海上自衛隊幹部候補生学校(15)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

海上自衛隊幹部候補生学校(15)

ごあいさつ

 

こんばんは。渡邉陽子です。
雑誌記事のお知らせです。
「パンツァー」5月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第25回が掲載されています。陸上自衛官約15万人のトップとなった火箱氏。2010年、中国訪問時のエピソードは読み物としてもお楽しみいただけると思います。

 

「丸」5月号に「第3普通科連隊アルバム」と「最北の最強部隊 陸自第3普通科連隊密着ルポ」が掲載されました。3連隊と名寄駐屯地、2師団広報の協力あっての記事です。ドローンで撮影された超かっこいい巻頭カラーグラビアと合わせてどうぞ。こちらは本職のカメラマンの撮影です。

 

「正論」5月号に「われらの女性自衛官」第2回が掲載されています。4月号は緊急事態宣言のため取材ができず休載となってしまいましたが、今月号から毎月の連載です。今回は護衛艦「まや」の乗員の3曹をご紹介します。

 

 

海上自衛隊幹部候補生学校(15)

 

候補生たちへの質問、今週が最終回です。

 

<回答者のプロフィール>
Kさん(男性) 防大卒 潜水艦・艦艇希望 23歳
Oさん(女性) 防大卒 航空装備・研究科希望 23歳
Fさん(女性) 一般大学大学院卒 航空(戦術航空士)希望 25歳
Hさん(男性) 一般大学卒 航空装備希望 28歳
Iさん(男性) 一般大学卒 潜水艦希望 25歳

 

Q やりがいを感じるのはどんなとき?

Hさん 競技会は訓練がきつい分、終わった後に達成感がありますね。

Fさん カッターの艇長をさせてもらっていることです。自分の舵の動きによって12人の漕ぐ速さも変わるという“要”を握っている役割だそうで、責任も感じます。

Kさん 競技会でのやりがいやテスト終了後などは個人的な達成感はありますが、現在は教育期間なので、自衛官としてのやりがいを感じるというのはないですね。ただ、講話などで自衛隊自体が貢献している話などを聞くと、将来のやりがいを先取りしているような感覚はあります(笑)。

Iさん 自分に与えられた仕事を精一杯こなし、「今日も1日終わってこれでまた少し卒業に近づいたな」と思うときですかね。

Oさん ふとしたときに自分の成長を感じることがあって、そういう気づける瞬間にやりがいを感じます。たとえば今日は3000m走ったんですけど、2分くらいタイムが縮まって自己ベストだったんです。練習の成果が出ているのかなと。

 

Q 目指す理想の幹部像とは?

Oさん 若くして幹部になるわけですし、ベテラン海曹のようなスペシャリストにはなれませんが、誠実に、そしてモラリストでありたいと思います。

Kさん 私が防大1年のときに最初に会った部屋長は、今でも私の理想の上司です。真面目で公明正大で、付いて行こうと思える人でした。その人のようなリーダーシップを発揮できる幹部でありたいです。

Fさん やはり、部下からの信頼を得たいですね。この幹部候補生学校を出た後も、常に甘えずに人に見えない部分での努力を続けることで、周囲から認められるような幹部になれればいいと思っています。

Hさん 自分より年上の部下やベテラン隊員には、知識的にはかないません。ただ、そういった人たちは、Aという作業をこなす場合にもともと定められた手順を追わず、自分の経験と知識に基づいた手順で進めかねません。でもそれは本来NGなわけですから、ベテラン海曹に対しても、だめなものはだめとはっきり言える幹部になりたいですね。

Iさん こちらが命令したり指示を出したりしても、海曹たちが動かなければなにも始まりません。手足となって動いてくれる人たちを大切にしないといけないわけですが、部下の機嫌を取ったりへつらったりすることで信用を得るのではなく、自分の人間性を見て「この人には付いていけるな」と思ってもらえるような幹部になりたいです。

 

候補生たちのQ&Aはここまでですが、ちょっと余談を。
ロンドンオリンピックレスリング銅メダリストの湯元進一1等陸尉は、現役引退後に福岡県久留米市にある陸上自衛隊幹部候補生学校に入校、9カ月を過ごしました。彼は大学卒業後に入隊して以来、ずっと朝霞駐屯地内にある自衛隊体育学校でレスリングに打ち込んできました。また、階級も試合の成績が直結するので、幹部候補生学校を経ずとも幹部になっていました(そんなわけで、体育学校の指導者たちの多くは、幹部でありながら陸海空幹部候補生学校に入校していません)。
湯元1尉もすでに「1尉」なのですから本来入校の義務はありませんが、あえて険しい道を選びました。その感想は「とにかく勉強が大変だった」そうで、相当苦労したようです。そして「せめて運動面では負けまい、体力面では同期を引っ張っていこうと、そこはぶっちぎりでした(笑)。幹部候補生学校ではレスリングの練習では味わったことのない悔しい思いもしましたが、これまでの人生になかったことを学んだ、貴重な日々でした」と言っていました。また、これまで体育学校の自衛官としか付き合いがなかったけれど、ともに学んだ大切な同期の仲間ができたことが「すごくうれしかった」と。ちょっといい話ですよね。

 

 

(つづく)

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和三年(西暦2021年)4月1日配信)

 





「丸」7月号に「日本の無人機最新レポート」が掲載されました。
竹内修氏の巻頭グラビアページと合わせてお楽しみいただければ幸いです。ドローンは戦闘を変え、災害で命を救い、宅配便にもタクシーにもなり……ものすごい可能性を秘めていて、知るほどに面白く、空恐ろしくもあります。まずは国産ドローン頑張って欲しいです!
「PANZER」7月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第27回が掲載されました。
福島第一原発の状況を政府などから一切知らされないまま迎えた14日朝。3号機で起きた水素爆発で、初めて火箱氏は原発が危機的状況にあることを知ります。翌日、ヘリ放水の打診がありました。
「正論」7月号に「われらの女性自衛官」第4回が掲載されました。
今回は航空自衛官の整備幹部。防大1期生であり、防大生の長女、高校3年生の息子たち(双子!)のお母さんでもあります。取材時は空幕勤務でしたが、現在は那覇の第9航空団整備補給群司令として約700名の隊員を率いています。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

海上自衛隊幹部候補生学校(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(1)」(令和二年(2020年)12月10日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(2)」(令和二年(2020年)12月17日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(3)」(令和二年(2020年)12月24日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(4)」(令和三年(2021年)1月7日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(5)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(5)」(令和三年(2021年)1月14日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(6)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(6)」(令和三年(2021年)1月21日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(7)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(7)」(令和三年(2021年)1月28日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(8)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(8)」(令和三年(2021年)2月4日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(9)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(9)」(令和三年(2021年)2月11日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(10)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(10)」(令和三年(2021年)2月25日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(11)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(11)」(令和三年(2021年)3月4日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(12)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(12)」(令和三年(2021年)3月11日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(13)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(13)」(令和三年(2021年)3月18日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(14)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(14)」(令和三年(2021年)3月25日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(16)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(16)」(令和三年(2021年)4月8日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(17)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(17)」(令和三年(2021年)4月15日配信)です。
海上自衛隊幹部候補生学校(18)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「海上自衛隊幹部候補生学校(18)」(令和三年(2021年)4月22日配信)です。