潜水医学実験隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

潜水医学実験隊記事一覧

潜水医学実験隊(1)

今年5月24日、海上自衛隊潜水医学実験隊の訓練水槽で2尉が死亡、救出に向かった海曹長も意識不明となり、6月19日に亡くなりました。死因は調査中とのことですが、以前この部隊を取材したことのある私にとって、この事故は大きな衝撃でした。潜水医学実験隊の隊員たちが水深約11mの水槽を自在に上下する姿はまるで...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(2)

前回は、海上自衛隊の潜水医学実験隊では飽和潜水という特別な潜水が行われていることをご紹介しました。飽和潜水とは、作業を行いたい深度の気圧まで事前に体を加圧して体内の不活性ガスを飽和状態とすることで、より深い進度での潜水が可能になったり減圧が一度で済む潜水方法です。 今回はその飽和潜水がどのように行わ...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(3)

前回は飽和潜水がどのように行われるかご紹介しました。タンクを背負ってレギュレーターをくわえボートから飛び込むスキューバダイビングとの共通点は、「海に潜る」という点のみ。今回はそんな特殊な潜水方法を身につけている潜水員たちの訓練の様子をご案内します。潜水医学実験隊には、海上に出なくても訓練を行えるシミ...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(4)

前回は潜水医学実験隊の飽和潜水員たちの訓練の様子をご紹介しました。今回は、飽和潜水員になるまでの課程からご案内します。飽和潜水員になるには、最初に潜水員適性健康診断にパスする必要がありますが、この応募資格がかなり厳格です。まず身長 158cm以上 190cm以下、視力は両眼とも裸眼で0.3(矯正視力...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(5)

前回は飽和潜水員になるまでの課程などについてご紹介しました。今回は飽和潜水が人間の身体にどのような影響を与えるかという話からです。飽和潜水については第1回で説明しましたが、もう一度おさらいしておきます。普通は大気圧(1気圧)で空気(環境ガス)を呼吸している人間の体は、潜水して加圧されると、空気中に含...

≫続きを読む

 

潜水医学実験隊(6)

最初に、前回の「DDCでは声もヘリウムガスを吸ったときのように甲高くなる」という一文の訂正をいたします。DDCでの加圧にはヘリオックスというヘリウムと酸素の混合ガスが用いられるため、「ヘリウムガスを吸ったときのように」ではなく、実際に吸っているわけですね。紛らわしい記述で失礼いたしました。さて、私の...

≫続きを読む

 

 





「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました
自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。すごいです地本。
「PANZER」6月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第26回が掲載されました。
2011年3月11日、東北地方でM9.0の巨大地震が発生。19日までに救助された被災者総数約2万7000名のうち約2万名を自衛隊が救助(約1万5000名は陸自による)。発災後72時間以内に自衛隊が救出した人は1万2351名でした。阪神淡路大震災での救助実績が警察3495名、消防1387名、自衛隊165名だったことを考えれば、初動が「命」に直結していることを改めて思い知らされます。その背景には火箱氏の処分覚悟の決断がありました。
「正論」6月号に「われらの女性自衛官」第3回が掲載されました。
今回は即応予備自衛官1期生。現役の自衛官時代よりはるかに長い時間、即応予備自として「いざ」に備えてきました。そして東日本大震災では自宅が半壊状態でありながら、招集に迷うことなく応じました。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓