航空自衛隊ファントムの軌跡

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

航空自衛隊ファントムの軌跡記事一覧

航空自衛隊ファントムの軌跡(1)

今週から4回にわたって、40年以上にわたって日本の空を守り、2020年度までにすべての退役が決まっている航空自衛隊のF−4EJ改ファントムU(本文ではF−4EJと表記)、通称ファントムの軌跡を振り返ります。2018年12月2日に行なわれた百里基地航空祭は、例年以上に熱いファントムファンが結集している...

≫続きを読む

 

航空自衛隊ファントムの軌跡(2)

ファントムは1971年に2機を完成輸入し、続く11機を三菱重工業でノックダウン生産、127機をライセンス生産により国産としました(ファントム4のライセンス生産が許可されたのは日本だけです)。装備総機数は当初104機でしたが最終的には140機となり、さらに1974年には偵察機RF−4Eを14機輸入。1...

≫続きを読む

 

航空自衛隊ファントムの軌跡(3)

ファントムは140機導入されたF−4Jのうち、90機がF−4EJ改に改修されています。生産終了した1981年から、機体寿命延長と防空能力の向上・近代化を目的として6年の年月をかけて改修に着手。改修はアビオニクスが中心で、おもな内容は@レーダー、FCS(火器管制システム)の近代化A航法・通信能力の向上...

≫続きを読む

 

航空自衛隊ファントムの軌跡(4)

かつては北海道から沖縄まで全国にF−4EJ部隊が所在していましたが、現在その姿を見られるのは百里基地のみ。特に2016年に第301飛行隊が新田原から古巣の百里に戻ってきてからは、第301飛行隊、第302飛行隊、第501飛行隊と空自のF−4EJ部隊のすべてが百里に集結。そのため百里基地はファントムネス...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓