空飛ぶ船を操る第71航空隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

空飛ぶ船を操る第71航空隊記事一覧

空飛ぶ船を操る第71航空隊(1)

2017年12月、第71航空隊の最後の1機だった救難飛行艇US-1Aが退役、71空はUS-2の1機種体制となりました。2013年6月にヨットでの太平洋横断中に遭難したにアナウンサーの辛坊治郎氏らを救出して一躍脚光を浴びたこの「空飛ぶ船」のことを、私はとうの昔にこのメルマガでご紹介したものをばかり思い...

≫続きを読む

 

空飛ぶ船を操る第71航空隊(2)

US-2の全長と全幅はいずれも約33m、全高約10m。全高の3分の1相当、波高3mの荒波にも着水でき、最大離陸重量が47.7tもありながら短距離での離着水が可能です。その距離、なんと着水は約330m、離水は約280mといいますから、国際線の発着する民間空港の滑走路が3000m級であることを考えれば、...

≫続きを読む

 

空飛ぶ船を操る第71航空隊(3)

今日は71航空隊の話の前に、飛行艇に関するわかりやすい記事を見つけたので、そのご紹介から。連載第1回に「世界で水陸両用の航空機を製造し運用しているのは、日本、カナダ、ロシアの3カ国のみ。しかし長距離が飛べ、波が高く荒い外洋に着水し遭難者をピックアップできる能力を持つ飛行艇と、その飛行艇を使いこなせる...

≫続きを読む

 

空飛ぶ船を操る第71航空隊(4)

また面白い記事を見つけたので、それをまずはご紹介します。2018年1月16日付の産経新聞に「消防庁、消防飛行艇導入を検討 海自のUS2改造機を想定」という記事が掲載されました。その一部を以下に抜粋します。「近い将来に起こるとされる南海トラフ巨大地震など大規模災害時の消火活動を想定し、総務省消防庁が消...

≫続きを読む

 

空飛ぶ船を操る第71航空隊(5)

着水してから本領発揮となるのが、遭難している人を助けに行く機上救助員です。ボートによる救助の場合、機体が着水してパイロットがプロペラの出力を調整し、海面に浮かぶ機体が風や潮流に流されないようにしている間に、機上救助員たちが機内後部の限られたスペースで手際よくゴムボートを組み立てます。荒れた外洋での救...

≫続きを読む

 

空飛ぶ船を操る第71航空隊(6)

先週に続き、捜索訓練の様子を追いつつクルーを紹介します。ひとりの海曹が遭難者役となり、海上にプカリと浮かびました。機上救助員2名がボートに乗り込み、迅速に船外機を取り付けます。彼らの動きを見ていると苦もなく一連の作業をこなしているように見えますが、実際はプロペラの風圧で水しぶきはすごいし、ボートは吹...

≫続きを読む

 

空飛ぶ船を操る第71航空隊(7)

第71航空隊、US-2の紹介の最終回です。US-2機内の通路を挟んで救難航空士の隣に座っているのは機上電測員です。取材時の機上電測員は、US-1Aでは通信士だったそうです。US-2では通信士単独の仕事はなく、救難航空士が兼務するため、電測員として転換するための訓練中とのことでした。「機上電測員はレー...

≫続きを読む

 

 





「丸」7月号に「日本の無人機最新レポート」が掲載されました。
竹内修氏の巻頭グラビアページと合わせてお楽しみいただければ幸いです。ドローンは戦闘を変え、災害で命を救い、宅配便にもタクシーにもなり……ものすごい可能性を秘めていて、知るほどに面白く、空恐ろしくもあります。まずは国産ドローン頑張って欲しいです!
「PANZER」7月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第27回が掲載されました。
福島第一原発の状況を政府などから一切知らされないまま迎えた14日朝。3号機で起きた水素爆発で、初めて火箱氏は原発が危機的状況にあることを知ります。翌日、ヘリ放水の打診がありました。
「正論」7月号に「われらの女性自衛官」第4回が掲載されました。
今回は航空自衛官の整備幹部。防大1期生であり、防大生の長女、高校3年生の息子たち(双子!)のお母さんでもあります。取材時は空幕勤務でしたが、現在は那覇の第9航空団整備補給群司令として約700名の隊員を率いています。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓