第2師団集合教育「レンジャー」(1)

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第2師団集合教育「レンジャー」(1)

3年前にレンジャー最終想定密着取材の記事をご紹介しました。取材中に父が緊急入院しそのまま緩和ケアに移行したため、家族から「取材を切り上げて帰ってこられないか」と連絡を受けたこともあり、忘れられない取材です。
そして昨年、3年ぶりに再び同じくレンジャー最終想定の取材に行ってきました。
取材地は同じ北海道の名寄でも昨年のほうがはるかに暑さは厳しく、学生より先に自分がぶっ倒れるのではと不安になるほどでした。広報のWACに心配されるほどのぼせて顔が真っ赤になったり、いつも履いている半長靴がなぜか合わず両足の小指の爪がはがれたりと苦労もあったので、体調不良で部隊にご迷惑をかけずに取材を終えられたときはほっとしました。
同じ最終想定でも、教官や助教、学生は全員メンバーが違うのですから違うドラマが生まれます。数週にわけてご紹介します。

 

2021年5月5日から7月30日までの約3カ月間、第2師団の令和3年度師団集合教育レンジャーが実施されました。
レンジャー教育の目的は、選抜された隊員に対し、主として遊撃行動により困難な状況を克服し、任務を完遂する能力および精神力を付与することです。
教育終了後の隊員は最前線で食料や弾薬の補給が受けられない過酷な状況下でも長期間潜在して任務を完遂するほか、各種災害派遣においては、リペリングなどの特殊な技術を駆使して人命救助にあたります。

 

陸曹・陸士のレンジャー教育は師・旅団単位で行なわれ、担任は師・旅団の普通科部隊の持ち回りとなっています。今回の担任部隊は第3普通科連隊、訓練担任官は第3普通科連隊長(当時)の山ア潤1佐。名寄駐屯地(3連隊、現第3即応機動連隊)で実施するのは3年ぶりとなります。

 

レンジャー教育は希望すれば誰もが参加できるというわけではなく、まずは資格検査に合格しなければならなりません。
年齢、身長、色覚、視力、血圧、心電図など身体条件をすべてクリアし、さらに背筋力、握力、肺活量などの身体能力も基準が定められています。
さらに手りゅう弾投てきや懸垂、土のう運搬など、8種類の体力検査に3種類の水泳検査をすべてクリアした者だけがレンジャー教育に参加する資格を得られます。この資格検査のハードルはかなり高いものです。

 

今回、2師団では65名が資格検査を受検、そのうち合格したのは半分以下の29名。さらにそのうち3名がレンジャー徽章を手にすることなく原隊復帰しています。
ちなみに今回は2名がけが、1名が病気ということで、本人の気持ちがどうであれ肉体的に教育を受けることが不可能と判断されましたが、これが「もうついていけない」と心が折れて脱落する、いわゆる「意志崩れ」による原隊復帰だと、残された学生たちの士気にも大きく影響するそうです。

 

訓練は大きく基礎訓練と行動訓練にわかれています。
基礎訓練では行動訓練に必要な各種の訓練を個別に練成します。具体的には、体力調整と呼ばれる体力訓練(懸垂や腕立て、かがみ跳躍、小銃を持っての持久走など)や地図とコンパスを使用した訓練、ロープなどを使用した山地潜入訓練、ヘリを使用した空路潜入訓練(リペリングなど)、偵察ボートなどを使用した水路潜入訓練、食料を現地で調達し食事を確保する生存自活訓練、敵部隊を撃破するための訓練です。

 

行動訓練はより実戦的で、山岳地帯の厳しい自然環境のなか、広範囲におよぶ山地を行動する「山地潜入」、レンジャー隊員として必要な「偵察」「襲撃」「伏撃」行動などを反復し、総合的な訓練を行ないます。
行動訓練では9つの想定と呼ばれる仮想シナリオが実施されるのですが、第1想定から最終想定の第9想定まで、数字が大きくなるほど任務は複雑化、訓練場所も演習場外にまで広がり、全工程にかかる時間も長くなっていきます。どの想定でも学生たちは「戦闘隊」という位置づけで、最終想定における戦闘隊長、副戦闘隊長、通信手、小隊陸曹、班長といった役職は結節で替わり、学生全員が経験する。いつどのタイミングでどんな役職を命じられるかわからないので、これも学生にとってはプレッシャーになるでしょう。さらに教官、助教は段階的に「こうしろ」「ああしろ」という指導を減らし、想定が進むほど学生たちだけで考え判断させるようにしています。

 

6月29日、行動訓練開始式では学生たちが円陣を組みました。
旗手の学生が「俺たちは29人で34期だ。ここにいる26人で3人の分も頑張ってこよう。そして帰ってきたときは自信を持って『レンジャー』と言えるよう、絶対に妥協しないようにしよう!」と叫び、学生たちが「レンジャー!」と続きます。この先に待つさらなる苦しい訓練に臨む覚悟を改めて決めたひとときです。

 

 

(つづく)

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和四年(西暦2022年)8月25日配信)

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

第2師団集合教育「レンジャー」(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(2)」(令和四年(2022年)9月1日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(3)」(令和四年(2022年)9月8日配信)です。
第2師団集合教育「レンジャー」(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第2師団集合教育「レンジャー」(4)」(令和四年(2022年)9月15日配信)です。