第2師団集合教育「レンジャー」(4)

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第2師団集合教育「レンジャー」(4)

第2師団集合教育「レンジャー」 04

 

翌日、こちらの杞憂をよそに学生たちは息を吹き返していました。
足元の悪い山中での戦闘もこなし、視察に訪れた第2師団長富樫勇一陸将からの熱い声援にも(ごく一部の学生を除いて)しっかり応え、重い装備品を受け持っていた隊員も崩れ落ちることはありませんでした。
この後は最後の山場で、5時間かけて山中を長距離離脱、ピヤシリスキー場を経て、さらに12キロを12時間かけて移動します。
山中で日没を迎え漆黒の闇の中を進み、そして山中で日の出を迎えれば、ついに状況終了、レンジャー訓練が終わりを迎えます。

 

すでに名寄駐屯地の花道には原隊の同僚たちや家族が待ち構え、旭川駐屯地からやってきた第2音楽隊の演奏が場を盛り上げます。
そして学生たちが最後の力を振り絞って駆け足でやってくると、音楽と爆竹と歓声と学生たちの「レンジャー!」のかけ声で、おめでたい空気が一気に盛り上がりました。学生も体力的は限界のはずですが、最終想定をやりきった達成感とこの光景を目の当たりにしてアドレナリンが出まくっているのでしょう、一昨日はもう1歩も歩けないという状態だった学生も隊列を乱さず花道を進んでいきます。

 

帰還式で山ア3連隊長からレンジャー徽章を授与され、コロナ禍ゆえ声はかけない代わりに肩をぼんと叩かれます。
さらに主任教官の前澤制覇1尉からも1人ひとりにバッジを渡されると、感極まった学生の目から涙があふれました。
全教官・助教とあいさつを交わす際は、あれほど鬼のような指導をしていた教官や助教の目も真っ赤になっています(ここは取材する側も鼻の奥がツーンときました)。
鉄帽をぽんぽんと叩く手はどこまでもやさしく、「よく頑張ったな」「ほんとえらいぞお前」と、訓練中は一度たりとも見せることがなかった笑顔を惜しげなく見せていました。

 

そして「頑張ってこい!」と送り出してくれた原隊の同僚も、休日にも関わらず差し入れを手にかけつけ祝福してくれました。あれだけ水分を欲していた体に「水分・炭酸・甘い」の3要素を満たしているコーラはどれほど沁みたことでしょう。スナック、インスタント焼きそば、コロッケ、スイカを丸ごと(ブルーシートまで持参してそのうえで学生に叩き割らせていました!)、クーラーボックスいっぱいに詰め込まれたスイーツなど、学生たちが夢にまで見たはずの誘惑の品が学生を取り巻く原隊の輪の中で飛び交っています。
3か月近く会えなかった家族と再会し、声を詰まらせている学生もいました。

 

学生の様子を目を細めて見ていた主任教官の前澤1尉は、この3カ月を「学生たちは教育が始まったときから着実にレベルアップしたと思う。助教も学生たちを引っ張る熱い指導をしてくれたので、こうして26名の学生が帰還式を迎えることができた」と振り返りました。
訓練担任官の山ア1佐は「命を失うこともあるような危険な訓練なので、安全に気を付けながら、しかし一生に一度のチャレンジなのでそこは妥協することなく、きっちり過酷な訓練をやっていく難しさがある。だから今回、まずは指導部を徹底的に訓練して臨んだ。バッジが何段もついているような奴ばかりで頼もしかった」と語りました。

 

レンジャー徽章は一度身に着けたら返却する義務はありません。しかし自分自身が「レンジャー徽章をつけている資格はない」と判断すると、自らバッジを外すといいます。
今回新たに誕生した26名のレンジャー隊員がこの先、勝利を表す月桂樹の中央にどんな困難な状況においても任務を達成する堅固な意志の象徴である金剛石(ダイヤモンド)が意匠されたレンジャー徽章に恥じない活躍をしてくれることを心から願います。

 

 

(第2師団集合教育「レンジャー」  おわり)

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和四年(西暦2022年)9月15日配信)

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

第2師団集合教育「レンジャー」(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(1)」(令和四年(2022年)8月25日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(2)」(令和四年(2022年)9月1日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(3)」(令和四年(2022年)9月8日配信)です。