メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

軍事情報記事(080421) 自衛隊:領空侵犯対処行動は極めて特殊な例外

time 2008/04/26

自衛隊が「自衛隊法という国内法の枠内でのみ」行動が許された「おかしな
軍隊」であるよう強いられている事実は、すでに皆さんご承知おきのことです。
このことが自衛隊の行動から軍事合理性を奪い、時節に合わない出動を強いら
れ、自衛隊が最善を尽くしても「当てにならない」という悪印象を国民に与え
るハメになっていることも、十分にご理解頂いているはずです。(ですよね?)
この話を出すと常に引き合いに出されることは「領空侵犯への空自の対処」です。
以下に説明しますね。(ヨイショっと)
「領空侵犯対処行動」は例外的に、部隊最高位指揮官である航空総隊司令官、
および各航空方面隊司令官に権限が委任されているものです。
そのため軍事合理性に基く用兵が可能です。
おそらくBMD統合任務部隊に対しても同様の委任が行われるでしょう。
理由は、「対処に当たって時間的に余裕がない問題」だからです。
そのため、「例外的に」認められているというだけの話に過ぎません。
「特殊を見て全体を判断してはならない」(城野宏)という言葉にもあるとおり、
領空侵犯対処作戦への権限委任が「極めて特殊な例」であるにもかかわらず、
これが全自衛隊で普通に行なわれていると考える傾向はいささか困ったこと
といえます。
なぜ、北鮮工作船対処に海保が出ざるを得なかったのでしょうか?
(そういえばこの件では、海保の人から「何で俺達が出るんだ?殺す気か!」
という、竜ちゃんも真っ青の本音吐露メールをいただいたことがありましたね)
これは、「海上警備行動」(海上警備作戦)に関する委任が海自に出され
ていなかったためです。同様のことは陸自にも当てはまることでしょう。
思うのですが、
なんでもかんでも法律の枠内で解決できると信仰するのは結構です。
わが国には「信教の自由」(?)がありますから。
でも、その付けを結局、
自衛隊中枢・部隊(海保の現場や警察の現場もそうかな?)、ひいては国民に
回す悪い癖だけは、今すぐにでも直していただきたい。


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 

自己紹介

おき軍事

おき軍事

軍事に関する歴史から技術、戦略・指揮統率、こぼれ話、今の自衛隊事情、インテリジェンス、そして軍事英語まで。軍事に関わる全てのことがらをカバーしている日本唯一の無料総合軍事メルマガです。配信はほぼ毎日。 執筆者は、将軍、提督、元米軍士官、軍制史の権威、ベテランライター、インテリジェンスのプロ、防衛問題研究家など。20年の歴史を持つメルマガならではの、他では得られない粒ぞろいの陣容です。 冷戦構造の崩壊を契機に、千年に一度レベルの大激動時代に入った世界でわが国がサバイバルするには、国民レベルで「現代の武」をわきまえておく必要があります。 それに資する情報を無料で伝えています。

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

『日の丸父さん』石原ヒロアキ


「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

メルマガ登録

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon