陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲記事一覧

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(1)

87式自走高射機関砲(以下、87AW。そのまま「はちななえーだぶりゅー」と呼びます)は、局地防空用の自走型近距離対空火器です。米軍から陸自に供与されていた40mm自走高射機関砲M42、対空自走砲M15A1の後継として1978年から開発が開始され、1987年に制式化されました。35mm2連装高射機関砲...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(2)

今週は87AWの構造について詳しく見てみます。外見は87AWと同じく、砲塔両側面に35mm(エリコンKDA)機関砲2門を備えているドイツのゲパルト対空自走砲によく似ています。ちなみに射撃統制コンピュータは、ゲパルトはアナログ式ですが、87AWはより進んだデジタル式のものが搭載されています。車体は均質...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(3)

先週は87AWの構造についてご紹介しましたが、今回は87AWの抱える課題についてご紹介します。大別すると、課題は2点あります。1点目は高価なことです。87AWは1両ですべての対空攻撃を行なうだけの装備が詰め込まれています。そこに高度なエレクトロニクスを満載された結果、1両の調達価格が約15億円と非常...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(4)

先週は87AWの抱える課題と、それに対する反論的な意見をご紹介しました。今週は87AWの存在意義について考えてみます。対ソ連の北方重視から中国の海洋進出が著しい南西諸島へとシフトした今、87AWの存在意義が微妙になりつつあるという声があるのは事実です。しかし、「調達が終了している時代遅れの装備品」と...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(5)

先週までは87AWの装備について細かく見てきましたが、今週からは陸上自衛隊高射学校(千葉市、下志津駐屯地に所在します)における87AWの陸曹教育についてご紹介します。2019年の秋から翌年にかけて、陸上自衛隊高射学校で87式自走高射機関砲(以下、87AW)の陸曹教育が行なわれました。学生たちは約4カ...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(6)

千葉県の下志津駐屯地に所在する陸上自衛隊高射学校では、高射特科に関わる各種教育が行なわれています。取材した87AWの課程では、87AWに乗車する車両を指揮する砲班長、射撃を担当する射手、操縦を担当する操縦手のうち、射手、砲班長の任務を担うための教育が実施されました。学生たちはまず87AWの構造機能を...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(7)

M陸士長(取材時)は高等工科学校出身。卒業後、陸曹教育隊、高射教導隊付配置を経て高射学校に入校しました。高等工科学校については4年前にこのメルマガでもご紹介していますので、以下に当時の記事の一部を抜粋し、簡単におさらいしておきます。陸上自衛隊では近代化する装備を取り扱う人材の育成を目的として、昭和3...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(8)

高射学校の教官にも話を聞きました。学生たちの指導に当たってきたのがS1尉です。第7特科連隊で13年87AWに携わり、高射学校では約2年、第1教育部で87AWの指導教官を務めてきました。「今回入校していたのは、87AWのドライバーを経験してから陸曹試験に合格、高射学校に入校という流れの学生が中心です。...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊高射学校&87式自走高射機関砲(9)

87AW&高射学校最終回は、高射学校長宮本久コ陸将補へのインタビューで締めくくりたいと思います。「高射学校の任務のひとつが、高射職種に必要な知識や技能の教育です。技術の進歩が著しい空からの脅威にいかに適応する能力を付与するかが教育の主眼になっており、将来の高射職種を担う『人財』の育成を大きな方針とし...

≫続きを読む

 

 





「丸」7月号に「日本の無人機最新レポート」が掲載されました。
竹内修氏の巻頭グラビアページと合わせてお楽しみいただければ幸いです。ドローンは戦闘を変え、災害で命を救い、宅配便にもタクシーにもなり……ものすごい可能性を秘めていて、知るほどに面白く、空恐ろしくもあります。まずは国産ドローン頑張って欲しいです!
「PANZER」7月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第27回が掲載されました。
福島第一原発の状況を政府などから一切知らされないまま迎えた14日朝。3号機で起きた水素爆発で、初めて火箱氏は原発が危機的状況にあることを知ります。翌日、ヘリ放水の打診がありました。
「正論」7月号に「われらの女性自衛官」第4回が掲載されました。
今回は航空自衛官の整備幹部。防大1期生であり、防大生の長女、高校3年生の息子たち(双子!)のお母さんでもあります。取材時は空幕勤務でしたが、現在は那覇の第9航空団整備補給群司令として約700名の隊員を率いています。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓