第5普通科連隊八甲田演習

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

第5普通科連隊八甲田演習記事一覧

第5普通科連隊八甲田演習(1)

帝国陸軍とは一線を画し、戦後、新しい組織として誕生した陸上自衛隊。旧軍の持つ「負の遺産」と決別すべく、一貫して過去と現在の姿を重ね合わせることはなく時代を歩んで来ました。ところが同じ数字を冠する部隊として、山岳史上最悪といわれる遭難事故を起こした旧歩兵第5聯隊の歴史を受け入れ、その伝統を継承する定め...

≫続きを読む

 

第5普通科連隊八甲田演習(2)

青森の歩兵第5連隊と同じ時期、弘前の歩兵第31連隊も八甲田山踏破を試みています。5連隊が210名と大所帯であったのに対し、31連隊は38名の少数精鋭でした。そして5連隊は51kmを1泊2日で踏破する予定でしたが、31連隊は11泊12日、約220kmにおよぶ行程をひとりの死者も出すことなくやり遂げてい...

≫続きを読む

 

第5普通科連隊八甲田演習(3)

演習前日は、幸畑旧陸軍墓地への参拝、連隊長訓示、隊容検査などが行なわれました。隊員たちは迷彩模様の防寒戦闘外被の上から白色覆いをまとっています。背嚢を背負わせてもらうと、うんざりするほど重いのなんの。中にはスリーピング、飯盒、携行食、固形燃料、下着と靴下2セットずつ、防寒手袋、ワックス、カンフル軟膏...

≫続きを読む

 

第5普通科連隊八甲田演習(4)

第1中隊が出発した後の小峠には、スキーが雪に触れる、軋むような音だけが響きます。キュッっというその独特の音は、雪の水分が少ないほどよく鳴ります。ここがゲレンデならば最高のコンディションだろうに、そんなことを内心思いながら、こちらは慣れない官品スキーに四苦八苦しながら取材をしていました。第2中隊の隊員...

≫続きを読む

 

第5普通科連隊八甲田演習(5)

その後、宿営地である深沢に各中隊が集まって来たのは正午前後。こんな早い時間に移動をやめてしまうのかと不思議に思ったところ、5連隊が冬季に臨時編成している冬季山岳救難救援隊の隊長である2等陸尉が理由を教えてくれました。「冬季の山では、天候に関わらず15時くらいまでの行動が限界です。それ以降はぐっと気温...

≫続きを読む

 

第5普通科連隊八甲田演習(6)

八甲田演習の連載は今回で終了です。隊員たちはゴールだからといってペースを乱すこともなく、歓声を上げるわけでもなく、昨日の朝に小峠を出発したときと変わらない沈着な様子のままゴールに到達しました。今年の八甲田演習、無事に終了です。行進を終えた5連隊長は晴れやかな顔で「もっと吹雪いてくれればより厳しい状況...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓