地本の業務、募集と援護(3)

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

地本の業務、募集と援護(3)

先週の最後に「防衛省には職業紹介(あっせん)の権限はなく、職業紹介職業紹介権を持つ自衛隊援護協会という組織が防衛省に替わり行なうという形を取っています」と記しましたが、サポートの具体的な例として、リーマンショックが発生した2008年の不景気が続き再就職事情の厳しい時期、都内の駐屯地で実施された「2年後に定年退職を控えた自衛官のための就職援護教育」をご紹介します。

 

この日の参加者25名ほどで、多くが曹長や准尉、なかには最上級先任曹長の姿もちらほら。そんな彼らに対し、援護課は最初のあいさつの時点から容赦なく厳しい現実を伝えました。

 

「みなさんは先輩方から就職に関する話をいろいろ聞いているかもしれません。しかし決してそれを鵜呑みにしないでください。先輩たちが再就職した好景気の時期の話は、現在の不況下においては通用しません。また、定年退職者数は増加するのに、企業の受け皿の数も同様に増加するわけではありません。先輩たちと同じ企業に同じ雇用条件で再就職できるとは限らないことを認識してください」

 

「部隊では部下がいろいろやってくれたかもしれませんが、新しい会社であなた方は新人です。雑用もいとわずやること、年下にも自分からきちんとあいさつすること、いろいろ学び教えてもらう側であることを忘れずに。それから企業とは営利を追求するわけですから、コスト感覚を身につけて下さい。そして健康管理はしっかりと。就職に有利になるよう資格取得を目指すのは結構ですが、どんな資格を取るかは正しい選択を」

 

のっけからなかなかきつい内容です。
続いて定年退職隊員再就職までの流れが説明されると、メモを取る隊員の姿が目立ちます。
そして陸自の援護組織の編成と東京地本就職援護状況の実績、定年退職隊員の業種別就職状況、業種別平均年収比較、階級別平均年収比較などの話が続きました。この辺りは退職後の生活にダイレクトに関わる問題なだけに、隊員たちの目も真剣そのものです。

 

厳しい話が続きましたが、最後にはこんな話も聞けました。
「企業が退職自衛官に求めるのは自衛官らしさ。つまり、服装が整い、規律を守り、礼儀正しく責任感があるといった点です。資格や経験だけ求めるなら退職自衛官でなくてもいいわけでしょう。企業がわざわざあなたがた自衛隊出身者を採用したいと思うのは、一般の人にはないこのような資質を求めているからです。たとえば、銀行のATMは1台に1200万円ほど入るそうです。その警備員といったら、通常は入社してすぐの社員がまかせてもらえることなどまずありえません。けれど退職自衛官だったら、自衛隊30数年間の実績を買われて、すぐ担当させてもらえるんです。一般社会で自衛隊時代の階級は役立ちませんが、そこで培ってきたものを活かすのは自分次第であることを忘れないでください」

 

地本は自衛官にとってまさに「ゆりかごから墓場まで」を具現化した組織なのです。

 

 

 

(つづく)

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和四年(西暦2022年)3月10日配信)

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

地本の業務、募集と援護(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「地本の業務、募集と援護(1)」(令和四年(2022年)2月17日配信)です。
地本の業務、募集と援護(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「地本の業務、募集と援護(2)」(令和四年(2022年)3月3日配信)です。