陸上自衛隊第4師団訓練検閲

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

陸上自衛隊第4師団訓練検閲記事一覧

陸上自衛隊第4師団訓練検閲(1)

今週から陸自の訓練検閲を紹介する連載のスタートです。敵と味方に分かれて実戦さながらの訓練を行ない、指揮官の判断力や隊員の練度をチェックする訓練検閲は、実戦経験のない自衛隊にとって、いざというときに日頃の実力を発揮するために不可欠なもの。疲労や眠気と闘いつつ最後まで力強さを保持した受閲部隊の面々、そし...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊第4師団訓練検閲(2)

先々週は、訓練検閲は検閲を受ける受閲部隊、受閲部隊の敵役を担当する対抗部隊、そして検閲を統括し円滑に進行する役割を担う統裁部という3つの機能から構成されることをご紹介しました。受閲部隊と対抗部隊の説明に続き、今週は統裁部のご紹介からです。統裁部は統裁部長を筆頭に、企画統制部、補助官部、審判部、安全部...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊第4師団訓練検閲(3)

今回の訓練検閲は実射検閲、車両行進、徒歩行進、戦術行動からなっています。車両行進では急にルートが変更になるといったトラップが仕掛けられていたほか、パンクしたからタイヤを交換するよう言われたり(もちろん実際にパンクはしているわけではありません)、休憩時にちゃんと警戒を出しているか、車の点検をしているか...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊第4師団訓練検閲(4)

前線の現場を後にして、今度は宮崎県と設定されている十文字原演習場にいる第4高射大隊を訪ねました。ちょうど天幕を張った仮の指揮所から地下への指揮所へと移転準備中で、掩材と呼ばれる太い丸太を隊員たちが運んでいるところでした。この上からさらに40cmの土をかぶせるのが決まりで、手抜きせずにしっかり土を盛っ...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊第4師団訓練検閲(5)

16戦闘団長に、今回の訓練検閲について聞いてみました。「検閲は隔年で行なれるテストみたいなものです。私は隊員にテストでいい点を取ろうと思うな、自分たちが普段から訓練していること、そしてこの検閲のために工夫したことなどの成果をしっかり出し、失敗を恐れずやりなさいと言っています。検閲でいい成績を取ること...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊第4師団訓練検閲(6)

前線で戦っている隊員たちを支えているのが戦闘団段列、いわゆる兵站です。衛生や整備、補給など、段列なくして戦闘は成り立たりません。戦闘団指揮所よりもさらに後方の奥まった場所で、普通科直接支援隊や補給小隊が黙々と働いています。600名分の食事の材料が届く糧食交付所、その山のような材料を調理する小さな調理...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓