海上自衛隊幹部候補生学校

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

海上自衛隊幹部候補生学校記事一覧

海上自衛隊幹部候補生学校(1)

年間約600名の一般幹部候補生、幹部予定者、飛行幹部候補生などが教育を受け、3等海尉に任官して巣立って行く幹部候補生学校。江田島はすべての幹部海上自衛官の原点であり、海軍の伝統、精神を受け継ぐ聖地でもあります。「スマートで目先がきいて几帳面、負けじ魂、これぞ船乗り」。このシーマンシップを未来の幹部に...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(2)

海上自衛隊幹部候補生学校の任務は、防衛大学校、防衛医科大学校、一般大学卒業者および部内からの選抜者に対し、幹部自衛官としての資質を養わせるとともに、初級幹部自衛官として必要な基礎的知識や素養、技能を取得させることです。一言で言えば「初級自衛官としての基盤づくり」といったところでしょう。そのために「使...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(3)

先週の最後でカリキュラムについて触れました。金曜夜から日曜夜までは原則として休日で外泊も許可されていますが、試験や各種競技会の前など、休日を勉強や訓練に充てる場合も少なくありません。心待ちにしているであろう週末のフリータイムも、100%確約されているわけではないということです。幹候での全課程を修了し...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(4)

2021年最初のメルマガも、海上自衛隊幹部候補生学校の続きです。旧帝国海軍の伝統を色濃く残す海上自衛隊幹部候補生学校には、トリビア的なネタが山ほどあります。ここではそのほんの一部をご紹介しましょう。●五省至誠に悖るなかりしか (真心に反する点はなかったか)言行に恥ずるなかりしか(言行不一致な点はなか...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(5)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。住んでいる地域に緊急事態宣言が発令されてしまいました。その瞬間、決まっていた仕事がふたつ、「1都3県からの取材者は受け入れ不可」という理由で中止になりました。年始早々恐れていたことが起きて、さすがにへこみました。気持ちを切り替えないといけませんね。K様教官として海...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(6)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。今月はせっかく決まっていた海自取材も延期になってしまいへこんでいましたが、緊急事態宣言解除後にできるだけ早い日程でリスケしていただけることになり、気持ちも大いに上向きになりました。やはり対面にまさる取材はないですね。海上自衛隊幹部候補生学校(6)今週は一般幹部候補...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(7)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。『PANZER』3月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第23回が掲載されました。中部方面総監が自衛官人生の集大成と考えていたところ、折木陸幕長からかかってきた1本の電話。第32代陸幕長の内々示を受けてからの火箱氏の心の揺れは、とりわけ丁寧...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(8)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。緊急事態宣言が延長されそうですね。これでまた取材が延期になったり、見送りになったりします。考えると気が重くなる一方ですが、今月は待ちに待った取材もあるので(こちらは予定通り行けそうです)、それを楽しみに乗り切ります。みなさまもどうぞご自愛ください。海上自衛隊幹部候...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(9)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。銀河英雄伝説全15巻、ついに読み終えてしまいました。早く読みたくて、けれど読み進めてしまうのがもったいなくて、読むのは移動中のみというルールまで設けて去年から引っ張ってきましたが、ついに終わってしまいました。もう一度1巻から読み直すか、あるいは久しぶりにトム・クラ...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(10)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。訓練検閲の取材で、久しぶりに北海道に行ってきました。冬の北海道の取材は自衛隊取材の中でいちばん好きなので、心身ともに充電できました。想定外だったのは、帰りのフライトが荒天で欠航になり帰宅が1日遅れてしまったこと。往路も目的地の旭川空港が雪の影響でなかなか着陸できず...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(11)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。現在発売中の『PANZER』4月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第24回が掲載されました。ついに陸幕長時代に突入です。削減を続ける防衛予算、人員になんとか歯止めをかけようと奔走し希望が見えてきたとき、政権交代でどんでん返し。陸幕長として...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(12)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。東日本大震災から10年が経ちました。きりのいい数字ということもあって、テレビなどメディアでの特集が目立ちますが、被災した地域や人々にとっては「きりがいい数字」など関係ありませんよね。「10年が一区切り」なども、当事者の心情や実情をないがしろにしていると感じます。阪...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(13)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。新型コロナウイルスの影響で仕事が減ってから、仕事以外のことで初めて取り組んでみたものがあります。その結果、自分がいかに仕事を好きかということを知りました。もちろん仕事が好きだということは以前からわかっていましたが、「これほどまでに好きだとは!」と驚くレベルであるこ...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(14)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。幼少時から耳鳴りは当たり前の症状だったのですが、この1年「在宅」「ひとり」という環境が例年より長かったせいか、初めて耳鳴りを「うるさいな」と思うようになりました。これを書いている今も、もちろん鳴っています。あまりにうるさいので検索してみたら、いろいろな対処があるこ...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(15)

ごあいさつこんばんは。渡邉陽子です。雑誌記事のお知らせです。「パンツァー」5月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第25回が掲載されています。陸上自衛官約15万人のトップとなった火箱氏。2010年、中国訪問時のエピソードは読み物としてもお楽しみいただけると思います。「丸」5月...

≫続きを読む

 

海上自衛隊幹部候補生学校(16)

海上自衛隊幹部候補生学校(16)今週は幹候の教官、3名の声をご紹介します。航海船務課 教育部 分隊長 1等海尉30名ほどいる分隊員の、内務面での監督をしています。いわば担任のような存在です。候補生たちの入校後の成長は著しいですよ。自分のヴィジョンを示して計画的に物事を進められるようになりましたし、そ...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓