与那国駐屯地と沿岸監視隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

与那国駐屯地と沿岸監視隊記事一覧

与那国駐屯地と沿岸監視隊(1)

平成28年12月25日午前10時頃、中国初の空母「遼寧」が沖縄県の宮古海峡を太平洋に向けて通過したのを、呉基地に所在する第4護衛隊の護衛艦「さみだれ」と那覇基地所属の第5航空群のP−3C哨戒機が確認しました。領海侵犯はありませんでしたが、遼寧が太平洋に進出したのを海自が確認したのは初めてのことでした...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(2)

与那国駐屯地は与那国空港から車で10分ほど、与那国町で2番目に人口が多い久部良地区の丘の上にあり、四方を見渡せる立地にあります。低層の設計のうえ、白壁に赤瓦の建物は「自衛隊の建物と思えないほど周囲に溶け込んでいる」と島民からも好評です。実際、全国各地の「ザ・質実剛健」的な趣とは明らかに一線を画す外観...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(3)

今週も与那国駐屯地と沿岸監視隊の紹介です。与那国駐屯地所属隊員出身比率を見てみると、沖縄出身者は15%。そのうち本島10%、与那国・石垣・宮古出身が5%で、住民の自衛隊への理解を促進する一助となっています。九州・沖縄出身者が約8割を占め、西部方面隊選りすぐりの隊員からなる駐屯地といえるでしょう。また...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(4)

今週も与那国駐屯地と沿岸監視隊の紹介です。与那国島内では実射訓練が行なえないため、駐屯地内にはジックス訓練場と呼ばれる光線銃を使った訓練施設があります。この訓練所に設置されている戦闘射撃訓練シミュレーターは、隊員各自の射撃訓練もちろん、テロや武力攻撃事態といった有事の際、部隊として組織的な射撃訓練が...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(5)

先週は隊員たちが島の人々に受け入れられるまでを紹介しました。ただし、島民の「迷彩服」に対する抵抗感は根強いものがあります。一部の島民は制服の1つであり着用しているのが当たり前という認識でいてくれているようですが、島民の多くはこれまでの生活で一切接することのなかった迷彩服に威圧感や「軍隊」のにおいを感...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(6)

今週からは与那国島だけでなく、南西方面における防衛力整備の進ちょく状況についてご説明します。中国が強引な海洋進出に固執する理由として、この連載の1回目で「地上を開発し尽くしてしまった中国にとって、新たなエネルギー資源を求める場所はおのずと海洋になります」と述べました。しかし実際にはそれだけではありま...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(7)

政府は平成25年に策定された平成26年度以降に係る防衛計画の大綱、いわゆる25大綱で今後の防衛力の基本的指針を示し、今後整備する防衛力として統合機動防衛力を打ち出しました。統合機動防衛力とは、厳しさを増す安全保障環境に即応し、海上優勢・航空優勢の確保など事態にシームレスかつ状況に臨機に対応して機動的...

≫続きを読む

 

与那国駐屯地と沿岸監視隊(8)

今年の4月23日、与那国駐屯地と沿岸監視隊創設1周年の記念式典が同駐屯地で行なわれました。小林鷹之政務官はあいさつで「警戒監視がわが国の情報の優越を確保し、各種事態の発生を抑止することに大きく寄与している」と述べています。また、八重山毎日新聞の記事によれば、沖縄県が今年3月に発表した2014年度の「...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓