防衛装備庁

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

防衛装備庁記事一覧

防衛装備庁(1)

「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。...

≫続きを読む

 

防衛装備庁(2)

「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。...

≫続きを読む

 

防衛装備庁(3)

「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。...

≫続きを読む

 

防衛装備庁(4)

ひとつの装備品が実際に装備化されるには、実に多くのステップを踏んでいかなければならず、さらにユーザーである各自衛隊との連携も不可欠です。まず、各自衛隊から「こういう装備品が欲しい」という運用上のニーズがあった場合や、防衛装備庁が技術的可能性を見いだせそうな装備品に対し、技術研究が行なわれます。陸上、...

≫続きを読む

 

防衛装備庁(5)

先週ご紹介した防衛省装備庁の任務の紹介の続きです。2点目の「諸外国との防衛装備・技術協力の強化」ですが、防衛装備移転三原則のもとでこれまで以上に平和貢献・国際協力に寄与していくとともに、米国及びそれ以外の諸国との防衛装備・技術協力をより積極的に推進していくとしています。防衛移転三原則は非核三原則のよ...

≫続きを読む

 

防衛装備庁(6)

防衛省装備庁の任務の紹介の続きで、今週は3番目に掲げられている「技術力の強化と運用ニーズの円滑・迅速な反映」についてご紹介します。技術力強化については、厳しさを増す安全保障環境を踏まえた上での技術的優位を確保することが重要です。その上で、優れた装備品の創製を可能とするために、先進技術動向の把握と、そ...

≫続きを読む

 

防衛装備庁(7)

防衛装備庁の連載は今日が最終回です。防衛装備庁の任務のうち、残りの「防衛生産・技術基盤の維持強化」と「コスト削減の取り組みと監察・監査機能の強化」についてご紹介します。まず「防衛生産・技術基盤の維持強化」についてです。防衛生産・技術基盤とは、防衛省・自衛隊の活動に必要な防衛装備品などを開発・生産・運...

≫続きを読む

 

 





「丸」7月号に「日本の無人機最新レポート」が掲載されました。
竹内修氏の巻頭グラビアページと合わせてお楽しみいただければ幸いです。ドローンは戦闘を変え、災害で命を救い、宅配便にもタクシーにもなり……ものすごい可能性を秘めていて、知るほどに面白く、空恐ろしくもあります。まずは国産ドローン頑張って欲しいです!
「PANZER」7月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第27回が掲載されました。
福島第一原発の状況を政府などから一切知らされないまま迎えた14日朝。3号機で起きた水素爆発で、初めて火箱氏は原発が危機的状況にあることを知ります。翌日、ヘリ放水の打診がありました。
「正論」7月号に「われらの女性自衛官」第4回が掲載されました。
今回は航空自衛官の整備幹部。防大1期生であり、防大生の長女、高校3年生の息子たち(双子!)のお母さんでもあります。取材時は空幕勤務でしたが、現在は那覇の第9航空団整備補給群司令として約700名の隊員を率いています。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓