*

180117配信【驚くほどよくわかる防衛論(13)】 市川文一(元陸将補)

公開日: : 最終更新日:2018/01/17 軍事知識 , ,

もくじ

□はじめに

▼日本における集団的自衛権の議論がわかりにくい理由
▼日本がアメリカに対して必要な集団的自衛権行使とは何か?
▼驚くほどよくわかる防衛論の総括

【発行人エンリケの一言】

今日の記事の冒頭には、

<勝者が敗者を裁き、勝者が正義であり、敗者は悪であると歴史を
ねつ造することは、日本も含めた、世界各国で行なわれているこ
とです。>

との一文があります。こういう意識を日本人は持った方がいいと
思います。大東亜戦争敗戦後のわが国で行われたことは、古今東
西どこにでもあったことで、わが国だけが悲劇の主人公という見
方に私は与しません。

日下公人先生も同様のことをおっしゃってますが、
わが国を攻撃する情報戦を仕掛けられたら、立ち向かって徹底的に
戦えばいいのです。わが国を弱体化しようとしている外国に寸託し
て、立ち向かう恐怖から逃げ、逃げていることを隠そうとして言い
訳に終始して現在に至る戦後日本のヘタレさ、ここに最大の問題が
あるのです。

多くの国は戦争に負けた後、わが国と同じようなことをされてい
ますが、わが国ほど国家の質が地に落ちてしまった例はないと思
います。

歴史から学ぶ習慣を持つ国々は、戦争に慣れている、負けることに
慣れている、だから負け犬にならないんです。

本文でも、
市川さんのきょうの文に接し、共感するところ大きかったです。

・戦争学の真剣な研究がわが国朝野で行われていない。
・わが国における防衛や安保言論は、いつも極端な形でしか行わ
れない。(ex:「意思」や「細部」に議論が集中して収拾がつか
ない)
・軍事、防衛、安全保障に関して、基礎の基礎からの知識を得る
機会が圧倒的に不足しており、基礎の基礎の部分の知的土台が欠
落している。

わが国は全体主義独裁国家ではなく、階級社会でもありません。
国防を達成するための防衛政策を実現し、育んでいくのは我々一
般国民しかいません。勘違いしてはいけません。我々の意思を形
にするのが政治家です。

防衛や国際関係の基礎の基礎となる常識レベルのことだけは身に
つけておく必要が日本国民にはある、ということだけ、声を大に
してお伝えしておきます。

エンリケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

陸上総隊構想と方面隊廃止論から日本人が学ぶべきこと

100215配信 軍事情報420号より 0907時点で、次のような陸自の構想が新聞を通じて明ら

記事を読む

【11月4日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「どうなる米大統領選、後門の狼アメリカに備えよ!中国有人ロケット海上民兵の脅威!駆け付け警護付与の問題点は?」用田和仁元西部方面総監」【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

平成25年版 防衛白書

平成25年版 防衛白書は、ネット上でも読めます。 PDF版もありますが、読むだけならこちらで十分で

記事を読む

171122配信【驚くほどよくわかる防衛論(7)】 市川文一(元陸将補)

もくじ □はじめに ▼核兵器の凄まじい破壊力のため、逆に核抑止が働かないジレンマ ▼核

記事を読む

【7月8日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ICBM発射で米国は次の段階へ?トランプツイッターは伏線!?米・北のスパイ情報を明かす!」福山隆元陸将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

BMD対処の実際

ミサイル防衛は時間との戦いです。コンピュータは瞬時に結果を出しますが、人間はそうはいきません。そこで

記事を読む

【9月23日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「参議院外交防衛委員長佐藤正久議員に「いよいよ実施?!自衛隊の駆け付け警護」についてお聞きしました」【チャンネルくらら】

高校生にも読んでほしい安全保障の授業 佐藤 正久 (著)

記事を読む

【5月20日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米艦防護は間違い・北朝鮮再度ミサイル実験・ハリス米太平洋軍司令官の来日と航行の自由作戦の実態とは?」伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

【7月1日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国、ロシアの脅威に米国はどう対抗する?!最新軍事技術ドローン、レーザー兵器の実用化が目前に!」小野田治元空将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

正規軍とは?

【質問】 『「正規軍」についてなのですが、我が自衛隊もジュネーブ条約の対象となる正規軍か危なそうな

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑