自衛隊とその他のUAV

渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

自衛隊とその他のUAV記事一覧

自衛隊とその他のUAV(1)

今回から無人航空機、通称UAVについての連載です。月刊『丸』で掲載した複数の記事をまとめ、加筆修正してお送りします。UAVはその重要性から「勉強しなければ」という背中を突つかれる思いでこれまで必死に学んでいたのですが、その思いをかきたてるきっかけとなった出来事がありました。ひとつは、2021年2月の...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(2)

先週、「取材でドローンが撮影した映像に感動した」と言いましたが、ドローンは取材陣にとってもありがたい仕事をしてくれました。演習場における訓練の取材では、しばしば「待ち時間」が発生します。「おそらくこのルートで戦車がやってくるだろうから、ここから坂を上ってくる戦車を撮ろう」など、部隊の動きを予想して先...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(3)

先週、陸上自衛隊のUAV、スキャンイーグルのご紹介を途中までしたところでしたが、11月23日、令和3年度自衛隊統合演習に参加している陸上自衛隊のスキャンイーグルが種子島沖で通信途絶し海上に墜落したと見られ捜索中です。リアルタイムな話題にびっくりしました。さて、自律型無人偵察機であるスキャンイーグルの...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(4)

今週から海上自衛隊、航空自衛隊の無人機をご紹介します。2020年11月19日、海自護衛艦で初めて対機雷戦能力を備えた平成30年度計画護衛艦「くまの(熊野)」(基準排水量3900トン、30FFM)が進水しました。「くまの」には対機雷戦のためのUSV(機雷排除用水上無人機)およびUUV(機雷捜索用水中無...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(5)

先週に続き、航空自衛隊の無人機RQ−4B、通称グローバルホークのご紹介です。グローバルホークはMQ−1プレデターなどの無人航空機とは異なり攻撃能力を持たない純粋な偵察機で、全長14.5m、翼幅は40mと、翼幅は大型輸送機・旅客機と同等サイズで無人機ながら非常に大きいです。システムは無人機と地上設備で...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(6)

グローバルホークの話の続きです。日本は2018年にグローバルホークのブロック30を3機導入(地上管制装置2基を含む)する契約を締結しました。そのわずか2年後に「グローバルホークの維持費高騰を理由に、調達中止も視野に再検討を行なっている」というニュースが流れました。しかし2021年3月には三沢基地にグ...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(7)

昨年最後のメルマガで、空自が導入するグローバルホークのブロック30は、米空軍では退役させる方針であることや、防衛省がF2戦闘機の後継となる次期戦闘機を支援する無人機を開発し、次期戦闘機と同様に2035年ごろの運用開始を目指すことなどをご紹介しました。今回は令和3年度の防衛省における無人機関連経費につ...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(8)

先週までは自衛隊で推進されている各種無人機の最新事情を紹介しました。今回は防衛関係ではありませんが、日本の官公庁におけるUAV運用について知っていただきたく、海上保安庁、警察、消防などの分野で導入されている無人機についても紹介したいと思います。海上保安庁海上保安庁は連続飛行時間が飛躍的に伸びる大型無...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(9)

今週は警察関連の無人機についてご紹介します。2015年12月、警視庁警備部災害対策課に不審なドローンを大型ドローンで捕獲する無人航空機対処部隊(IDT:Interceptor Drones Team)が発足しました。同年4月に首相官邸屋上でドローンが見つかった事件をきっかけに、全国の警察で初めて不審...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(10)

地方警察本部のドローン導入例のお話の続きからです。和歌山県警串本署も民間企業とドローンの運用に関する協定を結んだところのひとつ。南海トラフ地震などの災害に備え、災害発生時に同署から要請があれば企業は空撮による情報収集に協力するほか、署員に対してドローンの操縦方法を指導しています。さらに災害が発生した...

≫続きを読む

 

自衛隊とその他のUAV(11)

消防庁のUAVの話の続きです。そのほかのドローン導入例として、2020年4月、近年頻発する広域的自然水害に備えるため、東京消防庁に「即応対処部隊」が発隊しました。総勢42名からなる警防本部直轄部隊で、大規模かつ広域的な自然災害において通常の消防部隊では立ち入り困難な地域に特殊車両等で進入、全天候型ド...

≫続きを読む

 

 



渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。


渡邉陽子さんの最新作

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生

月刊『PANZER』に2021年10月号まで連載していた「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」が書籍化され発売の運びとなりました。火箱さんと名刺交換したのが2013年、取材を始めたのは2014年。何十時間もインタビューを重ね、「えらい人の俺様自伝」とは一線を画す1冊になったと自負しております。陸曹を目指す陸士、陸曹を極めたい陸曹、幹部を目指す陸曹、若い幹部、そしてなによりも一般企業に勤める方々に読んでいただきたい内容です。 福岡の田舎でのびのび育った少年が防大に進学して迷い悩みながら進んだ半生、包み隠さず話してくださった火箱氏の懐の深さあってこその1冊となりました。ぜひ! ご一読いただければ幸いです!

「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓