神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(6)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(6)

先週は火箱氏が沖縄に配属された当時の沖縄の状況についてご紹介しました。自衛隊に対する沖縄県民の拒絶反応はすさまじいものがありましたね。特に最初は「自衛隊帰れ」ではなく「日本軍帰れ」とシュプレヒコールを挙げていたそうですから、部隊も大変だったと思います。
では続きをどうぞ。今回は当時、幹部候補生だった火箱氏にとってはほとんど雲の上のような存在だった第1混成団長のご紹介です。沖縄県民として凄絶な人生を送られた人です。

 

 

 

少し脱線するが、若き日の火箱に影響を与えた第1混成団長、桑江良逢氏についても記しておきたい。

 

桑江氏は1922(大正11)年、沖縄県首里市に生まれ、沖縄一中から広島幼年学校を経て陸軍士官学校を1941(昭和16)年に卒業後、満州東部国境警備隊で勤務。1944(昭和19)年2月に内南洋メレヨン島部隊の中隊長となり、そこで終戦を迎えた。
1952(昭和27)年に警察予備隊入隊。防衛大学校教官、第10普通科連隊長(北海道滝川)を経て臨時第1混成群長となり沖縄へ移駐。1976(昭和51)年8月まで第1混成団長を務め、1977(昭和52)年1月に退官した。
沖縄戦で祖母、母、弟の家族全員と多数の親戚縁者や友人、知人を失っている。さらに士官候補生以来の原隊である歩兵第32連隊、第24師団主力(山部隊)も沖縄で玉砕。
著書『幾山河』には「運命は皮肉にも、沖縄出身の私が、派遣隊として連隊主力よりも半歳さきに南方に転進したために、こうして生き残り、満州時代の上官・同僚・部下・教え子等の大部分が、ここ沖縄の土となってしまった」と記されている。
家族の死は引き上げ後に知り、機銃掃射にあったと聞かされたサトウキビ畑で、肉親の名前が刻まれている撃ち抜かれた弁当箱を見つけたという。

 

沖縄部隊指揮官の職務は桑江氏自身の希望でもあった。
周囲は「君は満州や南方戦線で人並み以上の苦労をした。命令ならば仕方ないが自ら進んで困難な沖縄部隊指揮官の職務を希望することはない。しかも栄転ならともかくすでに何年も前に連隊長を終えた君にとって、第1混成群は部隊の規模から言っても格下げの職務ではないか」と反対した。しかし桑江氏は「私にとって沖縄は単なる故郷ではなく聖域であり聖地。沖縄部隊指揮官という職務はそういう場所をお守りする指揮官と受け止めている」と、意志を曲げなかった。このような経歴の持ち主が、火箱が最初に赴任した部隊の長だったのである。
臨時第1混成群長という役職は革新勢力にとって最大の攻撃対象だったため、就任後の桑江氏にはどこに行くにもMPが同行した。休日の夜に飲みに出かけるときも、私服のMPが付いて来た。それほど沖縄部隊指揮官とは覚悟が求められる職務だった。

 

2010(平成22)年3月、第15旅団の改編に伴い第1混成団は廃止された。このとき、火箱は陸上幕僚長。改編行事で訪れた際、意識が混濁する病床にあった桑江氏を見舞った。付き添う令夫人が「火箱さんよ」と声をかけると、「おお!」と一瞬目を見開き、温かい手で握り返した。幹候を出たばかりの火箱の初々しい姿を知っている桑江氏にとって、陸幕長となった火箱の姿がどれほど喜ばしく頼もしく映ったか想像に難くない。
火箱は旅団における祝賀行事で、「小隊長として沖縄にいた頃とは比べものにならないほど、今では多くの方々が自衛隊を支えてくれている。病気で欠席されている桑江元団長がこの場にいたなら、今日の日を大変喜んだでしょう」とあいさつしている。桑江氏は第15旅団改編後しばらくして逝去した。

 

 

(つづく)

 

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(令和二年(西暦2020年)2月6日配信)

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(1)」(令和元年(2019年)8月1日配信)です。
神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(2)」(令和元年(2019年)8月8日配信)です。
神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(3)」(令和元年(2019年)8月22日配信)です。
神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(4)」(令和元年(2019年)8月29日配信)です。
神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(5)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(5)」(令和二年(2020年)1月30日配信)です。
神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(7)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(7)」(令和二年(2020年)2月13日配信)です。
神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(8)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生(8)」(令和二年(2020年)2月20日配信)です。