陸上自衛隊大改編

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

陸上自衛隊大改編記事一覧

陸上自衛隊大改編(1)

今年(2018年)3月27日、25大綱で「統合機動防衛力」構築が打ち出されて以来、陸自が取り組んできた大改革がついに始動しました。25大綱とさっくり書いてしまいましたが、「?」という方のためにご説明しておきます。25大綱とは、「平成25年に決定した防衛計画の大綱」を略して表記したものです。25大綱と...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊大改編(2)

今春行なわれた陸自組織改編のお話、第2回目です。前回は部隊等の新編・改編の柱は「指揮統制能力の強化」、「作戦基本部隊の改編」、「水陸両用機能の整備」、「警戒監視能力等の強化」、「体制改革を支える教育訓練研究体制の充実」の5点であることまでご紹介しました。今回はその中の「指揮統制能力の強化」を取り上げ...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊大改編(3)

今春行なわれた陸自組織改編のお話、第3回目です。第8師団と第14旅団は、高い機動力や警戒監視能力を備え、機動運用を基本とする「機動師団」「機動旅団」に改編されました(今後は約半数の師団・旅団が機動運用型へ改編される予定です)。8師団の場合、第42普通科連隊を第42即応機動連隊に改編し、師団の先遣部隊...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊大改編(4)

今春行なわれた陸自組織改編のお話、第4回目です。陸上総隊の新編と並んで今回の改革の目玉となっているのが、同じく新編された水陸機動団です。約6800もの島からなる日本の防衛に水陸両用作戦能力は欠かせないものですが、これまでの自衛隊はその機能が十分に備わっているとは言えませんでした。そこで島しょへの侵攻...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊大改編(5)

今春行なわれた陸自組織改編のお話、最終回です。今回の改編は、今まで空白地帯であった南西防衛を強化するため意義あることには違いありません。しかし、改編により生じるリスクがあるのも事実です。たとえば人員不足。新しい部隊ができても自衛官の定員が増えるわけではないので、人手不足になる部隊が出てくることは避け...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓