画はあまり見かけません。しかし業務の内容は守秘義務が多くて細部は描けません。そこで家族を中心のコメディタッチの話を考えました。

ここにはごく普通の家族がいます。ごく普通の生活があります。
でも何か事があれば家族も巻き込まれていく、そして大変な思いをします。
そこから自衛隊の仕事の大変さを理解し、一種独特の雰囲気を感じて
いただけたらと思います。

コメディタッチなので、話は固くなりません。笑いながら時々ほろっとしていただけたら幸いです。
なお、メルマガではエッセイをお届けし、それに合わせた漫画は電子書籍版をお読みいただければと思います。これまでにない新しい試みです。」(石原ヒロアキ)

テーマは「自衛官の日常」で、漫画はほんわかほろりのコメディータッチです。固い話はなしです。
実は漫画もエッセイも同じ方が創っています。

魅力的な漫画とエッセイの両立ができる書き手はそういません。
著者の元一等陸佐[陸軍大佐] 石原ヒロアキさんは、それができる数少ないおひとりです。
エッセイだけでも漫画だけでも、この連載を読む醍醐味は味わえません。
メルマガでエッセイを読んだら最後にあるリンクをクリックして、漫画をご覧ください。

過去の記事はコチラです。↓
https://okigunnji.com/url/4/

Posted by yamasakura2019