高等工科学校

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

高等工科学校記事一覧

高等工科学校(1)

 今週から数回にわたり、今年6月に取材し、JDA Club2016年夏号に掲載された陸上自衛隊高等工科学校の記事に、大幅に加筆してご紹介します。 陸上自衛隊では近代化する装備を取り扱う人材の育成を目的として、昭和30年に生徒制度が発足しました。昭和38年度には少年工科学校を開校、少年自衛官に対する教...

≫続きを読む

 

高等工科学校(2)

 学校組織は学校長のもとに自衛官と文官の副校長が各1名、企画室、総務部、教育部、生徒隊で構成されています。教育部には「一般教育」を担当する第1教官室、「専門教育」を担当する第2教官室があります。生徒隊は「防衛基礎学」を担当し、第1〜3教育隊(一般高校の1〜3学年に当たります)が置かれ、さらにそれぞれ...

≫続きを読む

 

高等工科学校(3)

 引き続き高等工科学校のご紹介です。先週は学校長のインタビューなどをご紹介しましたが、今週は職員をご紹介します。なお、職員や生徒の固有名詞はアルファベットでの表記とします。 彼ら生徒の生活面と学習面、両面で生徒を支えているのが職員です。 第2教育隊第9区隊長のA1等陸尉も、かつて生徒としてここで学ん...

≫続きを読む

 

高等工科学校(4)

 高等工科学校における一般教育では普通科高校と同等の教育を行なっているため、3年間の修了時には提携校である神奈川県立修悠館高校(通信制)の卒業資格が得られます。C防衛教官は国語を担当、1教隊の学級担任でもあります。担任は生活面の区隊長と学習面の教官とふたり体制なのです。C防衛教官は小学校から大学院ま...

≫続きを読む

 

高等工科学校(5)

 高等工科学校のF生徒(2教隊)は兵庫県淡路島の出身。一度は不合格で普通高校へ進学したもののあきらめきれず、あと一度残された受験のチャンスに賭けてみごと合格しました。「普通高校では、目的もなくただ授業を聞いて試験を受けての繰り返しでしたが、ここへ入校してから常に、未来に向かって勉強していると実感でき...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓