メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

180117配信【驚くほどよくわかる防衛論(13)】 市川文一(元陸将補)

time 2018/01/17

180117配信【驚くほどよくわかる防衛論(13)】 市川文一(元陸将補)

もくじ

□はじめに

▼日本における集団的自衛権の議論がわかりにくい理由
▼日本がアメリカに対して必要な集団的自衛権行使とは何か?
▼驚くほどよくわかる防衛論の総括

【発行人エンリケの一言】

今日の記事の冒頭には、

<勝者が敗者を裁き、勝者が正義であり、敗者は悪であると歴史を
ねつ造することは、日本も含めた、世界各国で行なわれているこ
とです。>

との一文があります。こういう意識を日本人は持った方がいいと
思います。大東亜戦争敗戦後のわが国で行われたことは、古今東
西どこにでもあったことで、わが国だけが悲劇の主人公という見
方に私は与しません。

日下公人先生も同様のことをおっしゃってますが、
わが国を攻撃する情報戦を仕掛けられたら、立ち向かって徹底的に
戦えばいいのです。わが国を弱体化しようとしている外国に寸託し
て、立ち向かう恐怖から逃げ、逃げていることを隠そうとして言い
訳に終始して現在に至る戦後日本のヘタレさ、ここに最大の問題が
あるのです。

多くの国は戦争に負けた後、わが国と同じようなことをされてい
ますが、わが国ほど国家の質が地に落ちてしまった例はないと思
います。

歴史から学ぶ習慣を持つ国々は、戦争に慣れている、負けることに
慣れている、だから負け犬にならないんです。

本文でも、
市川さんのきょうの文に接し、共感するところ大きかったです。

・戦争学の真剣な研究がわが国朝野で行われていない。
・わが国における防衛や安保言論は、いつも極端な形でしか行わ
れない。(ex:「意思」や「細部」に議論が集中して収拾がつか
ない)
・軍事、防衛、安全保障に関して、基礎の基礎からの知識を得る
機会が圧倒的に不足しており、基礎の基礎の部分の知的土台が欠
落している。

わが国は全体主義独裁国家ではなく、階級社会でもありません。
国防を達成するための防衛政策を実現し、育んでいくのは我々一
般国民しかいません。勘違いしてはいけません。我々の意思を形
にするのが政治家です。

防衛や国際関係の基礎の基礎となる常識レベルのことだけは身に
つけておく必要が日本国民にはある、ということだけ、声を大に
してお伝えしておきます。

エンリケ


down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

自己紹介

おき軍事

おき軍事

軍事に関する歴史から技術、戦略・指揮統率、こぼれ話、今の自衛隊事情、インテリジェンス、そして軍事英語まで。軍事に関わる全てのことがらをカバーしている日本唯一の無料総合軍事メルマガです。配信はほぼ毎日。 執筆者は、将軍、提督、元米軍士官、軍制史の権威、ベテランライター、インテリジェンスのプロ、防衛問題研究家など。20年の歴史を持つメルマガならではの、他では得られない粒ぞろいの陣容です。 冷戦構造の崩壊を契機に、千年に一度レベルの大激動時代に入った世界でわが国がサバイバルするには、国民レベルで「現代の武」をわきまえておく必要があります。 それに資する情報を無料で伝えています。

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

『日の丸父さん』石原ヒロアキ


「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

メルマガ登録

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー