警戒航空隊(5)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

警戒航空隊(5)

ある日の0700、約30名が集まった一室でブリーフィングが
始まりました。衛星写真や天気図を用いての気象報告や
AWACSの整備状況、そして本日の飛行計画などがそれ
ぞれの担当者から説明されます。

 

ブリーフィングが終わり外へ出てみると、ちょうどAWACSが
エプロンに運ばれてくるところでした。これから給油やPRと
呼ばれる飛行前点検が約1時間かけて行われます。

 

整備が終わる頃、AWACSに搭乗するミッションクルーが整然
とやってきました。こういう何気ない動きがきっちり決まって絵に
なります。

 

その中でひとり、重そうな荷物を抱えてタラップを上がっていく
隊員がいます。彼が持っていたのは長時間フライトの必需品、
ポットに入った暖かいコーヒーでした。ちなみにAWACSの一番
後ろには民間機と同じギャレーがあって、フライトが長いときは
そこで食事を解凍したりします。

 

 

2006年に統合運用がスタートして以来、AWACSは陸・海・空
統合運用の象徴と言われてきました。

 

たとえば、不審船に対処するという事例で考えてみると、船舶
に対しては海上自衛隊の艦艇が、武装した工作員などの上陸
には陸上自衛隊が備えます。そして航空自衛隊は、このAWACS
で不審船周辺の航空機情報などを収集する、といった具合です。

 

BMD(弾道ミサイル防衛)についても、AWACSは警戒監視や
指揮・通信の統合運用でカギとなる存在です。このように、いつ、
どこにおいても共同で作戦を遂行する立場にあります。

 

それは隊員の士気の高揚につながる一方で、どんなミスも許さ
れない厳しい環境下に置かれていることを意味しています。しかも
上空を長時間監視するというのは、集中力を維持することが難しい
単調な作業です。しかし、実際には一度として同じ日などありません。

 

警戒航空隊員としての誇りをどんなときに感じるかという話に
なったとき、ある隊員が「国民の知らないところで日本を守って
いること」と言いました。少し古い話になりますが、2002年の
日韓ワールドカップ開催時、AWACSは警戒のために日本の
上空を常時飛んでいたのだそうです。隊員はその時のミッション
クルーでした。青色のユニフォームを着たサポーターたちは、
上空にいるAWACSの存在など知る由もないけれど、われわれ
は人に知られることなく寡黙に上空を警戒して回っている。
それが誇りなのだと言うのです。自衛官はこういう人が本当に多いです。

 

きっと2020年の東京五輪でもAWACSは上空で警戒管制を行う
はずです。勝手な想像ですが、五輪の開会式会場上空をブルー
インパルスが飛ぶ可能性は高く、その華やかな飛行に多くの人
が歓声を上げることでしょう。でも、そのもっともっと上空に、間違い
なくAWACSもいるのです。

 

次回は空飛ぶレーダーサイト、E-2Cについてご紹介します。

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

(平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月16日配信)

 





「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました
自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。すごいです地本。
「PANZER」6月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第26回が掲載されました。
2011年3月11日、東北地方でM9.0の巨大地震が発生。19日までに救助された被災者総数約2万7000名のうち約2万名を自衛隊が救助(約1万5000名は陸自による)。発災後72時間以内に自衛隊が救出した人は1万2351名でした。阪神淡路大震災での救助実績が警察3495名、消防1387名、自衛隊165名だったことを考えれば、初動が「命」に直結していることを改めて思い知らされます。その背景には火箱氏の処分覚悟の決断がありました。
「正論」6月号に「われらの女性自衛官」第3回が掲載されました。
今回は即応予備自衛官1期生。現役の自衛官時代よりはるかに長い時間、即応予備自として「いざ」に備えてきました。そして東日本大震災では自宅が半壊状態でありながら、招集に迷うことなく応じました。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

警戒航空隊(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊 (1) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年) 9月18日配信)です。
警戒航空隊(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(2) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年) 9月25日配信)です。
警戒航空隊(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(3) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年) 10月2日配信)です。
警戒航空隊(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(4) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月9日配信)です。
警戒航空隊(6)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(6) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月23日配信)です。
警戒航空隊(7)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(7) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)10月30日配信)です。
警戒航空隊(8)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 警戒航空隊(8) (平成26年(西暦2014年 皇紀2674年)11月6日配信)です。