2018-10

堂下哲郎

【戦う組織のリーダーシップ─今に生きる海軍先輩の教え─(10)】 「海軍こぼれ話(2)海軍大佐はなぜ四本線か?」 堂下哲郎(元海将)

181022配信 【戦う組織のリーダーシップ─今に生きる海軍先輩の教え─(10)】 「海軍こぼれ話(2)海軍大佐はなぜ四本線か?」 堂下哲郎 の目次です。 □はじめに ▼『マスター・アンド・コマンダー』? ▼配置・職務から階級へ ▼制服の制...
国防ニュース最前線

【10月20日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「日本がようやく大人の国に?南シナ海で対潜戦訓練の意味」伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

・「南シナ海で対潜戦訓練」ニュース公表の本当の意味とは? ・潜水艦乗員に女性自衛官登用へ?
おすすめの軍事本・書籍

『日米中激突! 南沙戦争』 石原ヒロアキ(著)

石原ヒロアキさんの 『日米中激突! 南沙戦争』 ストーリーの概略はつぎのとおり。 2023年、 南シナ海で、日米共同開発の無人攻撃型潜水艦の試験を行っていた 米ミサイル駆逐艦が、中共軍の新型対艦ミサイルにより撃沈。 (技術奇襲)、 生存者...
インテリジェンス

【裏切りのスパイ戦(4)】 「金正男暗殺事件」 山中祥三(インテリジェンス研究家)

181017配信 『裏切りのスパイ戦(4)』ー金正男暗殺事件ー の目次です ▼金正男暗殺実行 ▼作戦における役割分担 ▼暗殺実行までのタイムライン ▼なぜマレーシアのしかも空港で暗殺が行なわれたか? ▼殺害手段のVX ▼北朝鮮による国家ぐる...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

我が道は万物の根源 前編 【CGS 家村和幸 闘戦経 第3回】

前回、神々は宇宙を創造されました。 そして次に地球が創られます。科学的に証明されている地球の成り立ちと古事記に記されているものは同じだということが分かります。 具体的にはどのように地球はできたのでしょうか? お話していただきました。 ...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

我が道は万物の根源 後編 【CGS 家村和幸 闘戦経 第4回】

今回は前回の続きになります。 今回も前回に引き続き古事記を読み解き、地球の成り立ちをお話していただきました。 古代の人々はどのようにして地球の成り立ちを理解していたのでしょうか? お話していただきました。 ------------...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

天地の初め 【CGS 家村和幸 闘戦経 第2回】

今回は、天地を創造した神々のお話となります。 日本には様々な神がおり、様々な現象は神の御業とされています。 世界はどのようにして生まれたのか? また、皆さんが当たり前のように行っていることにも神の名前が付いています。 --------...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

天地に先だつ神武 【CGS家村和幸 闘戦経 第1回】

「じっくり学ぼう!」最新シリーズは「世界と日本の戦争史」でおなじみの家村和幸先生と共に平安時代に成立したとされる兵法書「闘戦経」について学んでいきます。 初回となる今回は「闘戦経」の基礎知識、そしてすべての入口となる『神武』についてのお...
インテリジェンス

「ひとりがたり日下公人」#2 お金と価値の話→糖尿病患者として→奨学金→紫電改・中島飛行機→理想の年収ほか

「お金2.0」という本が卓上に置かれていますが、お金や価値といったものについてあらためて先生に伺ってみたところ、話は予定外のところへ進んで行きました。これもまた「日下公人のひとりがたり」ということでご容赦いただけますと幸いですm(_ _...
おすすめの軍事本・書籍

『作戦司令部の意思決定 ー米軍統合ドクトリンで勝利するー』 堂下哲郎(著)

「難しい内容をかみ砕き、例示も豊富、コンパクトにまとまっている」 「早速、大学の授業で活用、図書館にも入れさせてもらいました。経営戦略、組織コミュニケーションにも有益な内容です。」 「作戦を組立てる側から理解でき目から鱗でした。防衛、外交...
国防ニュース最前線

【10月6日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「イージス・アショアは再検討するべき~装備品老朽化で災害派遣に支障が出る!?」市川文一元武器学校長【チャンネルくらら】

猫でもわかる防衛論
RSS