第2師団集合教育「レンジャー」(3)

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第2師団集合教育「レンジャー」(3)

ところが一晩かけて山地潜入し橋梁爆破などを経た翌朝は、様子が一変していました。
食事のために一度腰を下ろすと、立ち上がれない学生が続出。
空腹よりも渇きよりも猛烈な眠気に襲われた学生は、一蓮托生のバディが必死に声をかけようが、助教があの手この手で起こそうが、なかなか起き上がることができません。
ただ眠いだけなら数人がかりで強引にでも立ち上がらせるのですが、脱水症状や熱中症の可能性もあるので見極めが難しいところ。衛生隊員はもちろん救急車、通称アンビも常に2台帯同しています。

 

この日は朝から道北とは思えないほど猛烈な暑さで、雲ひとつない青空に照り付ける太陽は、隊員から容赦なく体力を奪います(取材陣の体力も)。
レーションですがご飯&おかずという組み合わせは、最終想定が始まってから初めてまともな食事のはず。とはいえ本来なら温かい状態で食べられるものをそのまま食べるので、固い白米に刺したフォークがポキリと折れてしまう学生も。それでも食べているならまだ元気な証拠で、食事に手をつけることもできず完全に寝落ちしている学生も片手では足りません。

 

取材に帯同してくれた第2師団広報のレンジャー隊員に「飢えと渇きと睡魔、どれがいちばんきつかったですか?」と尋ねると、間髪を入れずに「眠気です」と返ってきました。
「元気なうちは腹が減ったとか喉が渇いたとか、そっちが優先するんですが、睡眠不足がいちばんこたえますね。『飲まず食わずでいい、5分でいいから寝かせてくれ』と思うようになります。一度座っちゃうと自然と目が閉じてしまうし、歩きながらも寝落ちしそうになります」

 

実はこの時間帯、助教のひとりが持っていた熊スプレーが誤って噴射されてしまい、ほんの一瞬のことだったのに取材陣も含めてみんな咳が止まらなくなりました(熊スプレーの効果を実感しました)。それでも目を覚まさない学生がいたのには、驚きを通り越して思わず笑ってしまったのは余談です。

 

教官、助教はひたすら鬼役に徹しているように見えるものの、本当に気力体力が限界に達しようとしている学生には静かに声をかけたり、ほとんど抱きかかえるように学生を立ち上がらせて身支度を整えてやったりしていて、しかも学生の倍は動いています。
指導部の隊員は交代制なのでそれだけ動けるのは当たり前ではあるのですが、起き上がる気力もなくバディの必死の呼びかけにも応えられない学生を再びフル装備させて山中に潜入させるのは、並大抵の労力ではありません。

 

一方、教官や助教の苦労は学生の負荷に直結しているので、おそらく学生の心中ではあらゆる罵詈雑言を助教たちに浴びせていることでしょう。しかし彼らが発することができる言葉は「レンジャー!」のみです。

 

ようやく山地潜入に向けて歩き始めても(予定されていた時刻より大幅に遅れての出発です)、遅れている後続の学生を待っている間に、強烈なアスファルトの照り返しで元気だった学生までまいってしまいました。
すでにアンビは満員(ただその後全員が復帰しています)、ここから12時間で伏撃しつつ約9キロの行程を進まなければなりません。
最終想定の2日目でこの様子、取材している側が大丈夫だろうかと不安になります。

 

 

 

 

(つづく)

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和四年(西暦2022年)9月8日配信)

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

第2師団集合教育「レンジャー」(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(1)」(令和四年(2022年)8月25日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(2)」(令和四年(2022年)9月1日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(4)」(令和四年(2022年)9月15日配信)です。