潜水医学実験隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

潜水医学実験隊記事一覧

潜水医学実験隊(1)

今年5月24日、海上自衛隊潜水医学実験隊の訓練水槽で2尉が死亡、救出に向かった海曹長も意識不明となり、6月19日に亡くなりました。死因は調査中とのことですが、以前この部隊を取材したことのある私にとって、この事故は大きな衝撃でした。潜水医学実験隊の隊員たちが水深約11mの水槽を自在に上下する姿はまるで...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(2)

前回は、海上自衛隊の潜水医学実験隊では飽和潜水という特別な潜水が行われていることをご紹介しました。飽和潜水とは、作業を行いたい深度の気圧まで事前に体を加圧して体内の不活性ガスを飽和状態とすることで、より深い進度での潜水が可能になったり減圧が一度で済む潜水方法です。 今回はその飽和潜水がどのように行わ...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(3)

前回は飽和潜水がどのように行われるかご紹介しました。タンクを背負ってレギュレーターをくわえボートから飛び込むスキューバダイビングとの共通点は、「海に潜る」という点のみ。今回はそんな特殊な潜水方法を身につけている潜水員たちの訓練の様子をご案内します。潜水医学実験隊には、海上に出なくても訓練を行えるシミ...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(4)

前回は潜水医学実験隊の飽和潜水員たちの訓練の様子をご紹介しました。今回は、飽和潜水員になるまでの課程からご案内します。飽和潜水員になるには、最初に潜水員適性健康診断にパスする必要がありますが、この応募資格がかなり厳格です。まず身長 158cm以上 190cm以下、視力は両眼とも裸眼で0.3(矯正視力...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(5)

前回は飽和潜水員になるまでの課程などについてご紹介しました。今回は飽和潜水が人間の身体にどのような影響を与えるかという話からです。飽和潜水については第1回で説明しましたが、もう一度おさらいしておきます。普通は大気圧(1気圧)で空気(環境ガス)を呼吸している人間の体は、潜水して加圧されると、空気中に含...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(6)

最初に、前回の「DDCでは声もヘリウムガスを吸ったときのように甲高くなる」という一文の訂正をいたします。DDCでの加圧にはヘリオックスというヘリウムと酸素の混合ガスが用いられるため、「ヘリウムガスを吸ったときのように」ではなく、実際に吸っているわけですね。紛らわしい記述で失礼いたしました。さて、私の...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓