第2師団集合教育「レンジャー」(2)

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第2師団集合教育「レンジャー」(2)

行動訓練は学生の心身の疲労が増すほど付与される状況は厳しくなり、最後の行動訓練最終想定になる頃には、学生たちの体は回復が間に合わないほど疲弊しきっています。
その状態で、潜入・破壊・伏撃・襲撃・離脱に任ずる戦闘隊の行動を3夜4日にわたって行ない、総合的な遊撃行動を修得させる最終想定が実施されます。
これまでに訓練してきた課目すべてが集約されているので、どのような任務が付与されるか、学生たちはおおよその予測はできています。しかしいつ、どのような状況が付与されるかは不明であり、心中は穏やかではないはずです。レンジャー教育の集大成は自分の「弱さ」との戦いになります。

 

「起床!」
7月20日、0530に非常呼集がかかりました。熟睡している学生たちのところへ助教が容赦なく踏み込み、大声を張り上げわざと学生を焦らせます。

 

指導部は教育隊長をはじめ、主任教官、教官を幹部自衛官が、陸曹が助教を担当、数個の班にわけて全身全霊で学生の教育指導に当たります。当然ながら指導部の全員がレンジャー隊員です。
助教は3連隊のレンジャー隊員から選出されているほか、学生が参加している部隊も教育を支援します。同期で部隊も一緒、普段はよく飲む親しい間柄が助教と学生という間柄になったり、部隊の先輩を助教として指導したりといったことも珍しくないそう。親しい仲間や尊敬する先輩を心身の極限まで追い詰める助教もまた、自分と戦っているのでしょう。

 

「早くしろ! もたもたするな!」
非常呼集があればいかなるときでも10分以内に準備を整えて集合しなければなりません。ここから3夜4日、食べる、寝るといった人間の本能に逆らう極限の時間を過ごします。

 

非常呼集から10分後には状況付与、課題付与、役職付与がなされ、武器搬出や戦闘準備を経て0800に隊容検査が行なわれました。
身に着けているものに不備はないか確認し、背嚢の中身もすべて出して忘れ物の有無をチェックします。
持ち物には十分気を付けていたのに水筒に水を入れ忘れるという痛恨のミスや(助教から「お前はこの先、バディから水もらえ」と非情な宣告を受けていました)、逆に持ってきてはいけない飴的なものをこっそり背嚢に隠し持っているのがばれるなど(教官や助教も厳しいレンジャー教育の経験者、どれほど巧妙に隠していようが自身が通った道だけにお見通しです)、早くも一部学生の心は折れそうになっています。最終想定はまだ始まったばかりだというのに!

 

空路潜入の準備の際には、基礎訓練でも支援を受けた第2飛行隊の隊員に「みんな、よくここまで残ったな。かならず任務を完遂して帰ってこい。頑張れよ」と熱いエールを送られました。
これからリペリングによる空路潜入、さらにボートで水路潜入と、休む間もなく考え、動き続けなければなりません。思考や行動を停止すれば、容赦なく助教から罵声が飛びます。

 

降下の恐怖心を乗り越え無事に水路潜入のスタート地点に到着し、ボートを組み立て天塩川を約4キロ下ります。流れの遅いところではパドルを懸命に動かさなければいけないし、浅いところでは全員降りてボートを押さなければなりません。なぜか上半身までびしょ濡れの学生もいて、濡れた衣服が着実に体力を奪っていきます。
ようやく目的地に到着しても、ボートを引き上げ急な斜面を登るのが一苦労で、なかにはいちばん一生懸命ボートを引き上げているのが助教という班も。もちろん学生たちは助教から怒鳴られまくるのですが、すでに返事すらできないほど疲労困憊の学生も。
それでも、この段階では学生たちにはまだ十分余力があるように見えたのです。助教たちも学生に「(取材陣の)カメラ意識してんじゃねーよ! 役者きどりかよ!」と半ば冗談で言えるくらいだったのです。

 

ところが……

 

 

 

(つづく)

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和四年(西暦2022年)9月1日配信)

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

第2師団集合教育「レンジャー」(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(1)」(令和四年(2022年)8月25日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(3)」(令和四年(2022年)9月8日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(4)」(令和四年(2022年)9月15日配信)です。