海上自衛隊東京音楽隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

海上自衛隊東京音楽隊記事一覧

海上自衛隊東京音楽隊(1)

今週から「丸」4月号に掲載された海上自衛隊東京音楽隊の記事に加筆してお送りします。この記事は2016年4月に入隊した新人音楽隊員3名をクローズアップしつつ、東京音楽隊を紹介したものとなっています。東京音楽隊に配属されて間もない3人の新人音楽隊員は、音楽隊員になりたいという強い意志を抱き、高い倍率をそ...

≫続きを読む

 

海上自衛隊東京音楽隊(2)

今回は2016年度に海上自衛隊のセントラルバンド、東京音楽隊に入隊した新隊員3名のうち、2名のご紹介です。ユーフォニアム奏者の原大輔2等海士は、高校までは吹奏楽部でトランペットを担当していましたが、大学で「やさしく、けれど時に力強い音色に魅力を感じて」、ユーフォニアムへ転向。あっという間にユーフォニ...

≫続きを読む

 

海上自衛隊東京音楽隊(3)

実は原2士と在川2士は、海上自衛隊の音楽隊には2度目の挑戦で合格したという経歴と持ちます。つまり2人とも大学4年生の時は不合格となったものの入隊をあきらめきれず、1年就職浪人をして再度チャレンジしたのです。とはいえ、東京音楽隊が毎年ユーフォニアムとサックスの奏者を募集するとは限りません。募集がなけれ...

≫続きを読む

 

海上自衛隊東京音楽隊(4)

さて、今週は東京音楽隊長をご紹介します。昨年8月に第18代東京音楽隊長に就任した樋口好雄2等海佐は1981年入隊、護衛艦「あやなみ」に勤務(以前は音楽科職種で採用されても最初は必ず実施部隊に出ることになっていました)、翌年に打楽器奏者として東京音楽隊に配属されました。1993年以降は幹部自衛官として...

≫続きを読む

 

海上自衛隊東京音楽隊(5)

海上自衛隊東京音楽隊の新隊員の3人に入隊後の苦労を尋ねたとき、口を揃えて言ったのは「入隊後の教育訓練」。音楽科に配属されると決まっていても、ほかの新隊員同様、最初は教育隊で海上自衛隊のイロハを学びます。女性隊員は眉毛も耳も出る状態まで髪の毛を切らなければならないのも、覚悟していたこととはいえ切ない思...

≫続きを読む

 

海上自衛隊東京音楽隊(6)

海上自衛隊東京音楽隊の紹介は今回が最終回です。2016年12月9日、すみだトリフォニーホールで開催された定例演奏会の話の続きです。ステージのセッティングが完了したら、隊員ごとに割り振られた楽屋に散らばり昼食となります。ここで音楽隊長はじめ幹部自衛官の楽屋へ弁当を届けるのは新人の役目なのですが、渡すべ...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓