第一空挺団平成31年降下訓練始め(1)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第一空挺団平成31年降下訓練始め(1)

2019年1月13日、陸上自衛隊習志野演習場(習武台)にて陸上自衛隊第1空挺団の「降下訓練始め」が行なわれました。
この行事は、年の始めに落下傘による降下およびヘリコプターを使用した空中機動作戦を展示し、1年間の降下安全を祈願するとともに、第1空挺団に対する理解と信頼を醸成するため毎年行なっているものです。一般公開もされているので、足を運ばれた方もいらっしゃるかもしれません。

 

年始の降下訓練の始まりは1969年にまでさかのぼります。
最初は習志野演習場(習武台)でその年の降下訓練の安全を祈る「開傘祈願祭」として始められた部内行事でしたが、1974年に一般公開を始め、1976年からは現在のように防衛庁長官(当時)の視察を受け、空挺団の年頭行事「降下訓練始め」行事として行なうようになりました。

 

第1空挺団は言わずもがな、日本で唯一の落下傘部隊です。
1954年、福岡県の香椎で米陸軍空挺部隊の教育を受けた要員からなる臨時空挺練習隊が創られ、自衛隊の空挺部隊創設の基礎となりました。翌年に千葉の習志野駐屯地に移駐、空挺教育隊の編成を経て、1958年に第1空挺団が編成されました。そして1960年に東部方面隊新編に伴いその隷下となり、2007年には中央即応集団隷下、そして2018年には陸上総隊隷下となり現在にいたります。

 

所属している隊員のほぼ全員が空挺レンジャーという陸自の精鋭部隊であり、侵略・天災地変などの国家の危機に際し、高い即応力と機動力をもって全国でのあらゆる事態に素早く対処します。
また、空挺隊員に対するおもな教育としては、ほかのレンジャー課程よりさらに過酷(!)と言われる空挺レンジャー課程、降下の準備から降下および物料梱包から投下までの指揮・監督ができる隊員を養成する降下長課程、そして高高度から降下できる自由降下課程などがあります。

 

ちょっと脱線しますが、筆者は第1空挺団の隊員の結婚式に出席したことがあるのですが、その際の余興が新郎の指示のもと隊員が降下する一連の流れを披露するというものでした。披露宴会場に響き渡る新郎の大声とそれを復唱する隊員たちの大声、ドーランを塗った(ここまでやりました)顔、無駄のない機敏な動きなどなど、普段自衛隊とは無縁の親類縁者は大興奮で、かぶりつきで動画撮影にいそしんでいました。

 

話を戻して、今回の降下訓練始めの実行委員長は第1空挺団長の戒田重雄陸将補、実施部隊は第1空挺団。支援部隊は陸自が東北方面隊、東部方面隊、高射学校、施設学校、武器学校、第1ヘリコプター団、富士教導団、中央即応連隊、中央特殊武器防護隊など。海自が教育航空集団、空自が航空総隊(第1高射隊)と航空支援集団で、実施部隊と支援部隊合わせて約400名が参加しました。
そして米陸軍が在日米陸軍(沖縄)約30名、第25師団第4歩兵旅団戦闘団(米国アラスカ州)約50名の計80名となっています。
支援航空機はC−1輸送機、C−130H輸送機、C−2輸送機、P−3C哨戒機、LR−2連絡偵察機、CH−47JA輸送ヘリ、UH−1J多用途ヘリ、AH−1S対戦車ヘリ。支援車両等は89式走行戦闘車(FV)、96式装輪装甲車(WAPC)、96式多目的誘導弾システム(MPMS)、16式機動戦闘車(MCV)、水陸両用車(AAV7)、10式戦車、74式戦車、87式偵察警戒車です。

 

(以下次号)

 

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(平成31年(西暦2019年)4月25日配信)

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

第一空挺団平成31年降下訓練始め(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「第一空挺団平成31年降下訓練始め(2)(令和元年(2019年)5月9日配信)です。