陸上自衛隊防災マニュアル(1)

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

陸上自衛隊防災マニュアル(1)

 今週から新連載です。月刊「丸」2016年8月号に掲載された
「陸上自衛隊防災マニュアル」に加筆し、災害大国日本で培われた
陸上自衛隊の災害対処能力をひも解きます。

 

 まずは「災害派遣の苦い教訓 阪神・淡路大震災」として、
阪神・淡路大震災の前と後で自衛隊の災害派遣にどのような変化が
生じたかをご紹介します。

 

 次に東日本大震災の災害派遣では何が変わったか」として、
自衛隊の災害派遣を阪神・淡路大震災と比較します。

 

 そして最後は「災害対処へ対応するための平素から行なわれている
取り組み」として、自衛隊の現在の災害対処への取り組みと、
その一例として千葉県にある陸上自衛隊高射学校の防災訓練の
レポートをご紹介します。

 

 

 2016年4月14日21時26分頃、そして2日後の16日1時25分頃、
熊本県熊本地方を震度7の地震が襲いました。

 

 自衛隊はいずれの地震も発生直後から情報収集を開始、
14日に熊本県知事、16日には大分県知事から人命救助にかかる
災害派遣要請を受けました。

 

 以来、5月30日に撤収開始するまでの間に、即応予備自衛官を含む
人員延べ81万4200名(ピーク大時約2万6000名)、航空機延べ2618機
(最大時132機)艦船延べ300隻(最大時15隻)を派遣しました。

 

 ほか、4月18日〜4月23日には米軍輸送機による輸送支援として、
米軍輸送機UC-351機、C-130延べ4機、MV−22オスプレイ延べ12機により、
生活支援物資等が南阿蘇村へ輸送されました。

 

 

 倒壊家屋からの住民救出、崩落した阿蘇大橋付近で行方不明者の捜索、
避難所における給水や入浴支援、物資配給、がれき搬出などに加え、
民間フェリー「はくおう」を休養施設として開放するなど、その活動は多岐に
わたりました。

 

 これら一連の活動が円滑かつ効率的に進み着実な成果を挙げたのは、
自衛隊が常日頃から災害派遣に備えていることや自衛隊が災害派遣するための
法的根拠が整備されていること、さらに自治体とのスムーズな連携など、
複合的な要因によります。それらは一朝一夕に構築されたものではなく、
1995年の阪神淡路大震災の教訓から積み重ねられてきたものです。

 

 

 自衛隊の災害に対する行動には「災害派遣」「地震防災派遣」「原子力災害派遣」
の3種類が定められています。

 

 それらの災害派遣をすぐに行なえるよう、平素からファスト・フォースと
呼ばれる初動対処部隊を全国158カ所の駐屯地に待機させています。

 

 ファスト・フォースは一定規模以上の地震が発生するとヘリによる偵察を行い、
1時間を基準とした陸自の出動、また海自の初動対応艦の出動などの体制を整えています。

 

 

 災害派遣には、
1・情報収集、
2・派遣部隊投入、
3・災害派遣活動
という3つの大きな流れがあります。

 

 まず災害が発生すると、自衛隊は災害派遣要請と前後して指揮所を開設、
情報収集を行ないます。それにより部隊の投入地域を検討し、部隊の前進目標
や経路を決め、自治体や関係機関との派遣活動に関する調整等を経て派遣部隊
を投入。そして人命救助や生活支援、増援部隊の受け入れといった災害派遣活動
を行なうという流れです。

 

 

 次回は阪神・淡路大震災における自衛隊の災害派遣とその教訓についてご紹介します。

 

 

(以下次号)

 

 

 

(わたなべ・ようこ)

 

 

 

 

(平成28年(西暦2016年)9月1日配信)

 

 

 





「丸」7月号に「日本の無人機最新レポート」が掲載されました。
竹内修氏の巻頭グラビアページと合わせてお楽しみいただければ幸いです。ドローンは戦闘を変え、災害で命を救い、宅配便にもタクシーにもなり……ものすごい可能性を秘めていて、知るほどに面白く、空恐ろしくもあります。まずは国産ドローン頑張って欲しいです!
「PANZER」7月号に「神は賽子を振らない 第32代陸上幕僚長火箱芳文の半生」第27回が掲載されました。
福島第一原発の状況を政府などから一切知らされないまま迎えた14日朝。3号機で起きた水素爆発で、初めて火箱氏は原発が危機的状況にあることを知ります。翌日、ヘリ放水の打診がありました。
「正論」7月号に「われらの女性自衛官」第4回が掲載されました。
今回は航空自衛官の整備幹部。防大1期生であり、防大生の長女、高校3年生の息子たち(双子!)のお母さんでもあります。取材時は空幕勤務でしたが、現在は那覇の第9航空団整備補給群司令として約700名の隊員を率いています。


渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸上自衛隊防災マニュアル(2)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 陸上自衛隊防災マニュアル(2 ) (平成28年(2016年)9月8日配信)です。
陸上自衛隊防災マニュアル(3)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 陸上自衛隊防災マニュアル(3 ) (平成28年(2016年)9月15日配信)です。
陸上自衛隊防災マニュアル(4)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 陸上自衛隊防災マニュアル(4 ) (平成28年(2016年)9月22日配信)です。
陸上自衛隊防災マニュアル(5)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 陸上自衛隊防災マニュアル(5 ) (平成28年(2016年)9月29日配信)です。
陸上自衛隊防災マニュアル(6)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 陸上自衛隊防災マニュアル(6 ) (平成28年(2016年)10月6日配信)です。
陸上自衛隊防災マニュアル(7)
ライター・渡邉陽子さんが毎週お届けするメルマガコラムのバックナンバー 陸上自衛隊防災マニュアル(7 ) (平成28年(2016年)10月13日配信)です。