防衛大学校

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

防衛大学校記事一覧

防衛大学校(1)

三浦半島東南端の小原台は、西に富士山、東に房総半島の山々を望み、眼下には東京湾を見下ろす景勝地です。そこに将来の幹部自衛官を養成する防衛省の教育訓練機関、防衛大学校があります。昭和27年の発足以来2万人以上の卒業生を送り出し、自衛隊の中核となるべき幹部自衛官を多数育成してきました。しかし、学生であり...

≫続きを読む

 

防衛大学校(2)

今週は防大の沿革の続きからです。防大はポスト冷戦時代の大きく変動する内外情勢に対応し、教育の改編を重ねてきました。まず平成元年4月、理工学専攻の6専門が14学科に再編成されました。このときはカリキュラムも一部変更され、学業に必要な単位数や訓練の時間数が削減されています。ゆとりの確保を通じて、自主自立...

≫続きを読む

 

防衛大学校(3)

今回は防衛大学校での学びについてご紹介します。防衛大学校では教育訓練・学生舎生活・校友会という3本柱からなる教育が行なわれています。文科省の定める大学設置基準に準拠し、教養教育・外国語・体育・専門基礎の科目と専門科目(人文・社会科学専攻と理工学専攻)を一般大学と同じように教育すると共に、防衛学の教育...

≫続きを読む

 

防衛大学校(4)

「学生による自主的な」というフレーズを耳にすることの多い防大ですが、学生が定めた「学生綱領」もあります。これは学生の行動全般を律する規範であり道徳の水準でもあるので、まずは学生綱領をご紹介します。学生綱領国家防衛の志を同じくしてこの小原台に学ぶ我々は我々の手によって学生綱領を定めた。その目指すところ...

≫続きを読む

 

防衛大学校(5)

今週、来週の2週にわたって防大の年間行事についてご紹介します。防大生は実に多忙です。起床から就寝まで毎日が分刻みのスケジュール、やっと休日だと思えば校友会の合宿やら競技会に備えた練習やらで、のんびり休む暇もありません。この究極の団体生活、つらいことばかりなのか、あるいは熱く燃えるイベントもあるのでし...

≫続きを読む

 

防衛大学校(6)

先週に続き、防大の年間行事についてご紹介します。夏7月●遠泳(1年)1年生最大の難関のひとつであり、夏季定期訓練の一大イベント。8キロの遠泳で気力と体力の限界に挑みます。入校当時はカナヅチだった学生も教官の指導によって、この日までには見事に泳げるように。泳ぎきった達成感は1年を大きく成長させます。ち...

≫続きを読む

 

防衛大学校(7)

今週と来週の2週にわたり、防大生の1日をご紹介します。ひとりになることも居眠りすることも許されない防大生。起床ラッパで飛び起きてから消灯まで「走りっぱなし」の1日、とくとご覧ください。幹部自衛官になるというのは、本当に大変なことなのですね。●起床 6:30起床ラッパの音で一斉に起床。ラッパの音が体に...

≫続きを読む

 

防衛大学校(8)

先週に続き、防大生の1日をご紹介します。●昼食 12:00全員が学生食堂に集合し、一斉に昼食を取ります。座る席は固定。あらかじめ上級生のご飯をよそったりお茶を入れておいたりするのは1年生の仕事。ご飯をよそう量が微妙に違うのは、先輩ひとりひとりのリクエストが完璧に頭に入っているから! 取材当日はたまた...

≫続きを読む

 

防衛大学校(9)

今週は「防大生の生声」をお届けします。なぜ防大に入ったの? どんなことが辛かった? 逆に楽しかったことは?そんな14の疑問に、防大生7名が本音で答えます。普段聞くことのできない防大生の生声が凝縮された貴重なQ&A。誌面掲載時は本名でしたが、今回は以下のようにご紹介させていただきます。<回答した学生>...

≫続きを読む

 

防衛大学校(10)

今週も「防大生の生声」をお届けします。Q5 不思議なこと「不思議なことはいまだにあるけれど、しょうがないなというあきらめもある」(A男さん)、「最初はいっぱいあったけど、4年生になるともう何も不思議なことはなくなる」(B男さん)。この辺はさすが最上級生、達観したコメントです。また、「声が大きい! 大...

≫続きを読む

 

防衛大学校(11)

「防大生の生声」の続きです。Q9 プライバシーがない生活ってどう?これははっきり2つの意見にわかれました。まずは「大丈夫派」。「最初は大変だったけど、慣れてしまえばそれほど苦ではなかった」(A男さん)「大丈夫だった」(B男さん)「全然OK。むしろプライバシーがあった方が何かと壁ができるような」(F男...

≫続きを読む

 

防衛大学校(12)

防衛大学校のご紹介は今回が最終回です。最後は私が取材した当時の前防衛大学校長、五百旗頭真氏のコメントを一部抜粋してご紹介します。防衛大学校は自衛隊のリーダーとなる幹部自衛官を育成する、日本で唯一の大学教育機関です。もっとも特徴的なところは、陸海空3自衛隊の幹部となる学生を一緒に教育しているという点で...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓