航空自衛隊 第1高射群(7)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

航空自衛隊 第1高射群(7)

先週に続き、今週も第1高射群第4高射隊射撃小隊と整備小隊の転地訓練の話です。
どこでも機動展開して防空対処するのが高射部隊の任務ゆえ、部隊が荒れ地や障害物が多いような場所に展開することもないわけではありません。しかし現実には防護対象が平野部だったり都市部であったりするので、おのずと展開場所も似た地形の場所になります。ちょうど取材時に訓練している場所のような平坦な地への展開が基本なのでしょう。

 

射撃小隊の高射操作員達は少しの移動でも駆け足で、作業の1つ1つをそのつど声に出して確認していきます。大声が飛び交う現場は、空自というよりも陸自の訓練をほうふつさせます。取材していると、空自の高射部隊と陸自の高射特科部隊の空気が驚くほど似ていることに何度も驚かされました。陸海空自衛隊には歴史、伝統、文化などさまざまな違いから、どれほど統合運用が進もうと決して染まらない独自の「色」がありますが、陸自のナイキが部隊ごと空自に移管され高射部隊が誕生したという背景もあるのでしょうか、本当に似ています。実際、射撃小隊と行動を共にする整備小隊はいかなる展開先でもペトリオットの整備を行うので、陸自の野整備さながらです。

 

アンテナマスト・グループには無線整備員、電源車には電気整備員、射撃管制装置にはシステム通信員といった具合に、各車両に整備員が配備され、射撃小隊の隊員と一緒になって走り回っています。はたから見ていると、射撃小隊と整備小隊の隊員が区別できません。それもそのはずで、限られた人数で1秒でも早く展開するため、手が空けばすぐさま人手が足りなさそうな場所を手伝うのが高射隊の常となっているのです。高射操作員も特定の器材だけでなく、どれでも扱えなければなりません。さらに器材の運搬も行うし、展開先では炊事や警備まで自分たちで行ないます。だからチームワークが大事と何度も耳にしたし、部隊の団結力が強いという話も聞きました。

 

器材の態勢がすべて整うと、さほど時間をおかずに今度はすべて撤去し場所を移動、再起動します。陣地変換の小規模版といったところですね。場所の都合上、電源車などより少し離れて展開していた発射機も、現在展開している第4高射隊のグラウンドからいったん撤収し、再び展開してからリロード訓練と呼ばれるミサイルの積め替えを行ないます。これはミサイルを発射したという想定で、空になったキャニスターを発射機から外してミサイル運搬車に乗せ、新たな弾をクレーンで設置するというもの。ミサイル運搬車、クレーン車、発射機のすべての連携が取れていなければ作業はスムーズに進みません。リロード訓練はチームワークが試される最たるものの1つと言えます。ペトリオットシステムがどれほど機械化されても、ミサイルの積み替えはチームプレーなしに迅速に行なうことはできないのです。

 

 

(以下次号)

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(平成30年(西暦2018年)6月21日配信)

 





「丸」6月号に「自衛隊の営業部隊 地方協力本部」が掲載されました
自衛隊の真の敵はあの国でもかの国でもなく、少子高齢化というのは過言ではありません。募集を担う地本は、国防の未来を託されているのです。また、50代のまだまだ働き盛りの年齢で定年退職を迎える自衛官の、第2の人生をサポートするのも地本の役目。すごいです地本。
「PANZER」6月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第26回が掲載されました。
2011年3月11日、東北地方でM9.0の巨大地震が発生。19日までに救助された被災者総数約2万7000名のうち約2万名を自衛隊が救助(約1万5000名は陸自による)。発災後72時間以内に自衛隊が救出した人は1万2351名でした。阪神淡路大震災での救助実績が警察3495名、消防1387名、自衛隊165名だったことを考えれば、初動が「命」に直結していることを改めて思い知らされます。その背景には火箱氏の処分覚悟の決断がありました。
「正論」6月号に「われらの女性自衛官」第3回が掲載されました。
今回は即応予備自衛官1期生。現役の自衛官時代よりはるかに長い時間、即応予備自として「いざ」に備えてきました。そして東日本大震災では自宅が半壊状態でありながら、招集に迷うことなく応じました。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

航空自衛隊 第1高射群(1)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(1)(平成30年(2018年)5月10日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(2)(平成30年(2018年)5月17日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(3)(平成30年(2018年)5月24日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(4)(平成30年(2018年)5月31日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(5)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(5)(平成30年(2018年)6月7日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(6)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(6)(平成30年(2018年)6月14日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(8)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(8)(平成30年(2018年)6月28日配信)です。
航空自衛隊 第1高射群(9)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー「航空自衛隊 第1高射群(9)(平成30年(2018年)7月5日配信)です。