第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ記事一覧

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(1)

2021年冬から約1年間、折に触れて北海道名寄市の名寄駐屯地に所在する陸上自衛隊第3普通科連隊を取材してきました。今週からはその記事を時系列でご紹介します。最初は普通科連隊として迎えた最後の訓練検閲のレポートからです。演習場内で行なわれる訓練検閲は一般の人の目に触れることがないですから、「なにをやっ...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(2)

訓練検閲のお話の続きです。2020年2月10日、対抗部隊からの攻撃を受け、第3戦闘団の防御戦闘が始まりました。前衛中隊として第一線に配置されていたのは(第3普通科連隊の)第1中隊です。さらにその前にはGOP(全般前哨)がいるという想定になっています。GOPは敵と接触するかしないかの距離を保ちながら一...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(3)

前年12月から準備してこの第4次師団訓練検閲に臨んだという3連隊長の山ア1佐。コロナ禍ということもあり、従来の検閲にはない気苦労もあったことでしょう。「もしも作戦中にひとりでも感染し、周囲の全員が濃厚接触者として指定された場合、そこに穴が空いて機能が失われてしまいます。感染することの影響の大きさを各...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(4)

第3普通科連隊の連隊小銃射撃競技会(冬季の部)の続きです。隊員たちは各自3発の弾薬が配当され、一度につき12名が300m先に身長170cmの敵が立っているという想定の正面の敵に対して12秒以内に射撃します。採点は3発のうち1発でも当たれば命中、1発も当たらなければ不命中というシンプルなもので、3発命...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(5)

先週までは2021年2月に行なわれた第3普通科連隊を基幹とする第3戦闘団を受閲部隊とした令和2年度第4次師団訓練検閲と、その直後に開催された連隊小銃射撃競技会(冬季の部)をご紹介しました。今週からはちょっと時間が進み、昨年9月に行なわれた16式機動戦闘車、通称MCVの入魂式の様子をご紹介します。20...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(6)

先週お伝えした通り、今回は第3普通科連隊機動戦闘車中隊準備隊にはじめて16式機動戦闘車、通称MCVが装備され入魂式が行なわれた際の山ア潤連隊長のインタビューをお届けします。「名寄にMCVがやってきたとき、迎えた隊員たちは『かっこいいな』と自画自賛していましたが、実は私もそう思いましたし、隊員たちの喜...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(7)

先週は第3普通科連隊長山ア1佐のコメントをご紹介しました。今回は3連隊のMCV中隊準備隊長にインタビューを行なった際の記事をご紹介します。MCV中隊は2022年3月までMCV中隊準備隊として名寄駐屯地で準備を進めています。準備隊長の齋藤進之佑3佐は、74式戦車が装備されていた第6戦車大隊を経て富士学...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(8)

3連隊に最初の16式機動戦闘車、通称MCVがやってきた際に行なわれた入魂式。御神酒を捧げたり玉串奉奠をしたりする神事は、撮影も禁じられている神聖なものです。神事に続いて冨樫勇一第2師団長、山ア3連隊長、齋藤準備隊長らがMCVに部隊名を筆入れし、車両に魂を吹き込みました。こうして新たな装備品を丁寧に迎...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(9)

2021年9月に第3普通科連隊で16式機動戦闘車、通称MCVの入魂式が行なわれたことは先週ご紹介しました。その後、10月には3連隊の各部隊は上富良野演習場で実射訓練を実施。MCV中隊準備隊も初めての射撃訓練に臨みました。11日に演習場入りして射場を構成、この日は雨のぱらつく天気で明日からの射撃への影...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(10)

昨年秋、3連隊のMCV中隊準備隊についにMCVがやってきて入魂式が行なわれ、その後初めての実射訓練が行なわれている様子をお伝えしていたお話の続きからです。MCVの初度射撃、縮射が行なわれた翌日は7・62o機関銃の射撃からスタート。まず点目標に対し同時に多数弾を集中する点検射を実施後、連装銃停止射撃で...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(11)

今週はMCV中隊以外の部隊の訓練の様子をご紹介します。本部管理中隊作業施設小隊は各種爆破訓練を実施しました。そのうちのひとつ、指向性爆破薬容器は、円筒形指向性爆破容器が3種類、直線刑指向性爆破容器が2種類、X形成形爆破線(Xコード)が用意されていました。円筒形は真下に穴を開ける、直線形やVコードは真...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(12)

即機連新編と同時に火力支援中隊と部隊名が変わる重迫中隊は、120mm迫撃砲の実射に臨んでいました。もともと重迫中隊は普通科職種ですが、火力支援中隊になると特科職種となるため、すでに隊員の多くは特科の隊員で占められています。言い換えればまだ120o迫撃砲に慣れていないわけで、半数以上の隊員が今回初めて...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(13)

先週までは、冷戦時代にソ連の陸上侵攻があった場合、最前線部隊となる名寄(なよろ)駐屯地所在第3普通科連隊が第3即応機動連隊に改編されるにあたって、16式機動戦闘車、通称MCVが装備され初めて射撃訓練を行なうまでをご紹介しました。その後、今年2022年2月に初めての冬季射撃訓練を実施、それも取材したの...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(14)

先週に続き、第3即応機動連隊に改編される(2022年2月時点)第3普通科連隊の歴史を振り返ります。前回は25大綱ならびに平成31〜35年度中期防における陸自部隊の改編のお話の途中だったので、今回はその続きからです。火砲についても北海道以外に所在する作戦基本部隊が装備するものは、新編する各方面隊直轄の...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(15)

MCVは105mm砲を搭載した陸自最新鋭の装輪装甲車です。火力と機動力を駆使して多様な事態へ迅速に対応するため、公道を時速100キロで走行できるという高い走行性や、空自のC−2輸送機に搭載して空輸も可能という機動力、そして最新機器を多数採用し、射撃精度も高いのが特徴です。MCV中隊準備隊長の齋藤進之...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(16)

2022年2月、北海道上富良野演習場にて、第2師団隷下第3普通科連隊の令和3年度第2次MCV射撃訓練が行なわれました。昨年秋の第1次MCV射撃訓練に引き続き、MCV中隊準備隊(以下、準備隊)が段階的に練成射撃を実施して射撃練度の向上を図るとともに、新たに納入された車両の初度射撃を実施するのが目的です...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(17)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。現在連載中の第3普通科連隊から第3即応機動連隊改編に向けた訓練等ですが、先日驚愕することがありました。なんと3即機連から大きな額に入った感謝状と立派な盾が届いたのです。感謝状には「貴殿は平素から国防の重要性を認識され陸上自衛隊に対する深いご理解のもと(中略)第3普...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(18)

『青の空 ブルーインパルス』こんばんは。渡邉陽子です。出版されたばかりの『青の空 ブルーインパルス』(並木書房)を読みました。『蘇る翼 F-2B』『永遠の翼 F-4ファントム』『鷲の翼 F-15戦闘機』につぐ航空自衛隊『翼』シリーズ第4弾とのこと。このシリーズは東日本大震災で水没したF-2Bの本しか...

≫続きを読む

 

第3普通科連隊から第3即応機動連隊へ(19)

2022年2月、北海道上富良野演習場にて、第2師団隷下第3普通科連隊の令和3年度第2次MCV射撃訓練が行なわれましたレポートの最終回です。射撃2日目も天候に恵まれ、絶好の射撃日和となりました。朝の気温もマイナス7度と、昨日よりぐっと暖かく感じます。この日は今回の射撃訓練のメインともいえる、小隊戦闘射...

≫続きを読む

 

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓