第25戦闘団冬季訓練検閲(3)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第25戦闘団冬季訓練検閲(3)

3月6日、1230に情報小隊がスキー行進を開始。その2時間後
に1中隊、30分後に3中隊がスタートしたところで状況開始と
なりました。

 

そこからは10分刻みで4中隊、戦闘団司令部、重迫中隊、本部
管理中隊と続き、しんがりの2中隊が行進を開始したのは1550。

 

演習場内の装輪道及び装軌道車道が並行している区間は装輪
道を使用、ただし除雪状況によりスキー行進に適さない路面状
態の場合は、受閲部隊長の統制で装軌道車道を使用可能という
設定です。

 

敵の脅威下での行進における部隊の基本的行動及び隊員の基礎
動作を検するため、行進中にも敵の遊撃部隊による伏撃が行われ
ました。

 

しかも行進も終盤の夜中、最初から容赦ない状況が付加されてい
ます。

 

25戦闘団が5カ所の統制点を経て分進点に到達したのは、情報
小隊が翌日0100過ぎ、2中隊は0400を過ぎていました。

 

戦闘団長から防御準備命令が下達された後は敵の航空偵察を
しのぎつつ、7日は終始陣地の構築に費やされました。陣地の構築
とは、基本的にひたすら「穴掘り」です。

 

 

8日になると、いよいよ対抗部隊も積極的に仕掛けてくるようになり
ました。

 

0700にはケミカル弾による航空攻撃を行うという設定で、戦闘機役
のOH-6Dが準備を進めています。隊員が赤い布を地面に打ち付け
ている見慣れない光景に何の意味か尋ねると、2師団の広報室長
が「色の付いた固定物があると、離陸の際に姿勢や方向を決める
助けになります」と教えてくれました。

 

確かに周囲は白一色の世界です。けれど吹雪いているわけでもなく
視界は確保されており、すぐそばの小高い丘も目印にもなるでしょう。
なぜわざわざと思っていたのですが、ローターやスキッドに積もった
雪を払うためにOH-6Dがホバリングを始めると、すぐにそのわけが
わかりました。

 

小型の観測ヘリながら、ローターが引き起こす猛烈な風と湿気を含ま
ないパウダースノーがタッグを組むと、周囲は完全にホワイトアウト。
何ひとつ見えないどころか、まっすぐ立っているのも、呼吸をすること
すら難しいほどの風雪です。広報室長いわく、猛吹雪で生じるホワイ
トアウトもこれと全く同じ状態とのことです。

 

 

OH-6Dの離陸を見届けてから、25戦闘団のCP(指揮所)構築現場
に向かいました。

 

外壁には雪に砂を混ぜて水で凍結させたアイスクリートを使用してい
ます。これはコンクリート並みの強度を誇る優れもので、小銃を連発
されるとさすがにくだけますが、1発当たった程度ではひびが入るだ
けで貫通することはありません。

 

四角く削られたアイスクリートを積み重ねた外壁の内側は、断熱材
とべニヤ板で居住性を考慮した造りです。夏は断熱材が不要なので
ライナープレートで壁を覆えば済みますが、冬は防寒対策を施す分、
工程が増えます。

 

作業しているのは本管中隊施設作業小隊で、CP構築には2師団の
中でもかなりのこだわりを持っている部隊だとか。ほかの部隊の場合、
機能だけでなく見た目や居住性をもここまで考慮した作り込みは、手
間がかかるだけになかなかしないのだそうです。

 

次回はCP内部の様子についてなどもご紹介します。

 

 

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

(平成26年(2014年)11月27日配信)

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

第25戦闘団冬季訓練検閲(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(2014/11/23配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(2) (2014/11/20配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(4) (平成26年(西暦2014年) 12月3日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(5)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(5) (平成26年(2014年)12月11日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(6)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(6) (平成26年(2014年)12月18日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(7)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(7) (平成26年(2014年)12月25日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(8)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(8) (平成27年(2015年)1月8日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(9)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(9) (平成27年(2015年)1月15日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(11)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(11) (平成27年(2015年)1月29日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(10)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(10) (平成27年(2015年)1月22日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(12)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(12) (平成27年(2015年)2月5日配信)です。
第25戦闘団冬季訓練検閲(13)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 第25戦闘団冬季訓練検閲(13) (平成27年(2015年)2月12日配信)です。