航空自衛隊 警戒航空隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

航空自衛隊 警戒航空隊記事一覧

航空自衛隊 警戒航空隊(1)

北海道から沖縄まで、全国28か所にある航空自衛隊のレーダーサイト、は24時間体制で日本の防空圏を監視しています。そのレーダーサイトで掌握しきれない部分の監視や警戒管制を空中で行なうのが警戒航空隊です。ひとつの部隊で2つの機種を運用する稀有な部隊は、2006年に統合幕僚監部が設立され統合運用が始まった...

≫続きを読む

 

航空自衛隊 警戒航空隊(2)

AWACSをすっぽり収められるとあって、ハンガーも巨大です。整然と片付けられたハンガー内で黙々と自分の仕事をこなしている隊員たちが、やけに小さく感じます。面白いのはAWACSを囲んでいる足場で、ロートドームの部分はその形に合わせて円形になっていること。この足場そのものも、年に1度しっかり整備されるそ...

≫続きを読む

 

航空自衛隊 警戒航空隊(3)

航空自衛隊 警戒航空隊03取材時の飛行警戒管制隊長である2等空佐は、ミッションクルーコマンダー(隊長として搭乗するクルーをまとめる立場)としてAWACSに搭乗しています。「フライト中は全員が力を合わせないとひとつの任務が成立しないので、隊員それぞれに任務の重要性や目的意識・役割意識を持ってもらうよう...

≫続きを読む

 

航空自衛隊 警戒航空隊(4)

飛行警戒管制隊飛行班の1等空尉はAWACSのパイロット。常に「整備と連携して安全に飛ばすこと、上空ではミッションクルーに快適な環境を与えること」を心がけているといいます。本来パイロットというのはもっともスポットライトを浴びる花形というイメージがありますが、1尉からすれば「AWACSの主役はあくまでも...

≫続きを読む

 

航空自衛隊 警戒航空隊(5)

AWACSには早期警戒管制機という名称があります。一方、今年1月から三沢基地に配備されたE−2Cの後継機であるE−2Dは早期警戒機といい、「管制」の文字が含まれていません。E−2Dは空中で相手を早期に発見するための航空機であり、「空飛ぶレーダーサイト」と言われています。一方、AWACSも早期警戒機で...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓