明野駐屯地航空学校

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

明野駐屯地航空学校記事一覧

明野駐屯地航空学校(1)

今週から、陸上自衛隊明野駐屯地に所在する航空学校をご紹介します。三重県で唯一、飛行場がある明野駐屯地。飛行場は大正9年に開設し12年に明野陸軍飛行学校に昇格、数多くのパイロットを輩出しました。戦後は保安隊航空学校が浜松に開設。昭和30年に明野に移駐すると同時に明野駐屯地も開設され、その他の部隊も移駐...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(2)

ヘリパイへの道は長く険しいものです。そもそも操縦士になれるか以前に、操縦士になるための教育訓練を受けられるか、そこにたどり着くまでも難関です。選抜試験の一次は一般教養(国語、社会、英語、理科)と自衛隊問題(各種法律、国際条約等)の筆記試験です。続く二次試験は航空適性検査、航空身体検査、体力検定、口述...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(3)

先週は陸自のヘリパイになるまでの道のりをご紹介しました。今週は航空学校長(取材時)の話をご紹介します。とてもわかりやすく、そして陸自のヘリ&ヘリパイの特性を的確に話されていて、読み物としても大変おもしろいです!陸自航空科は陸上作戦を構成するひとつの機能です。地上部隊の作戦を成功させるために、航空科の...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(4)

先週は航空学校長(取材時)の話をご紹介しました。個人的には「陸自のヘリパイは『まっぷる』で飛ぶ」と聞いたときがいちばん「それそれ!」と、陸自航空科の特徴をもっとも端緒に表していると感じました。朝9時。駐機場にはすでに何機ものTH-480Bが並び、離陸に備えています。この練習用ヘリは教育用に使用してい...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(5)

陸自における装備品の整備は使用者、野整備、補給処整備の3段階に分かれていますが、航空科のみ昔ながらの5段階を踏襲しています。1段階整備は操縦士による飛行前点検、2段階は定期的に行なう軽微な整備。3段階はエンジンやトランスミッションを下ろしたり部品を定期的に交換するなどで、ここまでが整備部の担当となり...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(6)

幹部航空操縦課程に入校中の学生たちに話を聞きました。今回は第2教育部の学生4名のコメントを紹介します。A3尉は入隊前、自衛隊は肉体的にきつくて泥臭いイメージがあったそうです。「実際に入隊すると、その通りどころか想像以上でした(笑)。その反面、隊員のことを考えた熱意のある指導は『ここまで考えてくれるの...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(7)

先週は幹部航空操縦課程に入校中の学生たちに話を聞きました。その学生たちを指導する教官2名のコメントを紹介します。学生に操縦の指導をする第2教育部の、指導する側である教官にも話してもらいました。第2教育部教官室長の2佐はUH-60JA、AH-64Dの操縦を学ぶために2度の米国留学を経験した経歴を持ちま...

≫続きを読む

 

明野駐屯地航空学校(8)

明野の航空学校の話が思っていたより長くなりますが、私も楽しく連載させていただいています。明野駐屯地の所在する三重県伊勢市に隣接する松阪市は、世界に誇る黒毛和種ブランド松阪牛で知られていますが、私にとっては今も昔も「松阪高校」が真っ先に思い浮かびます。というのも、高校時代に部活動でグライダーを操縦して...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓