警戒航空隊(7)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

警戒航空隊(7)

早期警戒機、E-2Cのクルーは5名です。
E-2Cの役割は多岐にわたることは先週も
書きましたが、おさらいしておきますね。

 

まずはE-2C導入の最大の目的であった、
地上レーダーで捕捉しきれない低空侵入機の
早期発見(「第2のベレンコ中尉」を二度と出し
てはいけません)。

 

そしてその対処の迅速化、陸・海部隊との作戦
連携、捜索・救難・指揮の円滑化、陸上レーダ
ーサイト機能の代替、通信の中継など、航空
作戦を効果的に遂行する使命を担っています
が、最大の任務はやはり警戒監視です。そのた
めレーダーサイトの機能をそのまま上空に運び、
監視機能を強化しています。

 

 

幹部自衛官が就く機上要撃管制はE-2Cに搭乗し、
DCの要撃管制と同様、要撃機パイロットなどに目標
のコースやスピードなどの戦術情報を提供します。
警戒管制員は地上のレーダーサイトと同様、ほん
のわずかな異常も見逃さずに監視する、まさに
E-2Cの目の役割を果たします。

 

 

パイロットは他機種からの転換組が少なくありま
せん。私が取材したパイロットも、もとはF-4戦闘機
のパイロットでした。E-2Cとは違う形で対領空侵犯
措置に関わっていたわけですね。

 

20年ほどファイターとして経験を積み、肉体的に
そろそろ限界が近づいてきたのを感じたとき、次に
操縦したいと思ったのがE-2Cだったそうです。

 

初めてE-2Cで離陸したとき、その扱いにくさに衝撃を
受けたといいます。機体に対して出力が大きいエンジ
ンの上にプロペラのジャイロ効果などもあって、まっす
ぐ進ませるのにも苦労したとか。これまで空を飛んで
きた経験は何だったんだろうとショックを受けたものの、
今では扱いにくい機体を乗りこなすおもしろさを感じて
いるそうです。

 

F-4は相手の近くまで行く、E-2CはF-4へ提供するた
めの情報を集めると、上空での任務は違いますが、対
領侵への思いは変わらないとのことでした。自分に与
えられた任務をしっかりこなして領空を守る、それだけ
だと。ただF-4のクルー2名に対してE-2Cは5名と、そう
いう点では責任も増し、平時でも頻繁に実任務につくこ
との多いE-2Cパイロットの仕事は充実していると話し
てくれました。

 

 

バッククルーの機上要撃管制と警戒管制は、決して広い
とはいえないコックピット背後に3名乗り込み、レーダー
サイトと同様の仕事を行います。

 

ぎゅうぎゅうの環境で地上と同じ機能を発揮しなければ
ならないのは、なかなか大変です。しかも機上整備員が
いないので、電子機器にトラブルが発生した場合、地上
ならば専門の隊員が対処してくれますが、上空では自分
たちで何とかしないといけません。

 

さらに気象に左右されることが、レーダーサイトやDCとの
大きな違いでしょう。夏、地上が30度超えのときに機内に
行くと、まだ空調が入ってないので40度近くなっています。
その中でクルー5名が、汗まみれで機材を立ち上げ離陸
するわけです。上空に上がると今度は汗が引いて寒くなる、
この繰り返し。この寒暖の差はかなり堪えるそうです。

 

冬は吹雪のなか航空機まで行き、凍るような機内でかじかむ
手をなだめつつ機材を立ち上げる。これは地上の警戒管制
員にはない苦労ですが、取材した隊員は「苦労とやりがいは
紙一重」と笑っていました。

 

次回で警戒航空隊の連載は最終回です。

 

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

(平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月30日配信)

 





「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました
自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。すごいです地本。
「PANZER」6月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第26回が掲載されました。
2011年3月11日、東北地方でM9.0の巨大地震が発生。19日までに救助された被災者総数約2万7000名のうち約2万名を自衛隊が救助(約1万5000名は陸自による)。発災後72時間以内に自衛隊が救出した人は1万2351名でした。阪神淡路大震災での救助実績が警察3495名、消防1387名、自衛隊165名だったことを考えれば、初動が「命」に直結していることを改めて思い知らされます。その背景には火箱氏の処分覚悟の決断がありました。
「正論」6月号に「われらの女性自衛官」第3回が掲載されました。
今回は即応予備自衛官1期生。現役の自衛官時代よりはるかに長い時間、即応予備自として「いざ」に備えてきました。そして東日本大震災では自宅が半壊状態でありながら、招集に迷うことなく応じました。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

警戒航空隊(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊 (1) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年) 9月18日配信)です。
警戒航空隊(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(2) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年) 9月25日配信)です。
警戒航空隊(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(3) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年) 10月2日配信)です。
警戒航空隊(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(4) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月9日配信)です。
警戒航空隊(5)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(5) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月16日配信)です。
警戒航空隊(6)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(6) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月23日配信)です。
警戒航空隊(8)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(8) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)11月6日配信)です。